【対象=簿記論】

(問題)
A社は5伝票制(入金伝票、出金伝票、売上伝票、仕入伝票、振替伝票の5つの伝票を使い、商品売買をすべて掛取引と考えて起票する方法)を採用しており、本日、以下の取引を記入した。

(1)商品200千円を仕入れ、代金のうち100千円は現金で支払い、残額は掛けとした。

(2)商品300千円を売り上げ、代金のうち50千円は商品券で受け取り、残額は掛けとした。

(3)買掛金200千円を得意先振出しの小切手で支払った。

(4)借入金に対する利息3千円を小切手を振り出して支払った。

(5)売掛金250千円のうち50千円を現金で受け取り、残額は得意先振出しの約束手形で受け取った。
したがって、振替伝票集計表を作成したとき、その合計額は(     )千円となる。

(解答欄)
(     )千円

(解答)
続きを読む