税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

買換え

税理士試験 簿記論 実務家対策問題2(有形固定資産の買換)

(問題)
平成17 年9月10日に1,890千円(税込み)の車両を購入した。
その際、旧車両を315 千円(税込み)で下取りしてもらい、差引き1,575千円を小切手で支払った。
なお、旧車両の期首帳簿価額は440千円であった。
車両売却時に行うべき仕訳を示しなさい(車両売却時に期中の減価償却費の計上も同時に行うこと)。

(留意事項)
(1)当社の会計期間は、平成17年4月1日から平成18年3月31日までの1年間である。
(2)車両の減価償却方法には定率法(耐用年数6年、償却率0.319)を採用している。減価償却額の計算は月割り(1か月未満の端数切上げ)で行うこと。
(3)消費税の会計処理は税抜方式を採用している。
(4)計算の途中で千円未満の端数が出た場合、その都度四捨五入すること。

(解答)【単位:千円】
続きを読む

消費税の会計処理(固定資産の買換え)

消費税の会計処理でもやっかいなのが、固定資産の買換えでしょう。
買換えは、売却と購入の複合した取引ですので、ゆっくりとやれば、難しい筈はないんですが、難しいです。

【例】車両(簿価120)を税込対価105で下取りに出し、新車両200を購入した。
下取価格を差し引いた新車購入代金は、現金で支払っている。

(借)車  両 200 現  金 105
   仮払消費税 10 車  両 120
   車両売却損 20 仮受消費税  5

それぞれの金額の算出を考えてみましょう。

借方の車両200と仮払消費税10はよいでしょう。
ここは、消費税の関係がみえますので、わかりやすいです。

貸方の減少する車両120は、売却車両の帳簿価額です。
借方の車両売却損は、税抜対価100−売却車両の簿価(←もとが税抜)120です。

税抜の金額同士で計算するのがポイントでしょうか。

仮受消費税は、例の文章から5と算出できますが、仕訳上からは痕跡がなくなっています。

取得価額(税込)210から売却価額(税込)105を引いた金額が、貸方の現金105です。
こっちは、税込同士の計算になります。


【関連記事】
租税公課
法人税等
過年度法人税等
源泉所得税
消費税の会計処理
消費税の会計処理(固定資産の売却)
外形標準課税
オススメ
       <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
新着コメント
プロフィール

暮木孝司

記事検索
携帯用バーコード
QRコード
リンク
     税理士試験 簿記論 講師日記は、Yahoo!JAPAN登録サイトです       bokironkousiをフォローしましょう         
スポンサード・リンク
bokironkousiをフォローしましょう
  • ライブドアブログ