【対象=2級以上】

(問題)
次の資料に基づいて、製造間接費配賦差異を計算し、予算差異と操業度差異とに分析しなさい。
差異の算出にあたっては、借方差異及び貸方差異の別を示すこと。

(資料)
(1)製造間接費予算
1.基準操業度 120時間
2.製造間接費予算
  固定費24,000円 変動費率300円/時間
(2)製造間接費実際発生額
1.実際直接作業時間 11時間
2.製造間接費実際発生額6,000円

(解答)
続きを読む