【要チェックポイント】
(1)償却期間のチェック
(2)月割と期割計算の区別
(3)繰延資産の範囲の確認


無形固定資産
(1)法律上の権利

1.償却方法……定額法
2.耐用年数……法定耐用年数
3.残存価額……ゼロ
4.償却計算……月割

(2)営業権
1.償却方法……定額法
2.耐用年数……5年
3.残存価額……ゼロ
4.償却計算……期割

(3)ソフトウェア
1.償却方法……定額法
2.耐用年数……利用可能期間等
3.残存価額……ゼロ
4.償却計算……月割


繰延資産
(1)創立費

1.意義…………創立時
2.償却期間……5年
3.償却計算……期割

(2)開業費
1.意義…………創立後、開業まで
2.償却期間……5年
3.償却計算……期割

(3)開発費
1.意義…………新経営組織の採用、資源の開発、新市場の開拓
2.償却期間……5年
3.償却計算……期割

(4)新株発行費
1.意義…………新株発行費用
2.償却期間……3年
3.償却計算……期割

(5)社債発行費
1.意義…………社債発行費用
2.償却期間……3年
3.償却計算……期割(月割)

(6)社債発行差金
1.意義…………額面−発行価額
2.償却期間……償還期限
3.償却計算……月割(期割)

(7、8)試験研究費、建設利息(略)
※試験研究費は、費用処理のため、建設利息は、現在では実例がない(?)ため、簿記論での出題が考えにくいため。


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
基礎 基礎編26(○)
基礎 基礎編27(○)
基礎 基礎編28(○)
応用 細目編7(◎)