税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

株主資本等変動計算書

「株主資本等」変動計算書

新会社法に関連した「新しい簿記の話」を続けています。
メインは、次の三点です。

●貸借対照表の「資本の部」が「純資産の部」になる。
●利益処分案がなくなり、「株主資本等変動計算書」が導入される。
●損益計算書が、当期純利益までになる。
(試験的な影響は、平成19年度以降になると思います)


前回、簡単にご紹介した「株主資本等変動計算書」ですが、これは、「純資産の部」の増減変動を記載した計算書です。

「株主資本等変動計算書」が、「純資産の部」の変動計算書とするなら、「純資産」変動計算書という名前でもよさそうな気もします。
しかし、「株主資本」の変動を記載するのがメインなので、「株主資本等」変動計算書という名称に落ち着いたようです。

もう一度「純資産の部」の大きな柱立てを考えてみましょう。

機ヽ主資本
供”床塑抗曄Υ校産抗
掘/軍予約権

株主資本の中身は、以前の資本の部(の上の方)に近いといってよいでしょう。
これに対して、兇良床塑抗曄Υ校産抗曚筬靴凌軍予約権の中には、これまで負債の部に記載することとされていたものが含まれています。
ここがとっても違います。

今までの「負債」と「資本」は、それぞれを独立して考えている感じでした。
これは負債?それとも資本?という問題が生じた時には、負債・資本がどんなものかを考えて、どちらか相応しい方にもっていく感じです。
それが、負債をきっちりと決めて、それ以外を純資産にもっていくという方式をとったためにこんな感じになったといってよいのかもしれません。

株主資本等変動計算書での中心は、そのようないい加減な(いい過ぎか)純資産項目ではなく、あくまでも「株主資本」の変動を記載することに重点が置かれるといってよいでしょう。
その事が名称にもよくあらわれているといったところでしょうか。

株主資本等変動計算書の様式(←役立たずです)

新会社法に関連した「新しい簿記の話」を続けています。
メインは、次の三点です。

●貸借対照表の「資本の部」が「純資産の部」になる。
●利益処分案がなくなり、「株主資本等変動計算書」が導入される。
●損益計算書が、当期純利益までになる。
(試験的な影響は、平成19年度以降になると思います)


あらたに導入が予定されている「株主資本等変動計算書」は、「純資産」の変動計算書です。
具体的には、集計表様式(項目を横に並べる方式)のものと報告書様式(項目を縦に並べる様式)のものとが想定されているようです。
様式もご紹介しようと思ったのですが、なにしろ表形式なので、私にはムリっぽいです。
様式の現物をご覧になりたい方は「株主資本等変動計算書 様式」等で検索してみてください(←なんじゃそりゃ)。
そのうち出回ると思いますが、ごく簡単にご紹介しておきます。

(1)項目を横に並べる様式
        資本金  ………(資本の部の項目)
前期末残高
当期変動額
  新株の発行
  剰余金の発行
  …………
  当期純利益
当期末残高

(2)項目を縦に並べる様式
株主資本
  資 本 金  前期末残高
          当期変動額
          当期末残高
  資本剰余金 
   資本準備金 前期末残高
           当期変動額
           当期末残高
   ………
株主資本合計   前期末残高
           当期変動額
           当期末残高
   ………
純資産合計    前期末残高
           当期変動額
           当期末残高

どっひゃー。
書いてる意味ないですな。
印象としては、むしろ、「純資産の部」を柱立てを含めてしっかりとみておいた方がいいように思えます。

という事で、新しい簿記の話は、まだ続きます。
あと、3年は続きます(←3年したら新しくないし、そもそも嘘でしょ←な、なぜバレた?)。

新しい計算書類はどれ?

さて、問題です。

次のうち新しく財務諸表になりそうな計算書の名称はどれでしょう?

(1)「株主持分変動計算書」(かぶぬしもちぶんへんどうけいさんしょ)

(2)「株主資本変動計算書」(かぶぬししほんへんどうけいさんしょ)

(3)「株主資本等変動計算書」(かぶぬししほんとうへんどうけいさんしょ)

(4)「人気ブログランキング」(にんきぶろぐらんきんぐ)

正解は、ここ何日かのこのブログを拝見していただいている方はおわかりかと思いますが、(3)の「株主資本等変動計算書」です。

それ以外の名称は、私がでっちあげたものという訳ではありません。

(1)株主持分変動計算書
これは、当初、商法サイドの名称の候補としてあがっていたものです。

これが、会計サイドの検討の段階で、
(2)株主資本変動計算書や(3)株主資本等変動計算書が候補にあがって、株主資本等変動計算書に落ち着いたようです。

今度、もう一度、商法サイドに戻る(正式名称が決まる)ようですが、株主資本等変動計算書に落ち着くという見方が一般的なようです。

名称の中にある「持分」、「資本」、「資本等」。
なんか微妙です。

また、貸借対照表の「資本の部」が「純資産の部」に変更されることも予定されていますが、上記に、「純資産」も加えると、何がどう違うの?状態ではないでしょうか。
このあたりから徐々にアプローチしていきたいと思います(って、まだ、続くんですか?←続きます)。

株主資本等変動計算書

ホントに記憶力が乏しくなりました。
というより、たぶん無くなっています。
いや、たぶん細胞そのものが無くなっています。
いや、絶対です。
たまにプチンとか、音、聞こえますもん(←ホ、ホントか?)。
そのうち何も覚えていなくなるんだろうな。
きっと。
でも、それは、それで幸せっ。

むむむっ。ちと違うか。

先日利益処分計算書(利益処分案)がなくなり、新しい計算書類が導入されそうだという話をしましたが、その名称の話です。
以前からあがっていたのは、「株主持分変動計算書」です。
これを覚えるのにどれだけ時間がかかったことか。
やっと記憶に定着したかなあと思ったら。

「株主資本等変動計算書」

こっちでいきそうです。
覚えられましぇん。

「株主資本等変動計算書」

ふー。まだ、見ながらうってるもんなあ。

ダメだこりゃ(って、タイトルの話だけですか? ← そうです)。
オススメ
税理士財務諸表論穂坂式つながる会計理論【第2版】
穂坂治宏
ネットスクール出版
2021-09-16

カテゴリー
月別記事
携帯用バーコード
QRコード
bokironkousiをフォローしましょう
記事検索
プロフィール

暮木孝司

スポンサードリンク