税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

本支店会計

平成19年 簿記論講座 11月(まとめ)

【11月 講座一覧】
第1回(社債)
第2回(貸倒引当金供
第3回(有価証券供
第4回(租税)
第5回(本支店会計機
第6回(本支店会計供
第7回(有形固定資産供


【総合問題演習】
今月学習した内容の項目を中心とした30分程度の総合問題を一般2〜3、本支店2〜3題程度選んで、繰り返し解きましょう。

(1)1回目は、時間を気にせず(ただし計る)最後まで解く→間違えた部分の「テキスト等」での確認
あくまでも確認するのは、知識であって、問題が解けさえすればよい訳ではないことを意識するとよいのではないかと思います。

(2)2回目以降は、時間を意識する。
確認するのは基礎・応用期では、あくまでも知識ではありますが、効率的な問題の解き方も模索する必要があります。
そのためには、「同じ問題」を解き方(手順、方法等)を変えて何度か解くのが効果的ではないかと思います。

(3)完答・制限時間の7割程度で打ち止めでいいと思います。



【9月 講座一覧】
第1回(簿記一巡)
第2回(現金預金)
第3回(債権債務)
第4回(手形)
第5回(貸倒れ・引当金)
第6回(有価証券機
第7回(有形固定資産機
第8回(無形固定資産・繰延資産)

【10月 講座一覧】
第1回(商品販売)
第2回(商品勘定の処理)
第3回(原価率・利益率)
第4回(商品の期末評価)
第5回(売価還元法・仕入諸掛)
第6回(個人企業、純資産の部、設立・増減資等)
第7回(剰余金の処分等)

平成19年 簿記論講座 11月第6回(本支店会計供

【学習時間の目安】
(1)インプット(2時間)
(2)問題演習(4時間←総合問題を含む)


【要チェックポイント】
(1)帳簿決算の手続きは、勘定科目の流れに注目して考えよう
(2)本支店合併財務諸表の作成に習熟しておこう
(3)本店集中計算制度に習熟しておこう


【帳簿決算(本店)】
(1)決算整理前試算表
(2)未達取引
(3)決算整理
(4)決算整理後試算表
(5)費用・収益→損益
(6)本店純損益→総合損益
(借)損  益××× (貸)総合損益×××

(7)支店純損益(支店勘定)→総合損益
(借)支  店××× (貸)総合損益×××

(8)内部利益の整理
(借)繰延内部利益   ×× (貸)繰延内部利益戻入×××
(借)繰延内部利益控除××× (貸)繰延内部利益  ×××

(9)戻入・控除→総合損益
(借)繰延内部利益戻入××× (貸)総合損益    ×××
(借)総合損益    ××× (貸)繰延内部利益控除×××

(10)全体純損益→繰越利益剰余金
(借)総合損益××× (貸)繰越利益剰余金×××


本支店合併財務諸表の作成
(1)決算整理前試算表
(2)未達取引
(3)決算整理
(4)損益計算書・貸借対照表
(5)本店と支店の相殺消去
(借)本  店 (貸)支  店
(6)内部取引高の相殺消去
(借)支店売上 (貸)本店仕入
内部取引高と本支店勘定の相殺消去
(7)内部利益の直接控除(損益計算書の期首・期末、貸借対照表)


【支店相互間取引】
(1)支店分散計算制度
(2)本店集中計算制度


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
構造編6(◎)
細目編15(◎)

平成19年 簿記論講座 11月第5回(本支店会計機

【学習時間の目安】
(1)インプット(2時間)
(2)問題演習(2時間)


【要チェックポイント】
(1)本支店間の取引(未達取引の仕訳は慎重に)
(2)内部利益(利益率か、付加率かに注意しよう)


【本資産会計の種類】
本支店会計の前に
(1)本店集中会計制度
(2)支店独立会計制度


【本支店間の処理】
本店勘定と支店勘定
(1)商品の受払取引
(ア)原価振替……原価で処理
本店:(借)支  店 (貸)仕  入
支店:(借)仕  入 (貸)本  店
(イ)利益加算……売価(原価+利益)で処理
本店:(借)支  店 (貸)支店売上
支店:(借)本店仕入 (貸)本  店

(2)商品の直接仕入・直接売上
本店:(借)仕  入 (貸)買 掛 金
      支  店    支店売上
支店:(借)本店仕入 (貸)本  店

(3)未達取引
本店による資産管理


【内部利益】
内部利益の控除の意味
内部利益の控除方法
本支店の形態と内部利益の付加
(1)内部利益
期首・期末棚卸高×利益加算率/(1+利益加算率)

(2)会計処理
戻入:(借)繰延内部利益  ××× (貸)繰延内部利益戻入×××
控除:(借)繰延内部利益控除××× (貸)繰延内部利益  ×××


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
構造編1(○)
構造編2(○)
構造編3(○)
構造編4(○)
構造編5(○)

税理士試験 簿記論 三択問題27(本支店会計)

(問題)
商品の送付取引における次の本店の仕訳に該当する取引は、いずれですか。

(借)支  店××× (貸)仕  入×××

(1)本店から支店に商品を送付した。本支店間の商品の送付については、原価の10%の利益を付加している。

(2)本店から支店に商品を送付した。本支店間の商品の送付については、利益率が10%となるように行っている。

(3)本店から支店に商品を送付した。本支店間の商品の送付については、原価で行っている。

(解答)
続きを読む

平成18年 簿記論講座 11月第6回(本支店会計供

【要チェックポイント】
(1)帳簿決算の手続きは、勘定科目の流れに注目して考えよう
(2)本支店合併財務諸表の作成に習熟しておこう
(3)本店集中計算制度に習熟しておこう


【帳簿決算(本店)】
(1)決算整理前試算表
(2)未達取引
(3)決算整理
(4)決算整理後試算表
(5)費用・収益→損益
(6)本店純損益→総合損益
(借)損  益××× (貸)総合損益×××

(7)支店純損益(支店勘定)→総合損益
(借)支  店××× (貸)総合損益×××

(8)内部利益の整理
(借)繰延内部利益   ×× (貸)繰延内部利益戻入×××
(借)繰延内部利益控除××× (貸)繰延内部利益  ×××

(9)戻入・控除→総合損益
(借)繰延内部利益戻入××× (貸)総合損益    ×××
(借)総合損益    ××× (貸)繰延内部利益控除×××

(10)全体純損益→未処分利益
(借)総合損益××× (貸)未処分利益×××


本支店合併財務諸表の作成
(1)決算整理前試算表
(2)未達取引
(3)決算整理
(4)損益計算書・貸借対照表
(5)本店と支店の相殺消去
(借)本  店 (貸)支  店
(6)内部取引高の相殺消去
(借)支店売上 (貸)本店仕入
内部取引高と本支店勘定の相殺消去
(7)内部利益の直接控除(損益計算書の期首・期末、貸借対照表)


【支店相互間取引】
(1)支店分散計算制度
(2)本店集中計算制度


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
構造編6(◎)
細目編15(◎)

平成18年 簿記論講座 11月第5回(本支店会計機

【要チェックポイント】
(1)本支店間の取引(未達取引の仕訳は慎重に)
(2)内部利益(利益率か、付加率かに注意しよう)

【本資産会計の種類】
本支店会計の前に
(1)本店集中会計制度
(2)支店独立会計制度

【本支店間の処理】
本店勘定と支店勘定
(1)商品の受払取引
(ア)原価振替……原価で処理
本店:(借)支  店 (貸)仕  入
支店:(借)仕  入 (貸)本  店
(イ)利益加算……売価(原価+利益)で処理
本店:(借)支  店 (貸)支店売上
支店:(借)本店仕入 (貸)本  店

(2)商品の直接仕入・直接売上
本店:(借)仕  入 (貸)買 掛 金
      支  店    支店売上
支店:(借)本店仕入 (貸)本  店

(3)未達取引
本店による資産管理

【内部利益】
内部利益の控除の意味
内部利益の控除方法
本支店の形態と内部利益の付加
(1)内部利益
期首・期末棚卸高×利益加算率/(1+利益加算率)

(2)会計処理
戻入:(借)繰延内部利益  ××× (貸)繰延内部利益戻入×××
控除:(借)繰延内部利益控除××× (貸)繰延内部利益  ×××


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
構造編1(○)
構造編2(○)
構造編3(○)
構造編4(○)
構造編5(○)

どこまでをやるのか?(本支店会計)

本支店会計は、簿記論固有(財務諸表論での出題が考えにくい)といってもよく、そもそもの重要性は高く、出題頻度も多いです。
この点は、同様に構造論点と呼ばれる帳簿組織とは、その重要性の位置付けは、まるで違うといってよいでしょう。
ここ数年間は、本支店会計の出題がありません。
ということで、第1問(又は第2問)ないしは第3問での出題が想定しやすいと思います。
場合によると2問(第1問と第3問など)もあるかなあ(かなあです)などとも思っています。

第1問(又は第2問)で本支店が出題される場合には、実際の難易度とは別に典型的な本支店会計という感じの出題になりやすいようです。
これに対して、第3問で出題された場合には、何か付加的な要素(複数支店等)が加わる等の難易度が上がった出題が考えられないではないでしょう(出ないで欲しいですが)。

という訳で、本当に重点的にやっておくべきでしょう。
典型的な本支店間取引、内部利益の除去については、充分習熟しておく必要があると思います。
特に内部利益については、その付加の関係を簡単に図示するなどの工夫は不可欠でしょう。
また、合併財務諸表の作成だけではなく、帳簿記録にも充分習熟しておいて欲しいと思います。

もっとも簿記論の本支店会計では、割と通常の決算整理等のウェイトも高い場合が多いので、基礎的な個別項目の補強は、構造論点の出題への対処にも直につながることになります。
特に第3問で、構造的に難易度の高い出題の場合には、結局は、個別論点(通常の決算整理等)で決まってしまうという場合も少なくありません。

と、本支店会計+個別項目の見直しということでよろしくお願いいたします(ちと意味不明?)。

税理士試験 簿記論 細目問題15(本支店会計)

【対象=簿記論】

問1
本店から支店に対して次のそれぞれの条件で商品を送付している場合において、支店における帳簿上の期末商品棚卸高が100万円であるときの支店の期末棚卸資産に含まれる内部利益の金額を計算しなさい。
(1)本店から支店へは、原価で商品を送付している。
(2)本店から支店へ商品を送付する際には、原価の25%の利益を付加している。
(3)本店から支店へ商品を送付する際には、利益率が25%となるような価額で送付している。

問2
次の資料をもとに々臺斬傘弖彁蚕饐紊療期純利益と∨榲垢慮議⊂紂⊆ヾに繰越される支店勘定の金額を答えなさい。
(資料)【単位:万円】
本支店独自の当期純利益…………………………………………本店200、支店100
期首棚卸資産に含まれる内部利益………………………………本店  0、支店 10
期末棚卸資産に含まれる内部利益………………………………本店  0、支店 20
合併財務諸表作成上、相殺消去される本店及び支店勘定……本店 50、支店 50

(解答欄)
問1
(1)(   )万円、(2)(   )万円、(3)(   )万円

問2
(1)合併損益計算書上の当期純利益……………(     )万円
(2)本店の元帳上、次期に繰越される支店勘定 (     )万円

(解答)
続きを読む

税理士試験 簿記論 構造問題3(本支店会計)

【対象=簿記論】

(問題)
当社は、本支店間の取引について支店独立会計制度を採用している。
次のそれぞれの場合における本店の仕訳を示しなさい。

(1)本店は支店に、仕入原価100円の商品を原価のままで発送した。

(2)本店は支店に、仕入原価100円の商品を仕入原価に対して10%の利益を加算して発送した。

(解答)
続きを読む
オススメ
       <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
プロフィール

暮木孝司

記事検索
携帯用バーコード
QRコード
リンク
     税理士試験 簿記論 講師日記は、Yahoo!JAPAN登録サイトです       bokironkousiをフォローしましょう         
スポンサード・リンク
bokironkousiをフォローしましょう
  • ライブドアブログ