税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

新株予約権

(★)平成19年 簿記論講座 2月第3回(新株予約権等)

【学習時間の目安】
(1)インプット(2時間)
(2)問題演習(2時間)


【要チェックポイント】
(1)新株予約権の発行者側と取得者側の会計処理をおさえよう
(2)株式分割の仕組みを理解しよう


新株予約権
(1)発行者側の会計処理
1.発行時
(借)現金預金 ××× (貸)新株予約権×××

2.権利行使時
新株交付:
(借)現金預金 ××× (貸)資 本 金×××
新株予約権×××    資本準備金×××

自己株式の交付:
(借)現金預金 ××× (貸)自己株式    ×××
新株予約権×××    その他資本剰余金(自己株式処分差益)×××

3.行使期限満了時
新株予約権××× 新株予約権戻入益×××

(2)取得者側の会計処理
1.新株予約権取得時
(借)有価証券等(予約権)××× (貸)現金預金×××
2.権利の行使時
(借)有価証券等(株式) ××× (貸) 有価証券等(予約権)×××
                    現金預金      ×××
3.権利行使期限の経過時
(借)新株予約権未行使損××× (貸)有価証券等(予約権)×××
※新株予約権未行使損は、類似科目であればよいです。

(3)ストック・オプション


株式分割
(1)意義
新株の無償交付
(2)会計処理
仕訳不要(株式数の増加)
(3)留意点
基準日に注意(配当等の額の算定上)


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
用意できていません

平成19年からの変更点(純資産の部ーその4:評価・換算差額等、新株予約権)

純資産の部の大きな柱は、次のとおりです。

機ヽ主資本
供”床繊Υ校産抗枦
掘/軍予約権

貸借対照表項目は、資産、負債、純資産(以前は、資本)です。

(以前の考え方)
資産 = 負債 − 資本

(新しい考え方)
資産 − 負債 = 純資産

式を組替えただけじゃないかと思われるかもしれません。
しかし、以前は、資本を独立して考えていました(負債もですが)。
新しい考え方では、純資産は、資産と負債の差額に過ぎません。
以前は、資産、負債、資本にそれぞれ独立した地位を与え、それぞれをある程度独立して考えていました。
ですので、負債か資本かが微妙な項目については、その都度、どっちにしようかを考えていた感じです。

しかし、新しい考え方のもとでは、資産と負債を明確にして、これから外れたものを純資産に収容しています。
そのため明確な株主資本は、別掲して、それ以外のものと区別している訳です。
まあ、何だかよくわからない項目(言い過ぎか)が、株主資本以外のものといえるかもしれません。

その何だかよくわからない項目に評価・換算差額等(その他有価証券評価差額金が代表です)と新株予約権があります。
何だかよくわからない項目なので、何だかよくわかりません(←それでいいのかあ?←まだ、いいでしょ)。

平成18年 簿記論講座 2月第3回(新株予約権・株式分割)

【要チェックポイント】
(1)新株予約権の発行者側と取得者側の会計処理をおさえよう
(2)株式分割の仕組みを理解しよう


新株予約権
(1)発行者側の会計処理
1.発行時
(借)現金預金 ××× (貸)新株予約権×××

2.権利行使時
新株交付:
(借)現金預金 ××× (貸)資 本 金×××
新株予約権×××    資本準備金×××

代用自己株式の交付:
(借)現金預金 ××× (貸)自己株式    ×××
新株予約権×××    自己株式処分差益×××

3.行使期限満了時
新株予約権××× 新株予約権戻入益×××

(2)取得者側の会計処理
1.新株予約権取得時
(借)有価証券等(予約権)××× (貸)現金預金×××
2.権利の行使時
(借)有価証券等(株式) ××× (貸) 有価証券等(予約権)×××
                    現金預金      ×××
3.権利行使期限の経過時
(借)新株予約権未行使損××× (貸)有価証券等(予約権)×××

(3)ストック・オプション


株式分割
(1)意義
新株の無償交付
(2)会計処理
仕訳不要(株式数の増加)
(3)留意点
基準日に注意(配当等の額の算定上)


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
用意できていません

取得者側の会計処理

【払込方法と処理方法の選択】
(1)代用払込が認められる新株予約権付社債 → 区分法
(2)代用払込の請求があったとみなす新株予約権付社債
1.従来の転換社債 → 一括法
2.その他     → 区分法

社債と予約権が分離する可能性のあるもの(分離型)は、区分法で、分離する可能性のないもの(非分離型)は、一括法で処理することとされています。


【区分法】
(取得時)
(借)投資有価証券等(社 債)××× (貸)現金預金×××
   投資有価証券等(予約権)×××

※かっこ内は、便宜上のものです。
※社債部分については、償却原価法の適用があります。
※勘定科目は、所有目的に従います。

(権利行使時・現金払込)
(借)投資有価証券等(株式)××× (貸)現金預金        ×××
                     投資有価証券等(予約権)×××

(権利行使時・代用払込)
(借)投資有価証券等(株式)××× (貸)投資有価証券等(社 債)×××
                     投資有価証券等(予約権)×××


【一括法】
(取得時)
(借)投資有価証券等(社債)××× (貸)現金預金×××

(権利行使時)
(借)投資有価証券(株式)××× (貸)投資有価証券等(株式)×××

(関連記事)
新株予約権付社債
新株予約権付社債の種類と会計処理
代用払込が認められる新株予約権付社債
代用払込があったとみなす新株予約権付社債
オススメ
       <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
新着コメント
プロフィール

暮木孝司

記事検索
携帯用バーコード
QRコード
リンク
     税理士試験 簿記論 講師日記は、Yahoo!JAPAN登録サイトです       bokironkousiをフォローしましょう         
スポンサード・リンク
bokironkousiをフォローしましょう
  • ライブドアブログ