税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

帳簿組織

平成19年 簿記論講座 3月第2〜3回(帳簿組織供

【学習時間の目安】
(1)インプット(3時間)
(2)問題演習(4時間)


【要チェックポイント】
(1)特殊仕訳帳としての手形記入帳には、受取手形・支払手形の増加取引のみが記録される点に注意しましょう
(2)二重仕訳の意味
(3)一部当座取引


【特殊仕訳帳の意義・種類・記入取引】
(1)特殊仕訳帳の意義
仕訳帳への記入を行わず補助記入帳を仕訳帳として利用する方法
(2)特殊仕訳帳として利用される補助記入帳と記入取引
1.小口現金出納帳………小口現金の増減
2.現金出納帳……………現金の増減
3.当座預金出納帳………当座預金預金の増減
4.仕入帳…………………仕入の増減
5.売上帳…………………売上の増減
6.受取手形記入帳………受取手形の増加(増加取引のみが記入される)
7.支払手形記入帳………支払手形の増加(増加取引のみが記入される)
(3)特殊仕訳帳の基本的考え方

簿記一巡の手続と特殊仕訳帳
(1)開始手続……………普通仕訳帳
(2)営業手続……………普通仕訳帳、特殊仕訳帳
(3)決算手続……………普通仕訳帳


【二重仕訳】
(1)二重仕訳の意義………一つの取引が復習の仕訳帳に記入される場合
(2)二重仕訳の例
当座預金出納帳、売上帳、仕入帳、受取手形記入帳、支払手形記入帳の場合
1.当座売上
2.当座仕入
3.手形売上
4.手形仕入


【営業手続と二重仕訳】
(1)英米式
1.特殊仕訳帳
ア 親勘定(当座預金出納帳の当座預金等)………合計転記
イ 相手勘定
  a 特別欄…………………………………………(レ)合計転記
  b 諸口欄(他の特殊仕訳帳の親勘定)………(レ)
  c 諸口欄(上記以外)…………………………個別転記
2.普通仕訳帳(期中取引で特殊仕訳帳の記録されるもの以外)………個別転記

(2)大陸式(特徴記帳の流れ
1.特殊仕訳帳
ア 親勘定(当座預金出納帳の当座預金等)………(レ)普通仕訳帳からの合計転記
イ 相手勘定
  a 特別欄…………………………………………(レ)普通仕訳帳からの合計転記
  b 諸口欄(他の特殊仕訳帳の親勘定)………(レ)
  c 諸口欄(上記以外)…………………………個別転記
2.普通仕訳帳(期中取引で特殊仕訳帳に記録されるもの以外)………個別転記


一部当座取引
(1)一部当座取引の意義
(2)記帳方法
1.単純取引に分解して記帳する方法
2.取引を擬制して記帳する方法
3.取引の全体を普通仕訳帳に記帳する方法


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
構造編9(◎)
構造編10(◎)

平成19年 簿記論講座 3月第1回(帳簿組織機

【学習時間の目安】
(1)インプット(2時間)
(2)問題演習(2時間)


【要チェックポイント】
大陸式と英米式の違いに注目しながら簿記一巡の手続を確認しよう
簿記の意義と帳簿の種類


帳簿の種類と単一仕訳帳制度
(1)元帳制
取引 → 仕訳帳(仕訳) → 総勘定元帳(個別転記)
(2)補助簿併用制
1.補助記入帳
2.補助元帳(転記簿)

【大陸式と英米式】
(1)大陸式
1.常に「仕訳帳→元帳」を守る
2.残高勘定あり、繰越試算表なし
(2)英米式
1.大陸式の簡便法(開始仕訳の省略)、繰越記入
2.残高勘定なし、繰越試算表あり

開始仕訳(記入)
(1)純大陸式
(借)現  金100 (貸)開始残高300
   売 掛 金200
   開始残高300    買 掛 金 50
              資 本 金250
(2)準大陸式
(借)現  金100 (貸)買 掛 金 50
   売 掛 金200    資 本 金250

(3)英米式
帳簿上での繰越処理(前期繰越の直接記入)


【仕訳帳と合計試算表の関係】
(1)大陸式
仕訳帳の一次締切額と決算整理前合計試算表の合計額が一致する
(2)英米式
仕訳帳の一次締切額と決算整理前合計試算表の合計額が一致しない


決算手続
(1)損益振替
(借)損  益××× (貸)費用勘定×××
   収益勘定×××    損  益×××

(2)資本振替
(借)損  益××× (貸)繰越利益剰余金×××
※個人企業の資本振替は、貸方・資本金

(3)帳簿締切
1.大陸式
(借)残  高××× (貸)資産勘定×××
   負債勘定×××    残  高×××
   資本勘定×××    
※純大陸式の場合には、残高は、決算残高または閉鎖残高
2.純大陸式
勘定上で繰越処理(次期繰越の記入)
繰越資産表の作成


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
構造編7(◎)
構造編8(◎)

平成18年 簿記論講座 3月第2〜3回(帳簿組織供

【要チェックポイント】
(1)特殊仕訳帳としての手形記入帳には、受取手形・支払手形の増加取引のみが記録される点に注意しましょう
(2)二重仕訳の意味
(3)一部当座取引


【特殊仕訳帳の意義・種類・記入取引】
(1)特殊仕訳帳の意義
仕訳帳への記入を行わず補助記入帳を仕訳帳として利用する方法
(2)特殊仕訳帳として利用される補助記入帳と記入取引
1.小口現金出納帳………小口現金の増減
2.現金出納帳……………現金の増減
3.当座預金出納帳………当座預金預金の増減
4.仕入帳…………………仕入の増減
5.売上帳…………………売上の増減
6.受取手形記入帳………受取手形の増加(増加取引のみが記入される)
7.支払手形記入帳………支払手形の増加(増加取引のみが記入される)
(3)特殊仕訳帳の基本的考え方

簿記一巡の手続と特殊仕訳帳
(1)開始手続……………普通仕訳帳
(2)営業手続……………普通仕訳帳、特殊仕訳帳
(3)決算手続……………普通仕訳帳


【二重仕訳】
(1)二重仕訳の意義………一つの取引が復習の仕訳帳に記入される場合
(2)二重仕訳の例
当座預金出納帳、売上帳、仕入帳、受取手形記入帳、支払手形記入帳の場合
1.当座売上
2.当座仕入
3.手形売上
4.手形仕入


【営業手続と二重仕訳】
(1)英米式
1.特殊仕訳帳
ア 親勘定(当座預金出納帳の当座預金等)………合計転記
イ 相手勘定
  a 特別欄…………………………………………(レ)合計転記
  b 諸口欄(他の特殊仕訳帳の親勘定)………(レ)
  c 諸口欄(上記以外)…………………………個別転記
2.普通仕訳帳(期中取引で特殊仕訳帳の記録されるもの以外)………個別転記

(2)大陸式(特徴記帳の流れ
1.特殊仕訳帳
ア 親勘定(当座預金出納帳の当座預金等)………(レ)普通仕訳帳からの合計転記
イ 相手勘定
  a 特別欄…………………………………………(レ)普通仕訳帳からの合計転記
  b 諸口欄(他の特殊仕訳帳の親勘定)………(レ)
  c 諸口欄(上記以外)…………………………個別転記
2.普通仕訳帳(期中取引で特殊仕訳帳に記録されるもの以外)………個別転記


一部当座取引
(1)一部当座取引の意義
(2)記帳方法
1.単純取引に分解して記帳する方法
2.取引を擬制して記帳する方法
3.取引の全体を普通仕訳帳に記帳する方法


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
構造編9(◎)
構造編10(◎)

講師だって教えて欲しい!!(帳簿組織)

講師だって教えて欲しい第5回は、帳簿組織です。

事後的にではなく、元帳を作成する基礎資料として「仕訳帳」を作成したことのある方、また、実際に作成された「仕訳帳」を見たことがある方がいらっしゃいましたら、お知らせくだされば幸いです。

チェックマークを利用した特殊仕訳帳を作成等したことのある方がいらっしゃいましたらお知らせ願えれば幸いです。



それと全く脈略はありませんが、「お前の頭が帳簿組織やろ」と思われた方の清き一票をよろしくお願いいたします(清いか?)。

「人気ブログランキング」

税理士試験 簿記論 細目問題28(帳簿組織)

【対象=簿記論】

(問題)
帳簿組織及び伝票会計に関する下記の文章の正否を○×で答えなさい。

(1)繰越試算表は、総勘定元帳上の次期繰越を集めて作成されるもので、英米式簿記法において作成される。

(2)特殊仕訳帳制度(分割仕訳帳制度)を採用した場合には、合計転記が行なわれた後に個別転記が行なわれることになる。

(3)二重転記を回避する手段としてのチェックマークは特殊仕訳帳制度(分割仕訳帳制度)固有のものである。

(4)精算勘定を利用することにより、すべての二重転記を回避することができる。

(5)伝票会計制度を採用している場合でも、取引の歴史的記録を行う帳簿としての仕訳帳を設け、これに原始記録を行わなければならない。

(6)三伝票制とは、一般に入金伝票、出金伝票、仕訳伝票の三伝票を用いる制度である。

(7)五伝票制を採用した場合には、売上取引及び仕入取引は、いったん掛により行なわれたものとして伝票記入を行なうと二重転記を排除することができる。

(8)三伝票制を採用した場合には、一部現金取引(一部振替取引)を伝票に記入するためには、取引を擬制して記録する以外に方法がない。

(9)伝票制度を利用した場合には、常に原始伝票から個別転記が行われる。

(10)五伝票制を採用する場合において、売上返品取引及び仕入返品取引は、それぞれ仕入伝票及び売上伝票に記録されることになる。

(解答)
続きを読む

どこまでをやるのか?(帳簿組織)

いわゆる典型的な特殊仕訳帳制度(普通仕訳帳+数種の特殊仕訳帳)を現実に採用している例というのは実際にあるんでしょうか?
そう思えるほど、特殊仕訳帳制度は、実務とは遠いです。

まあ、まだ、伝票とか、単純な補助簿の方が、現実的な利用も多いでしょう。
他の構造的な論点よりも重要性は低くなっているといってよいとは思います。
という訳で第三問(実務家出題)での出題は考えにくいです。
第一問・第二問(学者出題)での出題で帳簿組織が想定されやすいのは、試験委員が純粋な簿記を専門としている場合でしょう。
本年の試験委員は、そうではないようですので、出題の可能性はやや低めといってよいと思います(実際は、わかりませんが)。

ただし、あくまでもいわゆる特殊仕訳帳制度であって、単一仕訳帳制度は、仮に採用されていないにせよ、基本的な考え方は理解していなければなりません。
また、特殊仕訳帳制度が実践的ではないにせよ、二重転記の排除の考え方は、実務上のあちこちに顔を出します。
細かい記帳法はともかく、ある程度はできるようにしておく方必要があるでしょう。

実務的にはどうなのという帳簿組織(特に特殊仕訳帳)ですが、精算勘定は、さらにその中でひねり出したという感は強く、そもそもの採用を念頭に置いているとはとても思えません。
重要性は低いといってよいでしょう。

税理士試験 簿記論 細目問題27(帳簿組織)

【対象=簿記論】

(問題)
帳簿組織及び伝票会計に関する下記の文章の正否を○×で答えなさい。

(1)特殊仕訳帳として現金出納帳が作成されている場合、入出金取引が普通仕訳帳に記入されることはない。

(2)主要簿のうち総勘定元帳上のみで繰越処理が行われるのは、英米式簿記法である。

(3)期首の実体科目(資産・負債・資本)の勘定残高をもって行なう仕訳(開始仕訳)を普通仕訳帳に記録するのは、英米式簿記法である。

(4)英米式簿記法では、再振替仕訳は、仕訳帳には記録されず、総勘定元帳のみに記録されることになる。

(5)英米式簿記法によった場合は、再振替仕訳を省略することができる。

(6)集合勘定としての損益勘定及び残高勘定が用いられるのは英米式簿記法である。

(7)英米式簿記法では、損益勘定を用いず、残高試算表から直接損益計算書が作成されることがある。

(8)開始残高勘定が用いられるのは、純大陸式簿記法である。

(9)資産、負債、資本の各勘定について、勘定上のみで繰越すのは、英米式簿記法である。

(10)仕訳帳の借方金額・貸方金額の合計(第一次締切額の合計)が決算整理前合計試算表の借方金額・貸方金額の合計と一致するのは、英米式簿記法である。

(解答)
続きを読む

税理士試験 簿記論 構造問題10(帳簿組織)

【対象=簿記論】

(問題)
当社は大陸式簿記法を採用し、仕訳帳としては、普通仕訳帳のほかに特殊仕訳帳として当座預金出納帳、仕入帳、売上帳、支払手形記入帳および受取手形記入帳を使用している。
次の取引を前提として以下の設問に答えなさい。
(取引)
A商店から受け取った約束手形100円を取引銀行で割引き、割引料10円を差引かれた手取金は当座預金に預入れた。なお、偶発債務について考慮する必要はない。
(設問)
問1 単純取引に分解して記帳する方法によった場合の次の金額を示しなさい。
(1)期中において普通仕訳帳に記載される仕訳金額の合計額
(2)期中において当座預金出納帳に記載される仕訳金額の合計額
(3)二重仕訳控除金額

問2 取引を擬制して記帳する方法によった場合の次の金額を示しなさい。なお、取引の擬制にあたっては、仕訳の合計額が最も少ない方法によるものとする。
(1)期中において普通仕訳帳に記載される仕訳金額の合計額
(2)期中において当座預金出納帳に記載される仕訳金額の合計額
(3)二重仕訳控除金額

問3 取引の全体を普通仕訳帳に記帳する方法によった場合の次の金額を示しなさい。
(1)期中において普通仕訳帳に記載される仕訳金額の合計額
(2)期中において当座預金出納帳に記載される仕訳金額の合計額
(3)二重仕訳控除金額

(解答欄)
問1
(1)普通仕訳帳に記載される仕訳金額の合計額……(   )円
(2)当座預金出納帳に記載される仕訳金額の合計額(   )円
(3)二重仕訳控除………………………………………(   )円
問2
(1)普通仕訳帳に記載される仕訳金額の合計額……(   )円
(2)当座預金出納帳に記載される仕訳金額の合計額(   )円
(3)二重仕訳控除金額…………………………………(   )円
問3
(1)普通仕訳帳に記載される仕訳金額の合計額……(   )円
(2)当座預金出納帳に記載される仕訳金額の合計額(   )円
(3)二重仕訳控除金額…………………………………(   )円

(解答)
続きを読む

税理士試験 簿記論 構造問題9(帳簿組織)

【対象=簿記論】

(問題)
次の特殊仕訳帳の要約記録により二重仕訳削除(控除)金額を求めなさい。
金額欄はすべて特別欄であるものとする。
1.当座預金出納帳(単位:円)
(1)預入欄
 売 上 ?   売掛金2,000  受取手形3,000
(2)引出欄
 仕 入4,000 買掛金2,500  支払手形2,200

2.売上帳(単位:円)
 当座預金6,000  売掛金6,000  受取手形3,000

3.仕入帳(単位:円)
 当座預金 ?   買掛金2,800  支払手形2,500

4.受取手形記入帳(単位:円)
 売 上3,000  売掛金2,500

5.支払手形記入帳(単位:円)
 仕入2,500  買掛金2,200

(解答)
続きを読む

大陸式の記帳の流れ

大陸式によるおおまかな記帳の流れをみておきましょう。

【期首(月初)】
(1)開始仕訳
(2)再振替仕訳
いずれも「普通仕訳帳」から「個別転記」されます。


【期中(月中)】
(特殊仕訳帳)
(1)特殊仕訳帳に記録される営業取引
親勘定  →転記不要(レ)※期末に合計転記
相手勘定
 諸口欄 → 個別転記 ※相手勘定が親勘定の場合は転記不要(レ)
 特別欄 → 転記不要(レ) ※合計転記[期末]

(普通仕訳帳)
(2)特殊仕訳帳に関係しない営業仕訳 → 普通仕訳帳から個別転記


【期末(月末)】
合計仕訳 → 合計転記 
(1)特殊仕訳帳の親勘定 普通仕訳帳→合計転記
(2)特殊仕訳帳の特別欄 普通仕訳帳→合計転記※個別転記されている部分(レ)


【関連記事】
特殊仕訳帳の意義と種類
特殊仕訳帳の考え方
簿記一巡と特殊仕訳帳
二重仕訳の意味
英米式の流れ
英米式の普通仕訳帳の記入
英米式の特殊仕訳帳の記入
大陸式の特徴
大陸式の普通仕訳帳の記入
一部当座取引

大陸式の特徴

【大陸式の特徴】
大陸式の大きな特徴は、「仕訳→元帳」という手続きを貫く点にあります。
何故、そこにこだわるのかといえば、「仕訳帳」と「合計試算表」(元帳の貸借合計を集めた表)の一致を維持したいためです。
この両者の一致を確認することにより、かなりの程度に帳簿の記録(転記)の正否を確認できます。

帳簿記録そのものは、大陸式も英米式も大きく異なりません。
仕訳のうち特殊仕訳帳と普通仕訳帳に記録される取引の考え方は、基本的には、英米式と同様です。
最も大きく異なる点は、合計転記を特殊仕訳帳からではなく、普通仕訳帳を経由して行うことがある点です。
これは、上記のような普通仕訳帳と合計試算表の一致を維持するためです。

しかし、複数の特殊仕訳帳に記録がなされる取引に関して、いずれも普通仕訳帳に記録を行うのでは、記録がダブリます。
この不都合を回避するには、仕訳帳の金額から特殊仕訳帳間の二重仕訳の金額を除けばよいことになります。
これが、二重仕訳削除(控除)金額です。
二重仕訳削除(控除)金額が、解答要求としてあげられることも多いですが、それが何故なのかという意識をもって帳簿組織に臨むべきでしょう。


【関連記事】
特殊仕訳帳の意義と種類
特殊仕訳帳の考え方
簿記一巡と特殊仕訳帳
二重仕訳の意味
英米式の流れ
英米式の普通仕訳帳の記入
英米式の特殊仕訳帳の記入
大陸式の流れ
大陸式の普通仕訳帳の記入
一部当座取引
オススメ
       <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
プロフィール

暮木孝司

記事検索
携帯用バーコード
QRコード
リンク
     税理士試験 簿記論 講師日記は、Yahoo!JAPAN登録サイトです       bokironkousiをフォローしましょう         
スポンサード・リンク
bokironkousiをフォローしましょう
  • ライブドアブログ