税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

問題

税理士試験 簿記論 三択問題5(現金預金)

(問題)
次に掲げるものを売掛金の回収によって受け取った場合の仕訳における借方科目が当座預金となるものを選びなさい。

(1)他人振出の小切手(1ヶ月後の日付の付されたものである)

(2)他人振出の小切手(当日の日付の付されたものである)

(3)自己振出しの小切手


(解答)
続きを読む

財務諸表論 超短答問題191

(問題)
中間財務諸表の性格の考え方を二つあげよ(現行制度上の考え方を先にあげること)。

(解答)
続きを読む

財務諸表論 超短答問題190

(問題)
中間財務諸表作成の役割は何か?

(解答)
続きを読む

財務諸表論 超短答問題189

(問題)
連結財務諸表原則における一般原則を4つ指摘せよ。

(解答)
続きを読む

財務諸表論 超短答問題188

(問題)
基準性の原則の要請内容をあげよ。

(解答)
続きを読む

財務諸表論 超短答問題186

(問題)
連結財務諸表の作成に関する考え方を二つあげよ(連結原則のとる方法を先にあげること)。

(解答)
続きを読む

財務諸表論 超短答問題185

(問題)
連結財務諸表とは何か。

(解答)
続きを読む

財務諸表論 超短答問題184

(問題)
キャッシュ・フロー計算書における法人税等の記載の理由を述べよ。

(解答)
続きを読む

財務諸表論 超短答問題183

(問題)
キャッシュ・フロー計算書における法人税等の記載は?

(解答)
続きを読む

(★)税理士試験 簿記論 基礎問題42(準備金の積立)

次の取引の仕訳を示しなさい。
株式会社Aは×1年5月に行った定時株主総会において、金銭による剰余金の配当90万円(原資の内訳:繰越利益剰余金60万円、その他資本剰余金30万円)を決議した。

株式会社A社の×1年3月期の貸借対照表の純資産の部は次のとおりである。

資本金     :400万円
資本準備金   : 80万円
その他資本剰余金:100万円
利益準備金   : 17万円
繰越利益剰余金 :300万円

(解答)【単位:万円】
続きを読む

財務諸表論 講義 問題7(継続性の原則)

「企業会計は、( ア )及び( イ )を毎期継続して適用し、みだりにこれを変更してはならない。」
上記は、企業会計原則の一般原則五の継続性の原則です。
継続性の原則に関連して下記の問に答えなさい。

問1
空欄の(ア)、(イ)に該当する語句を答えなさい。

問2
企業会計において認められた会計処理の原則及び手続(以下「○」とする)と認められない会計処理の原則及び手続(以下「×」とする)の間での変更の組み合わせとしては次の4つが考えられます。
   → ×
◆  → ○
 × → ○
ぁ 漾、 ×
(1)上記のうち企業会計上、その変更が認められることがある組み合わせを番号で指摘しなさい。
(2)(1)のうち継続性の原則の適用の対象となる組み合わせを番号で指摘しなさい。

問3
(1)企業会計原則で指摘されている継続性の原則が要求される理由を簡記しなさい。
(2)(1)以外に継続性の原則が必要とされる理由があれば簡潔に指摘しなさい。

(解答)
続きを読む

財務諸表論 講義 問題4(正規の簿記の原則)

「企業会計は、すべての取引につき、正規の簿記の原則に従って、正確な会計帳簿を作成しなければならない。」
上記の文章は、企業会計原則の一般原則二の正規の簿記の原則です。
これに関連して下記の問に答えなさい。

問1
下線部の正規の簿記であるための要件を3つあげなさい。

問2
正規の簿記の原則にいう正規の簿記と複式簿記の関係として適切なものを次の中から選びなさい。
(1)正規の簿記 = 複式簿記
(2)正規の簿記 > 複式簿記
(3)正規の簿記 < 複式簿記
(4)正規の簿記 ≠ 複式簿記

問3
貸借対照表の作成方法には、誘導法と財産目録法とがあります。
正規の簿記の原則では、いずれの作成方法による貸借対照表の作成を要請していますか。

(解答)
続きを読む

財務諸表論 講義 問題3(真実性の原則)

「企業会計は、企業の( ア )及び( イ )に関して、真実な報告を提供するものでなければならない。」
上記の文章は、企業会計原則の一般原則一の真実性の原則です。
これに関連して下記の問に答えなさい。

問1
空欄の(ア)、(イ)に該当する語句を答え、併せてこれらを表示するための財務諸表の名称を示しなさい。

問2
真実性の原則にいう真実性は、一般にどのような真実性であると言われていますか。

問3
問2にいう真実性とならざるを得ない理由を簡潔に記しなさい。

(解答)
続きを読む

財務諸表論 講義 問題2(会計公準)

企業会計の基礎的な前提は会計公準と呼ばれます。
会計公準に関する下記の問に答えなさい。

問1
企業会計の基礎的な前提としての会計公準には、(ア)企業実体の公準、(イ)会計期間の公準、(ウ)貨幣的評価の公準があります。
次の内容は、上記のいずれの公準を示していますか。符号で答えなさい。
A 企業会計の時間的限定に関する公準
B 企業会計の内容的限定に関する公準
C 企業会計の場所的限定に関する公準

問2
支店独立会計制度をとる甲社(A)は、本店(B)の他に支店(C)を有している。
甲社における会計単位と公表財務諸表の作成単位をそれぞれA、B、Cの符合で示しなさい。

問3
企業会計上、期間計算が行われますが、その前提として想定されている企業は一般に何と呼ばれますか。

(解答)
続きを読む

財務諸表論 講義 問題

大好評をいただいております財務諸表論講義。

ええ、大好評です。

どうも何かに凝り出すと集中してしまう癖がありますが、早々にどこかで止まる予感もしていますので、安心です。

ある程度、後追いになりますが、進行にそった問題をご提供することにしました。

形式は、ちょっと実践っぽく(本試験っぽく)していますが、できるだけ符号や短い言葉で解答できるような形式にしていこうと思っています。

なんとなく本試験の問題の雰囲気を味わいつつ、復習のお役に立てていただければと思います。

並行した企画も同時に考えてはいるんですが、当面は、この2本立てでいこうと思います。

テキスト部分を読んで、(まとめ)を参考にしながら、自分で短い文章でいえるようにしてみる。

その短い文章からテキスト部分の内容がそれなりに復元できる。

そんな読み込みができていればできる筈という難易度の問題にするつもりです。

解答をみてそれを覚えるという事は想定していません(解答箇所が短いので、効果が薄いです)。

ただ、一つくらいは考えないと出てこない箇所も織り交ぜようかとも思っていますが、あまり交えると私がわからなくなるので考えものです。

はい。

簿記論も着々と進行中です。

ええ、着々です。

着々ですってば。

税理士試験 簿記論 細目問題29(減損会計)

【対象=簿記論】

(問題)
固定資産の減損会計に関する次の文章の正否を○×の符合で示しなさい。

(1)減損の兆候がなくても、減損損失の認識が行われることがある。

(2)減損損失の認識の判定は将来キャッシュ・フローの現在価値と帳簿価額を比較して行われる。

(3)減損損失の測定を行う場合の回収可能価額は、正味売却価額と使用価値のいずれか小さい金額である。

(4)減損損失の測定を行う場合の使用価値の計算において耐用年数経過後の処分価額を考慮する必要はない。

(5)減損処理は、減価償却とは異なる手続であり、減損損失累計額を減価償却累計額に含めて表示することは認められない。

(6)減損損失の認識と測定は、固定資産の利用単位ごとに行う。

(7)共用資産については、単独でキャッシュ・フローを生成しないので、減損損失が認識されることはない。

(8)共用資産を含むより大きな資産グループで減損損失の認識を行う場合の減損損失の増加額は、まず、共用資産に配分する。

(9)減損損失の増加額(上記(8)参照)を共用資産に配分すると共用資産の正味売却価額を下回る場合には、その超過額は、各資産グループの帳簿価額等を基準に再配分する。


(解答)
続きを読む

税理士試験 簿記論 実務家対策問題5(税金)

(問題)
仮払金勘定には次のものが計上されている。
適切な決算整理仕訳を示しなさい。
なお、法人税等については、仮払法人税等勘定は設けておらず、消費税については、税込抜経理方式を採用しているものとする。

前期分消費税 27,200 千円
中間分消費税 20,400 千円
中間分法人税 3,300 千円
中間分事業税 700 千円
中間分住民税 600 千円
固定資産税 200 千円
収入印紙代 80 千円
受取利息に対する源泉所得税 270 千円
受取利息に対する住民税利子割額 90 千円
計 52,840 千円

(解答)
続きを読む

税理士試験 簿記論 実務家対策問題4(給与の支払)

(問題)
次の資料に基づき、当社(年1回、3月決算)の決算整理仕訳を示しなさい。

平成18年3月分の従業員給料を3月25日に支給し、次のように仕訳した。

(借)営業費 29,370 千円 (貸)現金預金 29,370 千円

上記支払額の内訳は次のとおりである。
給与手当額  35,400千円
所得税   △1,890千円
住民税   △ 930千円
社会保険料 △3,210千円
差引支払額  29,370千円

なお、源泉徴収した所得税及び住民税は翌月10 日までに納付する。
また、社会保険料については、給与から天引きした上記の個人負担分に同額の会社負担分を加えた金額を、翌月末までに納付する。

(解答)【単位:千円】
続きを読む

税理士試験 簿記論 基準問題14(減損会計)

【対象=1級以上】

(問題)
当社の有形固定資産は、すべての資産が一体となってキャッシュ・フローを生成している。
以下の資料に基づいて、全ての有形固定資産を一つの資産グループとし、減損損失を計上する場合の仕訳(直接法)を示しなさい。
なお、減損損失の配分については、各固定資産の帳簿価額に基づいて比例配分すること。

(資料)
1.帳簿価額 土 地300万円 建 物200万円 構築物100万円
2.割引前の将来キャッシュ・フロー 500万円
3.割引後の将来キャッシュ・フロー 450万円
4.正味売却価額          400万円

(解答)【単位:万円】
続きを読む

簿記2級 商業簿記 問題46(決算)

【対象=2級以上】

(問題)
次の資料により決算整理仕訳を示しなさい。

(資料1)決算整理前残高試算表
【借方】
機  械      750
営 業 費      900

(資料2)決算整理事項等
機械は、当期(1年)首に取得したものであり、取得と同時に事業の用に供している。
なお、取得の際に設置費用50円を支払っており、営業費として処理されている。
決算において、定率法(20%)で減価償却を行うこと。

(解答)
続きを読む

簿記2級 商業簿記 問題45(決算)

【対象=2級以上】

(問題)
次の資料により決算整理仕訳を示しなさい。

(資料1)決算整理前残高試算表
【借方】
繰越商品 100
仕  入 900

(資料2)決算整理事項等
商品の期末棚卸高は、次のとおりである。
帳簿棚卸原価200円
実地棚卸原価190円
実地棚卸時価195円
なお、売上原価の計算は仕入勘定上で行っている。

(解答)
続きを読む

簿記2級 商業簿記 問題44(決算)

【対象=2級以上】

(問題)
次の資料により決算整理仕訳を示しなさい。

(資料1)決算整理前残高試算表
【借方】売買目的有価証券 900

(資料2)決算整理事項等
売買目的有価証券の期末時価は800円であった。

(解答)
続きを読む

簿記3級 基本問題38(決算)

【対象=3級以上】

(問題)
次の資料により決算整理仕訳を示しなさい。

(資料1)決算整理前残高試算表
【借方】現金過不足300

(資料2)決算整理事項等
現金過不足の原因は不明である。

(解答)
続きを読む

税理士試験 簿記論 実務家対策問題1(個人名義での借入と返済)

(問題)
期中に会社の営業資金5,000千円を社長個人の名義で借り入れ、借入金勘定に計上した。
返済は個人の通帳から行っているため、会社の帳簿には返済の記入がなされていない。
借入時から期末までに返済した元利金の総額は、1,075千円で、残高証明書によれば決算日現在の借入残高は4,030千円となっている。

以上により決算整理仕訳を示しなさい。

(解答)【単位:千円】
続きを読む

税理士試験 簿記論 問題集

「税理士試験 簿記論 問題集」というブログをつくりました。
といっても例のごとく本ブログの中にある税理士試験・簿記論の問題を移設しただけのものです。
問題だけをまとめてありますので、問題だけをみたいという方は、ぜひご利用ください。

こちらです。

「税理士試験 簿記論 問題集」

簿記2級 商業簿記 問題42(決算)

【対象=2級以上】

(問題)
次の資料により決算整理仕訳を示しなさい。

(資料1)決算整理前残高試算表
【借方】現金過不足300

(資料2)決算整理事項等
現金過不足のうち100は、通信費の記帳もれであることが判明したが、残額の原因は不明である。

(解答)
続きを読む

簿記2級 商業簿記 問題41(税金)

【対象=2級以上】

(問題)
税抜経理方式によった場合の次のそれぞれの取引の仕訳を示しなさい。

(1)商品100万円を仕入れ、代金は、消費税5万円とともに小切手を振出して支払った。

(2)原価150万円(税抜)の商品を210万円(税込)で売上げ、代金は当座預金口座に振り込まれた。

(解答)【単位:万円】
続きを読む

簿記3級 基本問題36(伝票会計)

【対象=3級以上】

(問題)
3伝票制を採用する場合において、次の取引を取引を分解する方法により伝票記入を行ったとした場合の仕訳を示しなさい。

100円を借入れ、利息5円を差し引かれた現金95円を受け取った。

(解答)
続きを読む

簿記3級 基本問題33(損益取引)

【対象=3級以上】

(問題)
店舗に係る火災保険料は、毎年10月1日に向こう1年分(120,000円)の保険料を一括して支払っている。
決算(年1回、12月)にあたり、適正な処理を行うこと。

(解答)
続きを読む

簿記3級 基本問題32(損益取引)

【対象=3級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

当期の10月1日に取引先のA商店に対して、100,000円を貸付けている。
貸付期間は5年、年利4%、利払日は毎年9月末日である。
決算(12月末日)にあたり、利息の未収分を見越計上する。

(解答)
続きを読む

簿記3級 基本問題31(資本)

【対象=3級以上】

(問題)
次のそれぞれの取引の仕訳を示しなさい。

(1)個人企業であるA商店は、決算において当期純利益100円を計上した。

(2)引出金勘定の残高200円を資本金勘定に振替えた。

(解答)
続きを読む

簿記3級 基本問題30(資本)

【対象=3級以上】

(問題)
次のそれぞれの取引の仕訳を示しなさい。

(1)店主が現金10万円を私用で引き出した。

(2)店主が現金20万円を追加出資した。

(解答)【単位:万円】
続きを読む

簿記3級 基本問題29(資本)

【対象=3級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

個人事業主が現金30万円、備品20万円を元入れして、事業を開始した。

(解答)【単位:万円】
続きを読む

簿記2級 商業簿記問題35(株式会社会計)

【対象=2級以上】

(問題)
株式会社Aは、株式会社Bを吸収合併し、諸資産500万円、諸負債300万円を引継ぐとともに、B株式会社の株主に対して、100株の株式を交付した。
資本金組入額は1株につき1万円とする。
株式会社Aの合併に際しての仕訳を示しなさい。

(解答)【単位:万円】
続きを読む

簿記3級 基本問題28(有形固定資産)

【対象=3級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

決算(年1回)にあたり、当期首に取得した車両の減価償却を定額法により行った。
車両の取得原価は、100万円、耐用年数は5年であり、残存価額は、取得原価の10%である。減価償却の記帳方法は間接法によっている。

(解答)【単位:万円】
続きを読む

簿記3級 基本問題27(有形固定資産)

【対象=3級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

帳簿価額30万円の備品を売却し、代金10万円は、月末に受け取ることとした。

(解答)【単位:万円】
続きを読む

(★)簿記2級 商業簿記 問題33(株式会社会計)

【対象=2級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

決算にあたり、当期純損失100円を計上した。なお、繰越利益剰余金の決算整理前の残高は200円(貸方残)である。

(解答)
続きを読む

簿記3級 基本問題26(有形固定資産)

【対象=3級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

営業所建物2,000万円を購入し、代金は、小切手を振出して支払った。
なお、不動産業者への仲介手数料10万円と登記料20万円及び登記手数料5万円を現金で支払っている。

(解答)【単位:万円】
続きを読む

(★)簿記2級 商業簿記 問題32(株式会社会計)

【対象=2級以上】

(問題)
次の一連の取引の仕訳を示しなさい。

(1)会社設立に伴い株式の発行費用30万円と設立登記のために要した費用30万円を小切手を振出して支払った。

(2)決算に際し、繰延資産の償却を行った。会計期間は1年間であり、設立初年度の会計期間も1年であるものとする。

(解答)【単位:万円】
続きを読む

簿記1級 会計学 ○×理論問題20

【対象=1級以上(簿記論以外)】

(問題)
(1)機械装置について、減価償却計画設定の際に予測できなかった異常な機能的減価のために計上した臨時償却費は、臨時損失の一種として特別損失の区分に記載する。

(2)商業を営む企業が当期分の地代を負担したとき、店舗のためのものは賃借料として販売費及び一般管理費の中に計上されるが、投資不動産のためのものは営業外費用の中に計上される。

(3)低価法の適用にさいして、品目別低価法・グループ別低価法・一括低価法があるが、いずれの場合にも、切放法によるのが保守主義原則にかなっている。

(解答)
続きを読む

簿記3級 基本問題25(有価証券)

【対象=3級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

決算に際して、売買目的で所有している株式(100株、取得原価@100円)の時価は1株@90円であった。

(解答)
続きを読む

簿記2級 工業簿記 問題11(個別原価計算)

【対象=2級以上】

(問題)
次の資料に基づいて、製造間接費配賦差異を計算し、予算差異と操業度差異とに分析しなさい。
差異の算出にあたっては、借方差異及び貸方差異の別を示すこと。

(資料)
(1)製造間接費予算
1.基準操業度 120時間
2.製造間接費予算
  固定費24,000円 変動費率300円/時間
(2)製造間接費実際発生額
1.実際直接作業時間 11時間
2.製造間接費実際発生額6,000円

(解答)
続きを読む

簿記3級 基本問題24(有価証券)

【対象=3級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

さきに額面100円について95円で買い入れたA株式会社の社債(売買目的で取得)のうち額面総額1,000万円を額面100円につき96円で売却し、売却代金は、月末に受け取ることとした。

(解答)【単位:万円】
続きを読む

簿記3級 基本問題23(有価証券)

【対象=3級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

秋田商事株式会社の株式100株を売買目的で1株について@2万円で買い入れ、代金は買入手数料1万円とともに月末に支払うこととした。

(解答)【単位:万円】
続きを読む

簿記3級 基本問題22(手形)

【対象=3級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

所有有価証券を担保として銀行から100万円を借り入れ、同額の約束手形を振り出した。
1万円の利息を差引かれた手取額は、当座預金とした。

(解答)【単位:万円】
続きを読む

(★)簿記2級 商業簿記 問題30(株式会社会計)

【対象=2級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

株式会社の設立にあたり、株式1,000株を1株当たり50,000円で発行し、払込金額は、当座預金に預け入れた。
資本金の金額は、会社法に規定する最低額とする。

(解答)
続きを読む

簿記1級 会計学 ○×理論問題16

【対象=1級以上(簿記論以外)】

(問題)
次の文章の正否を○×の符合で示しなさい。

(1)企業の財政に不利な状況を及ぼす可能性があるときに保守主義が適用されるが、過度な保守主義は認められない。

(2)発生の可能性の低い偶発事象に係る費用または損失については、引当金を計上することはできない。

(3)新製品または新技術の研究、新技術または新経営組織の採用、資源の開発および市場の開拓のために特別に支出した額は、これを貸借対照表の資産の部に計上することができる。

(解答)
続きを読む

簿記3級 基本問題21(手形)*出題範囲外

【対象=3級以上】*現在は出題範囲外の問題です

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

A商店は、手許にある甲商店振出、B商店引受の為替手形500円を銀行で割り引き、割引料10円を差し引かれた手取金は当座預金とした。

(解答)
続きを読む

簿記2級 商業簿記 問題29(投資その他の資産)

【対象=2級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

期中に支払保険料勘定で処理していた金額500千円のうち400千円は翌期以降の分であるため決算において適切に処理する。なお、翌期以降の分400千円のうち300千円は、翌々期以降の分である。

(解答)【単位:千円】
続きを読む

簿記3級 基本問題19(手形)*出題範囲外

【対象=3級以上】*現在は出題範囲外の問題です

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

仕入先A商店に対する買掛金500円について、同店振出、甲商店受取、当店宛の為替手形の引受を求められたので、これに応じた。

(解答)
続きを読む
オススメ
       <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
携帯用バーコード
QRコード
bokironkousiをフォローしましょう
記事検索
プロフィール

暮木孝司

スポンサードリンク