税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

商的工業簿記

平成19年 簿記論講座 12月第7回(商的工業簿記供

【学習時間の目安】
(1)インプット(2時間)
(2)問題演習(2時間)


【要チェックポイント】
(1)減損の取扱い
(2)売価還元法の取扱いを抑えましょう


【減損の処理】
(1)減損の意義
蒸発等による材料の減少

(2)異常減損費
営業外費用・特別損失

(3)正常減損費
減損発生点>期末仕掛品進捗度:完成品のみ負担
減損発生点≦期末仕掛品進捗度:両者負担


【売価還元原価法】(商業での税法方式と同じ考え方)
(1)期末仕掛品原価
期末仕掛品売価×原価率

(3)原価率
  仕掛品+製品
期首仕掛
期首製品  売上原価
総製造費用 期末仕掛
      期末製品
  ↓    ↓
原 価 / 売 価  =原価率
期末仕掛品売価 期末仕掛品の完成品売価×完成率


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
用意できてません。

平成19年 簿記論講座 12月第6回(商的工業簿記機

【学習時間の目安】
(1)インプット(2時間)
(2)問題演習(個別2時間 総合2時間)


【要チェックポイント】
(1)簿記論では、費目別計算の仕訳が問われる事は考えにくいですが、簡単な費目別計算は確認しておきましょう
(2)期末仕掛品の評価に習熟しておこう

商的工業簿記
(1)原価要素……材料(物件費)、労務費(人件費)、経費(その他)
材料(物件費)、労務費(人件費)、経費(その他)

(2)一連の会計処理
1.材料
購入:(借)材料(費)××× (貸)買 掛 金 ×××
決算:(貸)仕 掛 品 ××× (貸)材料(費)×××
※材料(費)は、材料仕入、仕掛品は、製造の場合あり

2.労 務 費
支払:(借)賃金給料   ××× (貸)現金預金   ×××
繰入:(借)賞与引当金繰入××× (貸)賞与引当金  ×××
決算:(借)仕 掛 品   ××× (貸)賃金給料   ×××
      仕 掛 品   ×××    賞与引当金繰入×××

3.経費
支払:(借)(製造)経費 ××× (貸)現金預金  ×××
決算:(借)仕 掛 品   ××× (貸)(製造)経費×××

4.製品・売上原価
製  品:(借)製  品××× (貸)仕 掛 品×××
売上原価:(借)売上原価××× (貸)製  品×××

(3)完成度換算法による期末仕掛品の評価
1.平均法
(期末仕掛品原価+当期製造費用)÷(完成品+期末仕掛品換算量)×期末仕掛品換算量

2.先入先出法
当期製造費用÷(完成品−期首仕掛品換算量+期末仕掛品換算量)×期末仕掛品換算量

3.後入先出法
 期首=期末:期首仕掛品原価
 期首>期末:期首仕掛品原価÷期首仕掛品換算量×期末仕掛品換算量
 期首<期末:期首仕掛品原価+当期製造費用÷(完成品+期末仕掛品換算量−期首仕掛品換算量)×期末仕掛品換算量

(注意点)
※材料の始点投入の場合→進捗度を考慮しない
※材料が加工の進行に応じて投入、材料費・加工費→進捗度を考慮
※期末仕掛品材料費+期末仕掛品加工費=期末仕掛品原価
※期首仕掛品原価+当期総製造費用(材料費+加工費)−期末仕掛品原価=完成品原価
※完成品原価÷完成品数量=完成品単位原価


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
細目編20(○)

平成18年 簿記論講座 12月第7回(商的工業簿記供

【要チェックポイント】
(1)減損の取扱い
(2)売価還元法の取扱いを抑えましょう


【減損の処理】
(1)減損の意義
蒸発等による材料の減少

(2)異常減損費
営業外費用・特別損失

(3)正常減損費
減損発生点>期末仕掛品進捗度:完成品のみ負担
減損発生点≦期末仕掛品進捗度:両者負担


【売価還元原価法】(商業での税法方式と同じ考え方)
(1)期末仕掛品原価
期末仕掛品売価×原価率

(3)原価率
  仕掛品+製品
期首仕掛
期首製品  売上原価
総製造費用 期末仕掛
      期末製品
  ↓    ↓
原 価 / 売 価  =原価率
期末仕掛品売価 期末仕掛品の完成品売価×完成率


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
すんません用意できてません。
「2級工簿編」の進行後、拡充します。

平成18年 簿記論講座 12月第6回(商的工業簿記機

【要チェックポイント】
(1)簿記論では、費目別計算の仕訳が問われる事は考えにくいが、簡単な費目別計算は確認しておこう
(2)期末仕掛品の評価に習熟しておこう

商的工業簿記
(1)……材料(物件費)、労務費(人件費)、経費(その他)
材料(物件費)、労務費(人件費)、経費(その他)

(2)一連の会計処理
1.材料
購入:(借)材料(費)××× (貸)買 掛 金 ×××
決算:(貸)仕 掛 品 ××× (貸)材料(費)×××
※材料(費)は、材料仕入、仕掛品は、製造の場合あり

2.労 務 費
支払:(借)賃金給料   ××× (貸)現金預金   ×××
繰入:(借)賞与引当金繰入××× (貸)賞与引当金  ×××
決算:(借)仕 掛 品   ××× (貸)賃金給料   ×××
      仕 掛 品   ×××    賞与引当金繰入×××

3.経費
支払:(借)(製造)経費 ××× (貸)現金預金  ×××
決算:(借)仕 掛 品   ××× (貸)(製造)経費×××

4.製品・売上原価
製  品:(借)製  品××× (貸)仕 掛 品×××
売上原価:(借)売上原価××× (貸)製  品×××

(3)完成度換算法による期末仕掛品の評価
1.平均法
(期末仕掛品原価+当期製造費用)÷(完成品+期末仕掛品換算量)×期末仕掛品換算量

2.先入先出法
当期製造費用÷(完成品−期首仕掛品換算量+期末仕掛品換算量)×期末仕掛品換算量

3.後入先出法
 期首=期末:期首仕掛品原価
 期首>期末:期首仕掛品原価÷期首仕掛品換算量×期末仕掛品換算量
 期首<期末:期首仕掛品原価+当期製造費用÷(完成品+期末仕掛品換算量−期首仕掛品換算量)×期末仕掛品換算量

(注意点)
※材料の始点投入の場合→進捗度を考慮しない
※材料が加工の進行に応じて投入、材料費・加工費→進捗度を考慮
※期末仕掛品材料費+期末仕掛品加工費=期末仕掛品原価
※期首仕掛品原価+当期総製造費用(材料費+加工費)−期末仕掛品原価=完成品原価
※完成品原価÷完成品数量=完成品単位原価


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
細目編119(○)

どこまでをやるのか?(商的工業簿記)

商的工業簿記の出題も本支店会計と同様、過去の出題実績は、まあ多いといったところではないかと思います。
典型的な出題については、充分習熟しておく必要があるでしょう。
特に原価と期間費用への割り振りは、「慣れ」の要素が大きいですから、典型的な出題での演習は不可欠でしょう。
ちなみに、平成17年の第3問が、ソフトウェアの製造業でした(ビックリです)。
簿記論での出題を考える場合に、適用業種の限定がない場合(個別問題に多い)と適用業種の限定がある場合(総合問題に多い)があります。
特に第三問では、ある程度の業種が想定されている場合が多いです。
出題のしやすさや実際の企業の数からして次のような感じで出題可能性があるといってよいのではないでしょうか。

(1)商業・サービス業 → (2)製造業 → (3)建設業

商業やサービス業に必要な簿記の知識は、いわば他のすべての業種にも共通的に必要ですから、対策が必要なのは、(2)製造業、(3)建設業あたりでしょうか。
まさか、例えば、ガス会社が出題されるということも考えにくいでしょう。
製造業は、とっても想定しやすい業種になると思います。

もっとも簿記論の製造業では、本支店会計と同様に、決算整理等のウェイトも高い場合が多いので、基礎的な個別項目の補強は、構造論点の出題への対処にも直につながることになります。
と、商的工業簿記+個別項目の見直しということでよろしくお願いいたします(って、本支店の時と同じか)。

税理士試験 簿記論 細目問題20(商的工業簿記)

【対象=簿記論】

(問題)
次の解答欄掲げる項目(いずれも製造費用である)は、A 材料費、B 労務費、C 経費のいずれに該当するか、符合で示しなさい。

(解答欄)
(1)福利施設負担額…………(   )
(2)棚卸減耗費………………(   )
(3)買入部品費………………(   )
(4)福利厚生費………………(   )
(5)法定福利費………………(   )
(6)退職給付引当金繰入額…(   )
(7)賞与引当金繰入額………(   )
(8)工場消耗品費……………(   )

(解答)
続きを読む
オススメ
       <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
携帯用バーコード
QRコード
bokironkousiをフォローしましょう
記事検索
プロフィール

暮木孝司

スポンサードリンク