税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

予約販売

予約販売

【予約販売の意義】
「予約販売」とは、商品の購入者から予約金(前受金)を受取り、その後に商品を引渡す販売形態をいいます。
予約販売は、出版物などにみられる販売形態です。


【予約販売の収益計上】
予約金を受取っただけでは、売上を計上すべきではありません。
商品の販売については、販売時点(収益の実現時点)で収益を計上すべきこととされているためです。

予約金受領額のうち、決算日までに商品等の引渡しが完了した分だけが売上に計上されます。
残りの予約金は、貸借対照表の負債の部に「前受金」として、次期へ繰延べる必要があります。


【仕訳処理】
予約金受取時:(借)現  金××× (貸)前 受 金×××

商品の引渡時:(借)前 受 金××× (貸)売  上×××


【関連記事】
未着品販売
委託買付・受託買付

簿記2級 商業簿記 問題20(予約販売)

【対象=2級以上】

(問題)
次の一連の取引の仕訳を示しなさい。

(1)A書店は、文学全集50,000円の予約を受け、予約金5,000円を現金で受取った。

(2)予約した書籍が、入荷したので、これを顧客に引渡し、残金は、現金で受取った。

(解答)
続きを読む
オススメ
       <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
新着コメント
プロフィール

暮木孝司

記事検索
携帯用バーコード
QRコード
リンク
     税理士試験 簿記論 講師日記は、Yahoo!JAPAN登録サイトです       bokironkousiをフォローしましょう         
スポンサード・リンク
bokironkousiをフォローしましょう
  • ライブドアブログ