【要チェックポイント】
(1)リース取引の種類と会計処理をしっかりと把握しよう
(2)売買処理と賃貸借処理の取得価額・残存価額をおさえよう


【リース】
(1)リース取引の種類と会計処理
1.ファイナンス・リース(解約不能・費用負担)
 所有権移転ファイナンス・リース………売買処理
 所有権移転外ファイナンス・リース……原則→売買処理、例外→賃貸借処理
2.オペレーティング・リース………………賃貸借処理

(2)ファイナンス・リースの区分
取得原価と支払利息
1.所有権移転ファイナンス・リース
判定基準……契約満了時に所有権が移転
会計処理……売買処理
取得価額……貸手の購入価額が明らか→貸手の購入価額
      不明→「貸手の見積現金購入価額」と「割引現在価値」の少ない方
減価償却……経済的耐用年数、取得価額の10%

2.所有権移転外ファイナンス・リース
判定基準……契約満了時に所有権が移転しない
会計処理……原則→売買処理、例外→賃貸借処理
取得価額……貸手の購入価額が明らか→貸手の購入価額と割引現在価値の少ない方
      不明→「貸手の見積現金購入価額」と「割引現在価値」の少ない方
減価償却……リース期間、残存価額ゼロ

(3)会計処理(※物件返還時は、所有権移転外ファイナンス・リースの場合)
1.物件取得時
(借)備   品××× (貸)リース債務×××

2.リース料支払時
(借)リース債務××× (貸)現金預金 ×××
               支払利息 ×××
3.決算時
(借)減価償却費××× (貸)減価償却累計額×××

4.物件返還時(※)
(借)減価償却累計額××× (貸)備  品  ×××

(4)リースバックの会計処理

【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
用意できてません。