税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

財務諸表論

修正国際基準においてリサイクリング処理を行うとする理由

修正国際基準では、その他の包括利益のリサイクリングを行うこととされています。

企業会計基準委員会による修正会計基準第2号「その他の包括利益の会計処理」

以下は、そのうちの17項〜19項になります(国際基準で一部リサイクリングをしない理由と修正国際会計基準でリサイクリングをする理由)。
続きを読む

リサイクリングは何がわかりにくいのか?

リサイクリングは、いろいろな要素が複合してわかりにくくなっています。

誤解の多そうな部分を中心に考えてみました。

1  リサイクリングは違う種類の利益の振替えである

2 組替調整額の控除だけではなく、純利益への加算を含む

3 振戻処理とは関係がない

4 現行の仕訳は、リサイクリングを行うことを前提にしているので今の仕訳で考えるとわからなくなる

5 リサイクリングをしないとキャッシュ・フローとズレる


続きを読む

収益認識基準入門(完)

「収益認識基準入門」と題して新しい収益認識基準を探ってきました。

最後にこれまで取り上げた内容を振り返っておきましょう。

続きを読む

収益認識基準入門(その9)代理人取引とポイント付販売

収益認識基準における収益認識は、次の5つのステップで行われます。

契約を識別し、そこから履行義務を識別して、全体の取引価格を算定し、これを履行義務に配分して、収益を認識する。

こんな流れを簡単な事例とともに想定できるとよいでしょう。

ざっくりとした流れがイマイチという方は次の記事をどうぞ(前回・前々回と同じです)。

続・収益認識基準入門の入門

今回は、「代理人取引」と「ポイント付販売」というやや雑多な論点を考えておきましょう。

続きを読む

収益認識基準入門(その8)割賦基準の廃止

「収益認識基準」における収益認識は、〃戚鵑鮗永未掘↓△修海ら履行義務を識別し、A澗里亮莪価格を算定して、い海譴鰺行義務に配分し、ゼ益を認識するというステップで行います。

ざっくりとした流れがイマイチという方は次の記事をどうぞ(前回と同じです)。

続・収益認識基準入門の入門

今回は、割賦販売における収益認識の特例である「回収基準」や「回収期限到来基準」の廃止を考えてみましょう。

続きを読む

収益認識基準入門(その7)検収基準の原則化

収益認識基準における収益認識は、次の5つのステップで行います。

(1)契約の識別⇒(2)履行義務の識別⇒(3)取引価格の算定⇒(2)への(3)の配分⇒(5)収益認識

ざっくりとした流れがイマイチという方は次の記事をどうぞ。

続・収益認識基準入門の入門


このような5つのステップを前提にいくつかの会計処理等を考えておきましょう。
続きを読む

収益認識基準入門(その6)資産負債アプローチによる収益認識

「収益認識基準」における収益認識は、財・サービス(資産)の移転のタイミングで対価の額により測定して行います。

資産が移転するのは、顧客が資産に対する「支配を獲得」したときです。

「投資のリスクからの解放」や「実現主義」という考え方は、取引(収益)の確定(実現)をきっかけに収益を認識しました。

このような収益認識は、フローを基礎としており、「収益費用アプローチ」による収益認識といえるでしょう。

これに対して「収益認識基準」での収益認識は、「資産負債アプローチによる収益認識」といわれることがあります。

ここでは収益認識には話を限定せず、この「資産負債アプローチ」の意味をもう少し考えておきましょう。
続きを読む

収益認識基準入門(その5)資産負債アプローチによる収益認識

「収益認識基準」では、「資産の移転」に着目した収益認識を行います。

このことから「収益認識基準」による収益認識は、「資産負債アプローチによる収益認識」といわれます。

なんか格好よさそうですね(←って、そんなことでいいのか)。
続きを読む

収益認識基準入門(その4)実現・リスクからの解放との関係

「収益認識基準」は、顧客との契約により生ずる収益の認識に関する包括的な会計基準です。

ざっくりとは「財・サービスの移転」を「対価の額」で測定します。

これは従来の実現主義の「実現の要件」とよく似ています。

(1)財サービスの提供 (2)貨幣性資産の受領

いったいどこが違うのでしょうか。

また、リスクからの解放とはどんな関係があるのでしょうか。

続きを読む

収益認識基準入門(その3)収益認識の基本となる原則

「収益認識基準」は、顧客との契約により生ずる収益の認識に関する包括的な会計基準です。

「収益認識基準」では、収益認識の基本となる原則について次のように述べています。

「本会計基準の基本となる原則は、約束した財又はサービスの顧客への移転を当該財又はサービスと交換に企業が権利を得ると見込む対価の額で描写するように、収益を認識することである。」


基本となる原則なのできっと重要です。

以下でやや細かく内容をみておきましょう。
続きを読む

収益認識基準入門(その2)目的、適用時期、廃止される規定等

新しい収益認識に関する会計基準が「収益認識基準」です。

今回は「収益認識基準」の創設の目的、適用時期、廃止される規定といったやや直接的な出題の対象とはなりにくいけれど知っておくべき点にふれておきましょう。
続きを読む

収益認識基準入門(その1)これまでの収益認識

これまで我が国における収益の認識(いつ収益を計上するのか)について包括的な会計基準はありませんでした。

新しく創設された顧客との契約から生ずる収益の認識に関する包括的な会計基準が「収益認識に関する会計基準」です。

今後、数年のうちに本試験で出題されることはきっと間違いありません。

新しい「収益認識基準」の取扱いをみる前に、これまでの我が国における収益認識に関する規定をみておきましょう。

続きを読む

続・収益認識基準の入門の入門

「入門の入門」の次は、テーマごとに「入門」記事を書こうかと思っていましたが、収益認識の5ステップについて、ごく簡単にみておきましょう。

収益認識基準では、顧客との契約により生ずる収益を次の5つのステップにより認識します。

(1)顧客との契約を認識する
(2)契約における履行義務を識別する
(3)取引価格を算定する
(4)契約における履行義務に取引価格を配分する
(5)履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。


長いのが苦手なので短くしてみました。

(1)契約の識別
(2)履行義務の識別
(3)取引価格の算定
(4)(2)に(3)を配分する
(5)収益の認識


いや、あんまし変わらないか。
続きを読む

収益認識基準の入門の入門

「収益認識に関する会計基準」をごく簡単にまとめておきました(←だから入門の入門です)。

まずは、試験に直接的に関係しない話からです。

収益認識基準は超大型基準で2021年4月以後に開始する事業年度から強制適用され、2018年4月以後に開始する事業年度から任意適用することができます。

いつから本格的な試験での出題対象となるのかは不明ですが、強制適用までの期間が3年と長いこともあって、ある程度やっておかなければならないことは間違いありません。

ちょっと(かなり)やっかいなのがこれまでの収益認識の考え方(実現主義やリスクからの解放)との関係の記述がない点です。

これまでの例でいうと従来の考え方とどう違うのかといった検討が結論の背景でなされるのが通常でした。

今回は諸事情(国際基準の丸のみ)からそれをやめてしまったようです。

いいかえるとここがすごく大事に思えます。

これまでの収益認識の考え方との関係はひとまず置いておいて、以下では、収益認識基準の入門の入門と題して、ごく簡単な入口の話をしておきましょう。
続きを読む

クリーン・サープラス関係とは何か(完)

最後になりましたが、試験的に重要だろう点を中心にまとめておきます。
続きを読む

クリーン・サープラス関係とは何か(9)

クリーン・サープラス関係は試験的にどの程度の重要性があるのでしょうか。

内容的に先行する傾向のある公認会計士試験の短答式試験問題をご紹介しておきましょう。
続きを読む

クリーン・サープラス関係とは何か(8)

純資産基準33項では、クリーン・サープラス関係を維持するネライの一つに会計情報の信頼性を高めること以外に企業評価に役立つ点があげられています。

今回は後半部分(企業評価)を考えておきましょう。
続きを読む

クリーン・サープラス関係とは何か(7)

包括利益基準により連結財務諸表に包括利益が表示されることになりました。

もっともこれまでの純利益の計算等が変わるわけではありません。

今までの純利益に併せて包括利益が表示されだけです。

このような表示を行う場合の手続がリサイクリングです。
続きを読む

クリーン・サープラス関係とは何か(6)

これまでクリーン・サープラス関係の意味と制度的な推移を眺めてきました。

このようなクリーン・サープラス関係はなぜ要求されるのでしょうか。

必要性の議論がないまま形式的な話だけしていてもその意味は限定的です。

純資産基準をもとに少し考えてみましょう。
続きを読む

クリーン・サープラス関係とは何か(5)

前回は金融商品会計基準導入以後の制度的な推移を考えました。

今回は、それ以前と最近のお話をちょっと。
続きを読む

クリーン・サープラス関係とは何か(4)

資本取引を除く資本の増減=利益がクリーン・サープラス関係です(以下では、資本取引を除くとの表記は省略することがあります)。

今回は、クリーン・サープラス関係の変遷をみていきましょう。
続きを読む

クリーン・サープラス関係とは何か(3)

包括利益基準の注1には、次のようにあります。

クリーン・サープラス関係とは、「ある期間における資本の増減(資本取引による増減を除く。)が当該期間の利益と等しくなる関係」をいう。


「資本の増減=利益」ですね。
続きを読む

クリーン・サープラス関係とは何か(2)

ざっくりとは、フローとストックがきれいにつながっているのが、クリーン・サープラス関係です。

今回は、会計基準(基準設定主体=企業会計基準委員会)がどのようにクリーン・サープラス関係を捉えているかをみておきましょう。
続きを読む

クリーン・サープラス関係とは何か(1)

「包括利益の表示に関する会計基準」で登場したこのクリーン・サープラス関係。

試験的にもとても重要です。

今回はかなり細かいところまで考えてみました。
続きを読む

ちょっとだけ「発生とは何か」

このところの財表理論では、基礎概念に関連した出題が続いています。

昨年が「配分」でした。

すでにこのブログでは「対応」を題材に「対応とは何か(1)〜」、「実現」を題材に「実現とは何か(1)〜」を書いています。

そういえば「発生とは何か」と題しての記事を書いていませんでした。

ちょっとだけ考えておきましょう。
続きを読む

クリーン・サープラス関係

クリーン・サープラス関係について混乱がある気がするのでちょっと整理しておきました。
続きを読む

負債の時価評価

昔に比べると貸借対照項目を時価で計上するケースが随分と増えました。

いろんな資産を時価で評価してますね。

あっ。負債は時価評価しないんでしょうか。
続きを読む

資本と利益の区別(10)

企業会計上の根本原則に資本と利益の区別の原則があります。

これを規定したのが企業会計原則の第三原則です。
続きを読む

資本と利益の区別(9)

資本は維持しなければならず、利益は処分可能である。

このような考え方に波紋を投げかけたのが、商法での「その他資本剰余金」の配当でした。
続きを読む

資本と利益の区別(8)

資本は維持しなければならない。

このことを商法・会社法に即して考えればその目的は債権者の保護にあります。

株主に資金が過剰に流出することに対して一定の歯止めをかけるのがそのネライでしょう
続きを読む

資本と利益の区別(7)

資本は維持しなければならす、利益は処分可能である。

このことの意味をそれぞれ考えてみましょう。

まず資本は維持しなければならないということの意味です。
続きを読む

資本と利益の区別(6)

第三原則は、前段と後段からなります。

ここまでで確認したように前段は期間損益計算を適正に行うために取引の区別を行うことを要求したものです。

問題は、むしろ後段にあります。
続きを読む

資本と利益の区別(5)

第三原則以外の会計基準からこれまでの考え方が垣間見られる規定をみておきましょう。
続きを読む

資本と利益の区別(4)

企業会計の目的は企業活動をとりまとめ、それを企業外部者に報告することにあります。

企業外部のたとえば企業が発行する株式に投資をする者はそれを参考にします。

その際にもっとも重視されているのが利益情報です。
続きを読む

資本と利益の区別(3)

資本と利益の区別を要求するのが一般原則の第三原則です。

この第三原則の「前段」を適正な期間損益計算のために行われる取引の区別、「後段」をその結果として生じたストックの区別とするのが一つの見方です。

しかし、実際には、第三原則に対する考え方には、かなりの分岐がみられます。
続きを読む

資本と利益の区別(2)

資本の語は極めて多義的に用いられています。

まずは、自己資本(株主資本)と払込資本(拠出資本)の区別を確認したうえで、歩を進めましょう。

純資産のうちの株主の持分が「株主資本」であり、株主資本のうち株主の直接の拠出資本(資本金と資本剰余金)が「払込資本」です。
続きを読む

資本と利益の区別(1)

資本は、株主から受け入れた「もとで」を意味してます。

それを増やした「もうけ」が利益です。

もう少し簡単にいえば、資本は「もとで」、利益は「もうけ」。

この「もとで」と「もうけ」をきちんと分ける。

それが資本と利益の区別の問題です。

こんなざっくりとした理解の段階では、それほど混乱が生ずることもありません。

しかし、具体的な会計の問題に還元すると難しく、また、やっかいに感じられるのが資本と利益の区別の問題といってよいのではないでしょうか。
続きを読む

財表理論学習に何が必要かを考える<一言で表現する>

理論学習で最も大事なのは、対象の本質を短く捉えること。

仮に「ツバメとは何か」の答えが、「ツバメは黒くて、早く飛ぶ鳥」だったとしましょう。

解答が「ツバメは黒くて、早く飛ぶ」で止まってしまっては、困ります。

解答としても成り立っていませんし、その後の理解にかなり大きな支障があります。

まずは、ツバメが鳥であることを鮮烈に意識すること。

それが書ける理論への第一歩です。
続きを読む

対応とは何か(完)

以上、費用収益対応の原則についてみてきました。

最後に損益計算書原則の関係を簡単にまとめておきましょう。
続きを読む

対応とは何か(9)

期間損益計算をささえる「対応」。

対応には形式的な意味(表示)と実質的な意味(金額に影響)がありました。

実質的な意味での対応の見方には費用の認識に関する原則とする見方と損益計算の根本原則とする見方があります。

また、対応関係といっても商品等の財貨を媒介として金額的なつながりを認めることができる個別的対応と期間のみのつながりである間接的対応があります。

より具体的な損益計算書上の収益と費用でこの対応関係を確認しておきましょう。
続きを読む

対応とは何か(8)

企業会計の大きな目的は損益計算であり、損益計算を支える極めて重要な原則に費用収益対応の原則があります。

実質的な意味の費用収益対応の原則は、いわば合理的な引き算を要求する原則です。

身長170センチから体重50キロを引いて120?。

こんな計算は誰もしないですよね(って、あたりまえか)。

損益計算上の意味のある引き算(対応)を要求するのが費用収益対応の原則です。

もっとも対応といってもどの程度のつながりを想定するかで随分と意味合いは異なってきます。
続きを読む

対応とは何か(7)

企業会計の主たる目的には損益計算があり、その損益計算を支える極めて重要な原則が費用収益対応の原則です。

この費用収益対応の原則には大きく2つの考え方があります。

(1)費用の認識に関する原則とする考え方

(2)損益計算を支える根本原則とする考え方

ややわかりにくいですので、もう一度。
続きを読む

対応とは何か(6)

企業会計の目的である損益計算は収益から費用を差し引いて行います。

そこでの大きな課題が収益と費用の認識です。

収益は実現時点で、費用は発生時点で認識され、その両者が対応表示されます。

もっとも費用に関しては実現収益に対応する発生費用を計上する必要があり、費用収益対応の原則は、費用認識に関する原則としての意味を持ちます。
続きを読む

対応とは何か(5)

損益計算は収益と費用の差引計算で行い、ここでの課題は収益と費用の認識です。

収益は実現、費用は発生により認識し、両者の差額で利益が計算されます。

算出された利益は、損益計算書に対応表示されます(費用収益対応表示の原則)。

ただし、実現収益と発生費用の差引で当期の損益が直ちに算定されるのではありません。

実現収益に対応する発生費用を計上する必要があります。

この意味での費用収益対応の原則は費用の認識原則といえます。
続きを読む

対応とは何か(4)

企業会計の目的である損益計算は収益から費用を差し引いて行います。

損益計算上の大きな課題が収益と費用の認識です。

企業会計原則一Aでは、費用収益を収支に基づいて計上し、発生期間に割当ろといってました。

ただし、未実現収益を損益計算に計上することはできず、収益の認識は実現主義により行われます。

結局、収益は実現、費用は発生による認識が行われ両者の差額で利益が計算されます。

続きを読む

対応とは何か(3)

企業会計の目的は適正な期間損益計算にあり、損益は収益と費用の差額で計算されます。

そこでは収益と費用をいかに認識するかが大きな課題でしょう。

その全体を指示するのが「発生」でした。

損益計算書原則一Aでは、収益費用は収支に基づいて計上し、発生期間に割り振ることとされています。

今日の企業会計が時に「発生主義会計」と呼ばれるのもこのためでしょう。

もっともすべての費用と収益が「発生」をもとに認識されるのではありません。

収益には、限定が加わります。
続きを読む

対応とは何か(2)

利益は収益から費用を差し引いて計算します。

収益や費用をいつ(認識)、いくら(測定)計上するかがわかれば利益も計算できるでしょう。

特に収益や費用の認識が利益計算の大きな課題です。

収益や費用の認識に必要な発生、実現、対応の各重要概念を企業会計原則の規定を手がかりにみていきましょう。
続きを読む

対応とは何か(1)

企業会計の目的は適正な期間損益計算にあります。

資産負債を中心とするアプローチが浸透しつつある今日でも、その軽重の違いはあるにせよ損益計算が重要なことは変わりません。

企業がいくら「もうけた」かの計算、それが損益計算です。

この損益計算の核となる概念に「対応」があります。

費用収益対応の原則という場合の「対応」です。

今回は、この対応概念について考えてみたいと思います。

試験的にももちろん大事です(大ヤマ?)。

お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
続きを読む

資産除去債務の算定(2)

37項は、将来CFとして市場の評価を反映した金額を用いる場合の検討です。
続きを読む

資産除去債務の算定(1)

余りにも読みにくい資産除去債務の算定(36項〜40項)。

来年かなという気もしますが、項ごとに整理してみました。

まずは、36項です。
続きを読む
オススメ
会計人コース 2020年6号 <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
携帯用バーコード
QRコード
bokironkousiをフォローしましょう
記事検索
プロフィール

暮木孝司

スポンサードリンク