税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

キヤッシュ・フロー計算書

キャッシュ・フロー計算書

<テキスト記事一覧>
キャッシュ・フロー計算書
資金の範囲と対象取引
キャッシュ・フロー計算書の区分
キャッシュ・フロー計算書の概要
キャッシュ・フロー計算書の基本的作成方法
間接法によるキャッシュ・フロー計算書の作成


税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧

間接法によるCF計算書の作成

キャッシュ・フロー計算書の作成方法(小計まで)には、直接法と間接法があります。

間接法の取扱いを考えてみましょう。

間接法によるキャッシュ・フロー計算書のスタートは、税引前当期純利益です。
これに、

(1)非資金損益項目の調整

(2)営業外損益、特別損益項目の逆算

(3)資産負債の増減額の調整

を加えて、「小計」を算出します。

小計以後は、直接法・間接法ともに同じです。



【非資金損益項目の調整】

損益(費用と収益)が生ずる項目でも、資金(現金等)のからまない項目があります。

典型的には、減価償却や引当金です。

これらの項目は、資金の出(貸方・現金)がないのに、損益が生じているので、その分だけ税引前利益は減っていても、キャッシュ・フローに影響していません。

例えば、当期の取引が減価償却10だけだとすると、利益は、「△10」ですが、「キャッシュ・フロー」は、ゼロです。

この利益「△10」からキャッシュ・フロー「0」を出すには、減価償却費の10を加算する必要があるのです。

引当金の繰入も同様です。

ただし、引当金の戻入には、逆のことがいえるので、結局は、引当金の増加部分について加算調整(減少部分に減算調整)を行えばよいことになります。



【営業外損益、特別損益項目の逆算】

キャッシュ・フロー計算書は、税引前当期純利益からスタートしますが、いったん小計部分で、損益計算書でいう営業利益に対応する金額を求めます。

このことで、「損益」と「キャッシュ・フロー」の似たようなレベル(損益計算書の営業損益ベース)での比較が可能になります。

ただし、そのためには、いったん営業外損益、特別損益に属する項目を費用→加算、収益→減算という調整が必要です。

この加減算は、実際のキャッシュ・フローではなく、あくまでも「損益計算書」上の数字で行うことに注意しましょう。



【資産負債の増減額の調整】

間接法によるキャッシュ・フロー計算書の作成方法の特徴は、この資産負債の増減額の調整にあります。

結論的には、

資産の増加・負債の減少 → 減算

資産の減少・負債の増加 → 加算

という調整を行います。

このことを売掛金を例に考えてみましょう。

期首売掛金 10

期中現金回収10

期中の取引が、売掛金の現金回収のみであったとすると、

利益 → 0
キャッシュ・フロー → +10

です。

利益「0」からキャッシュ・フロー「+10」に調整するためには、加算調整をする必要があります。

資産負債の増減額の調整に関しては、特に期末に資産が増える時に、減算調整を行うというように、通常の利益計算とは、加減がちょうど逆に働くので、加算減算を間違えやすい点には注意が必要です。

何か工夫をしたいところでしょう。

例えば、最初に資産負債の増減と調整の関係を簡単に書き出してしまう。

また、勘定形式に、資産負債をとって、その借方側が多い(出っ張ってる)ときは、加算、逆に貸方側が多い(出っ張っている)ときは、減算調整という方法もあります。

  資  産
期 首  期 末
 ↓    ↓
加 算  減 算

  負  債
期 末  期 首
 ↓    ↓
加 算  減 算

加減算を間違えないならそれでいいと思います。

しかし、よく間違えるなら「自分にあった対策」を模索すべきでしょう。



【関連記事】
キャッシュ・フロー計算書
資金の範囲と対象取引
キャッシュ・フロー計算書の区分
キャッシュ・フロー計算書の概要
キャッシュ・フロー計算書の基本的作成方法



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧

CF計算書の基本的作成方法

【キャッシュ・フローの意味】

キャッシュ・フローは、仕訳でいえば、次のとおりです。

収入(キャッシュ・イン・フロー) :(借)現  金××× (貸)○○○○×××
支出(キャッシュ・アウト・フロー):(借)○○○○××× (貸)現  金×××

キャッシュ・フロー計算書を作成するのも取引ごとにこれを拾う感じです。

ただし、それでは、ただの集計なので、簿記論の出題で想定されるのは、勘定推定と合わせた出題です。



【勘定推定との関係】

例えば、商品販売が掛のみで行われている場合を考えてみましょう。

売掛金勘定の記入は、以下のとおりです。

    売掛金
(1)期首  (3)回収
(2)売上  (4)期末

もちろん、現金収入の部分は、仕訳でいえば、

(借)現  金××× (貸)売 掛 金××× となる(3)ですから、

この部分を推定(といっても要は引算)で求めます。

とにかく勘定については、頭で考えるよりも実際にT勘定を書くのがいいです。

そして、大事なのは、できるだけ(頭の中で考えた)仕訳を経由させる習慣をつけることでしょう。


頭の中で仕訳を経由させる習慣ができていれば、キャッシュ・フロー計算書の出来不出来は、簿記そのものの力に比例します。

あとは、キャッシュ・フロー計算書独特の論点をおさえていけばよいだけです。

本ブログでキャッシュ・フロー計算書を比較的早期にとりあげた理由でもあります。



【関連記事】
キャッシュ・フロー計算書
資金の範囲と対象取引
キャッシュ・フロー計算書の区分
キャッシュ・フロー計算書の仕組み
間接法によるキャッシュ・フロー計算書の作成



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧

キャッシュ・フロー計算書の仕組み

【キャッシュ・フロー計算書の区分】

キャッシュ・フロー計算書の大きな柱をみておきましょう。

機 ̄超罰萋阿砲茲襯ャッシュ・フロー

供‥蟷餝萋阿砲茲襯ャッシュ・フロー

掘〆睫崖萋阿砲茲襯ャッシュ・フロー

検仝酋盖擇啗酋眛嬰物の増加(減少額)

后仝酋盖擇啗酋眛嬰物の期首残高

此仝酋盖擇啗酋眛嬰物の期末残高


最初の三つの区分は、企業の活動内容に応じて、キャッシュ・フロー(現金の出入)を区別している部分です。

その合計が、「現金及び現金同等物の増加(減少額)です。

これに「現金及び現金同等物の期首残高」を加えて、「現金及び現金同等物の期末残高」になります。

この関係は、「期中増減」+「期首残高」=「期末残高」
という関係を並べただけです。



【現金勘定との関係】
現金勘定の記入とリンクさせてみると(もっとも正確にはリンクしません)、

      現  金
(1)期首残高 (3)期中減少
(2)期中増加 (4)期末残高

ですから、

(2−3)「期中増減」+(1)「期首残高」=(4)「期末残高」

になります。

一度はきっちり確認しておきましょう。



【関連記事】
資金の範囲と対象取引
キャッシュ・フロー計算書の区分
キャッシュ・フロー計算書の仕組み
キャッシュ・フロー計算書の基本的作成方法
間接法によるキャッシュ・フロー計算書の作成



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧

キャッシュ・フロー計算書の区分

【キャッシュ・フロー計算書の区分】

キャッシュ・フロー計算書は次の三つの区分からなります。

(1)「営業活動によるキャッシュ・フロー」

(2)「投資活動によるキャッシュ・フロー」

(3)「財務活動によるキャッシュ・フロー」



【営業活動によるキャッシュ・フロー】

営業活動によるキャッシュ・フローの区分には、損益計算書でいう営業損益計算の対象となった取引や投資活動及び財務活動以外の取引によるキャッシュ・フローが記載されます。

具体的には、商品売買による収支、給与の支払、保険金収入、損害賠償金の支払等がこの区分に記載されます。



【投資活動によるキャッシュ・フロー】
投資活動によるキャッシュ・フローの区分には、投資項目(有価証券・固定資産・貸付金)の取得(貸付)による支出と売却(回収)による収入が記載されます。



【財務活動によるキャッシュ・フロー】
財務活動によるキャッシュ・フローの区分には、資金の調達と返済による収支が記載されます。

具体的には、株式や社債の発行による収入、社債の償還や借入金の返済による支出が記載されます。



【関連記事】
キャッシュ・フロー計算書
資金の範囲と対象取引
キャッシュ・フロー計算書の区分
キャッシュ・フロー計算書の仕組み
キャッシュ・フロー計算書の基本的作成方法
間接法によるキャッシュ・フロー計算書の作成



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧

資金の範囲と対象取引

【資金の範囲】

簿記論では、それほど問題にならないと思いますが、資金の範囲をみておきましょう。

キャッシュ・フロー計算書における資金は、「現金と現金同等物」です。

「現金」には、手許現金だけではなく、要求払預金が含まれます。

「要求払預金」とは、普通預金や当座預金等の預金者の求めに応じて、いつでも引き出せる預金です。

「現金同等物」とは、換金が容易で、価格変動リスクを負わない(価格があまり上下しない)短期(通常は3月程度)の投資をいい、定期預金等が該当します。



【キャッシュ・フロー計算書に記載されない取引】

キャッシュ・フロー計算書に記載するのは、この資金の流れ(出と入)です。

資金の流れの伴わない取引はキャッシュ・フロー計算書に記載されません。

また、資金相互間の取引(仕訳にすると借方・貸方のいずれもが資金である取引)もキャッシュ・フロー計算書には記載されません。



【関連記事】
キャッシュ・フロー計算書
キャッシュ・フロー計算書の区分
キャッシュ・フロー計算書の仕組み
キャッシュ・フロー計算書の基本的作成方法
間接法によるキャッシュ・フロー計算書の作成



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧

キャッシュ・フロー計算書の意義

【キャッシュ・フロー計算書の考え方】

キャッシュ・フロー計算書(CF計算書)は、資金のフロー(流れ=出と入)を示す財務諸表です。

その重要性は増しており、税理士試験でも必須です。



【損益計算書とキャッシュ・フロー計算書】

損益計算書はいわば「財産」のフロー表です。

キャッシュ・フロー計算書は、「資金」のフロー表です。


【損益計算書】
収益(財産の増)−費用(財産の減)=純利益



【キャッシュ・フロー計算書】

現金収入(現金の入)−現金支出(現金の出)=キャッシュ・フロー

「入」が多ければ「プラス」で、「出」が多ければ「マイナス」です。



【仕訳との関係】

キャッシュ・フローとカタカナになると私も若干、引きますが、要は「現金収入・現金支出」です。

具体的には、次の仕訳の取引でキャッシュ・フローが生じます。

(借)現金××× (貸)○○××× ← キャッシュ・イン・フロー

(借)○○××× (貸)現金××× ← キャッシュ・アウト・フロー



【関連記事】
資金の範囲と対象取引
キャッシュ・フロー計算書の区分
キャッシュ・フロー計算書の概要
キャッシュ・フロー計算書の基本的作成方法
間接法によるキャッシュ・フロー計算書の作成



税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧
オススメ
       <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
新着コメント
livedoor プロフィール
記事検索
携帯用バーコード
QRコード
リンク
     税理士試験 簿記論 講師日記は、Yahoo!JAPAN登録サイトです       bokironkousiをフォローしましょう         
スポンサード・リンク
bokironkousiをフォローしましょう
  • ライブドアブログ