税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

概念フレームワークの基礎知識

概念フレームワークの基礎知識 擲鞠哀侫譟璽爛錙璽とは】

【概念フレームワークとは】
1 概念フレームワークは、財務会計の基礎にある考え方のまとめである。

2 概念フレームワークには、具体的な財務会計のルールの記述はない。

3 概念フレームワークは、会計基準を作成する際の基礎になる。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識◆攤睫格鷙陲量榲】

【財務報告の目的】
1 財務報告の目的は、投資家の意思決定に資する投資のポジションと成果を測定して開示することである。

2 株主と債権者の利害調整等は副次的な目的と位置付けられている。

3 投資のポジションは貸借対照表で示され、投資の成果は損益計算書で示される。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識【投資家】

【投資家】
1 概念フレームワークが想定する開示の対象者は投資家である。

2 投資家とは、証券市場で株式や社債を売買する者をいう。

3 投資家は、情報に精通したプロの投資家を指す。



続きを読む

概念フレームワークの基礎知識ぁ擴餬彎霾鵑亮租特性】

【会計情報の質的特性】
1 最も基本的な会計情報の質的特性は意思決定有用性である。

2 意思決定有用性を支える特性に意思決定との関連性と信頼性がある。

3 意思決定有用性の一般的制約となる特性に内的整合性と比較可能性がある。

4 比較の視点には時系列比較と企業間比較がある。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識ァ攤睫浬表の構成要素の種類】

【財務諸表の構成要素の種類】
1 貸借対照表の構成要素として資産、負債、純資産、株主資本があり、損益計算書の構成要素として純利益、収益、費用がある。

2 包括利益計算書の構成要素として包括利益があるが、連結財務諸表のみで開示される。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識Α攣饂塞藝張▲廛蹇璽繊

【資産負債アプローチ】
1 概念フレームワークの資産負債アプローチとは、資産と負債を独立して、他の構成要素に先立って定義するアプローチをいう。

2 資産と負債を先に定義するのは、資産と負債を最も重視するからではなく、定義のしやすさ等の便宜上の理由による。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識А攴稷益と株主資本の重視】

【純利益と株主資本の重視】

1 財務諸表の構成要素の中では純利益が最も重視される。

2 株主資本は、純利益との関係で重視される。

3 純利益の重視は、会計学の研究(実証研究)の結果による。
続きを読む

概念フレームワークの基礎知識─攣饂困猟蟲繊

【資産の定義】

1 資産とは、過去の取引または事象の結果として報告主体が支配している経済的資源をいう。

2 経済的資源とは、キャッシュの獲得に貢献する便益の源泉をいう。

3 資産は他の構成要素から独立して定義されるが、資産の定義から測定値が一律には導かれない。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識【負債の定義】

【負債の定義】

1 負債とは、過去の取引または事象の結果として報告主体が支配している経済的資源を放棄、もしくは引き渡す義務又はその同等物をいう。

2 負債は他の構成要素から独立して定義されている。

3 負債は、法的な債務とは異なる。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識【純資産の定義】

【純資産の定義】

1 純資産とは、資産と負債の差額である。

2 純資産を資産と負債の差額とすることで支払能力等の財政状態を示すことができる。

3 純資産は、株主資本と株主資本からなる。

4 資本取引による以外の純資産の変動額が包括利益である。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識【株主資本の定義】

【株主資本の定義】

1 株主資本とは、純資産のうち株主に帰属する部分である。

2 純利益は株主資本を変動させる。

3 連結財務諸表における株主資本は、純資産のうち親会社株主に帰属する部分である。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識【概念フレームワークに規定されていないもの】

【概念フレームワークに規定されていないもの】

1 概念フレームワークには、キャッシュ・フロー計算書の構成要素に関する規定はない。

2 概念フレームワークには、具体的な会計処理や財務諸表の形式等の規定はない。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識【一致の原則】

【一致の原則】

1 ネット・キャッシュフローは各期の利益の合計額に等しい。

2 リサイクリングをしないと純利益に関する一致の原則は満たさない。

3 収益はキャッシュ・インフローを基礎とし、費用はキャッシュ・アウトフローを基礎とする。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識【財務諸表における認識】

【財務諸表における認識】

1 財務諸表における認識とは、構成要素を財務諸表の本体に計上することをいう。

2 財務諸表項目の認識は、原則として契約の一方の履行が契機となる。

3 いったん認識した資産負債の価値の変動も新たな構成要素の認識の契機となる。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識【財務諸表における測定】

【財務諸表における測定】

1 財務諸表における測定とは、財務諸表に計上される項目の金額を決定することをいう。

2 貸借対照表に計上される資産や負債の金額を決定することを評価という。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識亜攤合測定】

【混合測定】

1 資産の測定(評価)は、その保有目的に応じて異なる。

2 企業が行う投資は、その保有目的により金融投資と事業投資に区別される。

3 金融投資は、時価で評価し、評価差額を損益とする。

4 事業投資は、取得原価で評価し、取得原価を費用配分する。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識院擽睛仕蟷颪琉婬舛伴鑪燹

【金融投資の意義と種類】

1 金融投資とは、時価の変動により利益を得ることを目的として保有する投資をいう。

2 金融投資には、売買目的有価証券、トレーディング目的で保有する棚卸資産及びデリバティブ取引により生じる正味の債権及び債務がある。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識押擽睛仕蟷颪良床繊

【金融投資の評価】

1 金融投資は、時価の変動による利益の獲得を目的としているため、時価で評価する。

2 時価とは公正な評価額をいい、市場価格とその推定値を含む。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識魁攣業投資の意義と種類】

【事業投資の意義と種類】

1 事業投資とは、使用や販売を目的とした投資をいい、通常の販売目的で保有する棚卸資産や有形固定資産等がある。

2 事業投資は、のれん価値の実現を期待した投資である。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識粥攣業投資の評価】

【事業投資の評価】

1 事業投資は、時価の変動を期待した投資ではなく、一般にのれん価値の実現まで取得原価で評価する。

2 事業投資を取得原価で評価するのは、取得原価を費用配分し、これと実現収益とを対応させた損益計算を行うためである。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識21【投資のリスクからの解放】

【投資のリスクからの解放】

1 投資のリスクとは、投資の成果の不確定性をいい、純利益は、投資がリスクから解放されたときに計上する。

2 投資がリスクから解放されるとは、投資にあたって期待された成果が事実として確定することをいう。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識22【収益の認識】

【収益の認識】

1 収益は投資がリスクから解放されたときに計上する。

2 通常は、キャッシュの獲得により投資がリスクから解放されたとみられる。

3 キャッシュ・インフローをリスクから解放された期間に帰属させたのが収益である。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識23【費用の認識】

【費用の認識】

1 費用は投資がリスクから解放されたときに計上する。

2 キャッシュ・アウトフローをリスクから解放された期間に帰属させたのが費用である。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識24【金融投資の損益認識】

【金融投資の損益認識】

1 金融投資は、時価の変動による利益の獲得を期待した投資であり、その期待の確定額である帳簿価額と時価との差額を当期の損益とする。

2 金融投資の評価損益には、売買目的有価証券の評価損益がある。



続きを読む

概念フレームワークの基礎知識25【事業投資の損益認識】

【事業投資の損益認識】

1 事業投資は、のれん価値の実現を期待した投資であり、その期待が実現するまでは取得原価(未償却原価)で評価する。

2 のれん価値の実現による収益と取得原価を費用として配分した金額との差額で期間損益計算を行う。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識26【費用と損失】

【費用と損失】

1 伝統的には、原価性の有無により費用と損失を使い分ける場合が多い。

2 概念フレームワークでは、費用と損失に本質的な違いはない。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識27【包括利益の定義】

【包括利益の定義】

1 包括利益とは、純資産の変動額のうち資本取引によらない部分である。

2 包括利益は、純利益にその他の包括利益を加減することにより計算する。

3 包括利益の定義と計算の仕方が異なるのは、有用性の高い純利益を示し、ここから包括利益の計算を行うためである。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識28【資本取引の定義】

【資本取引の定義】

1 資本取引とは、純資産に対する持分所有者との直接的取引をいう(包括利益の場合)。

2 純資産に対する持分所有者には、株主以外に新株予約権者、非支配株主がいる。

3 資本取引とは、株主との直接的取引をいう(純利益の場合)。
続きを読む

概念フレームワークの基礎知識29【純利益の定義】

【純利益の定義】

1 純利益とは、純資産の変動額のうち当期にリスクから解放された投資の成果である。

2 投資のリスクとは、投資の成果の不確定性をいう。

3 投資のリスクからの解放とは、投資にあたって期待された成果が事実として確定することをいう。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識30【収益の定義】

【収益の定義】

1 収益とは、純利益の増加項目をいう。

2 収益はキャッシュ・インフローを基礎とし、投資がリスクから解放されたときに計上する。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識31【費用の定義】

【費用の定義】

1 費用とは、純利益の減少項目をいう。

2 費用はキャッシュ・アウトフローを基礎とし、投資がリスクから解放されたときに計上する。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識32【包括利益と純利益の関係】

【包括利益と純利益の関係】

包括利益からリスクから解放されていない部分を控除し、当期にリスクから解放された部分を加えると純利益になる。



続きを読む

概念フレームワークの基礎知識33【リサイクリング】

【リサイクリング】

1 リサイクリングとは、過去のその他の包括利益の純利益への振替えをいう。

2 過去の包括利益を当期の純利益に含め、そこから包括利益の計算を始めるため、包括利益の計算上は同額を控除するが、この控除額を組替調整額という。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識34【のれん】

【のれん】

1 時価をこえる使用価値がのれんであり、のれんは超過収益力を源泉とし、資産性を有する。

2 のれんには、対価性のある買入のれんと対価性のない自己創設のれんがある。

3 自己創設のれんは、超過収益力を源泉としており、資産の定義には該当する。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識35【自己創設のれん】

【自己創設のれん】

1 対価性のないのれんである自己創設のれんの計上は、企業の自己評価・自己申告であり、財務報告の目的に反し、認められない。

2 自己創設のれんを計上し、収益を認識することは収益の認識基準としての実現主義に反する。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識36【認識の契機】

【認識の契機】

1 契約のみでは財務諸表項目は認識せず、原則として契約当事者の一方の履行を契機に認識する。

2 金融資産や金融負債は契約で認識し、時価の変動により損益を認識することがある。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識37【取得原価】

【取得原価】

1 取得原価とは、資産を取得した対価をいう。

2 原始取得原価とは、実際に取得した資金の額をいい、未償却原価とは原始取得原価のうちまだ費用とならない部分であり、いずれも広義の取得原価である。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識38【市場価格】

【市場価格】

1 市場価格とは、流通市場の価格をいい、単一市場の価格である。

2 市場価格は、売買目的有価証券等の金融投資の評価に用いられる。

3 市場性と換金性が金融資産の特徴である。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識39【再調達原価】

【再調達原価】

1 再調達原価とは、購買市場の価格をいう。

2 再調達原価は、再び資産を購入する際の資金量を示す。

3 再調達原価は、棚卸資産の期末評価における正味売却価額の代替として用いられる。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識40【正味売却価額】

【正味売却価額】

1 正味売却価額とは、売却市場の価格から見積販売経費を控除した金額をいう。

2 正味売却価額は、資産を売却することで手にする資金量を示す。

3 正味売却価額は、棚卸資産の期末評価や固定資産の減損処理に用いられます。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識41【割引価値】

【割引価値】

1 割引価値とは、資産の利用から得られる将来CFを一定の割引率で割り引いた測定値をいう。

2 利用価値(使用価値)とは、資産の利用から得られる期待CFをその時点の割引率で割り引いた測定値をいう。

3 利用価値は、固定資産の減損処理に用いられる。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識42【被投資企業の純資産額に基づく額】

【被投資企業の純資産額に基づく額】

1 被投資企業の純資産額に基づく額とは、被投資企業の純資産のうち、投資企業の持分に対応する額をいう。

2 非上場企業の簿価切下げや投資勘定の評価方法の一種である持分法を適用した場合の測定値です。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識43【支払予定額】

【支払予定額】

1 支払予定額とは、負債の返済に要する将来キャッシュフローを単純に合計した金額をいう。

2 支払予定額により測定する負債には、買掛金や借入金がある。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識44【現金受入額】

【現金受入額】

1 現金受入額とは、財・サービスを提供する義務の見返りに受け取った現金等の金額をいう。

2 現金受入額により測定する負債には、前受金がある。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識45【交換に着目した収益の測定】

【交換に着目した収益の測定】

1 交換に着目した収益の測定とは、財やサービスを第三者に引き渡すことで獲得した対価によって収益をとらえる方法をいう。

2 交換に着目して収益を測定する例には、商品販売における売上収益の測定がある。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識46【市場価格の変動に着目した収益・費用の測定】

【市場価格の変動に着目した収益・費用の測定】

1 市場価格の変動に着目した収益・費用の測定とは、資産や負債の市場価格の変動によって収益・費用を捉える方法をいう。

2 市場価格の変動に着目した収益・費用の測定の例には、売買目的有価証券の評価損益がある。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識47【契約の部分的な履行に着目した収益・費用の測定】

【契約の部分的な履行に着目した収益・費用の測定】

1 契約の部分的な履行に着目した収益・費用の測定とは、財やサービスを継続的に提供する契約が存在する場合、契約の部分的な履行に着目して収益をとらえる方法をいう。

2 契約の部分的な履行に着目した収益・費用の測定の例に受取利息や支払利息がある。


続きを読む

概念フレームワークの基礎知識48【被投資企業の活動成果に着目した収益・費用の測定】

【被投資企業の活動成果に着目した収益・費用の測定】

1 被投資企業の活動成果に着目した収益・費用の測定とは、投資企業が被投資企業の成果の獲得に応じて投資勘定を増減させて収益・費用をとらえる方法をいう。

2 この測定値には、持分法による投資損益がある。

続きを読む

概念フレームワークの基礎知識49【利用の事実に着目した費用の測定】

【利用の事実に着目した費用の測定】

1 利用の事実に着目した費用の測定とは、資産の利用による消費や価値の減耗に基づく費用の把握方法である。

2 利用の事実に着目した費用の測定には、減価償却がある。



続きを読む

概念フレームワークの基礎知識50【費用配分】

【費用配分】

1 費用配分は、原始取得原価の計画的・規則的な費用配分である。

2 原始取得原価の配分を原価配分ということもある。

3 費用配分の典型が有形固定資産の減価償却である。

続きを読む
オススメ
       <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
携帯用バーコード
QRコード
bokironkousiをフォローしましょう
記事検索
プロフィール

暮木孝司

スポンサードリンク