税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

本のご紹介

税理士試験 理論問題 でる順予想号

会計人コースの別冊、理論問題の予想号です。

財表が特にいいですね。

専門学校8校が問題を競作し、それをランキング化しています。

このランキングで専門学校での予想がわかるという優れもの。

もはや定番になった感がありますね。

今年は、一位以外はちょっとバラけたようです。



問題数もかなり掲載されていて財表単独でも充分価値ありです。

財務諸表論の理論対策にオススメです。

問題だけが掲載されているのもありますが、皆さんもぜひご自分で解答を作ってみてください(私も作ります)。

ランキング上位にあげられている項目は、「模範解答をまわす」のではなく、実際に異なる人が作った同分野についての複数の問題を「書いて解答する」のがもっとも学習効果が高いです。

ぜひ、実際に書く素材としてご活用ください。



会計人コース7月号(2011年)

会計人コース7月号のご紹介です。



付録は、税理士・会計士・簿記1級 駆けこみ合格ドリルです。

3時間で頻出論点を総仕上げですよ。

これはかなりよさ気です。

15の論点を2段階(基本と本試験)の問題で確認ってことですね。

1ページずつに問題があって、とても解き易そう。

これはオススメです。

ちっちゃな個別問題集をインプットの確認にどうぞ。



本編は、予想色満載。

今年のヤマはココだ!は、実際の出題者と同じ立場(学者・実務家)の方の作問による簿・財の予想問題です。

この視点(学者・実務家)はとても重要で、本試験とその他の問題との微妙な違いはここにあると思ってよいでしょう。

基本が変ることはありませんが、本試験レベルの問題はちょっと違うんですね。

どこが違うかはぜひ現物で確認してください。

簿記論の学者問題、財表の理論問題、計算問題という出題の傾向と対策、そして実際の問題です。



簿・財60分総合問題でつかむ 獲る問・捨て問見きわめの極意

獲る問・捨て問という言い方ははじめて聞きました。

今度から使うかな。

でも、これが大事なんですよね。

もうとにかく大事です。

そのためには修行ですな。

ぜひ獲る問・捨て問見きわめの極意を身につけてください。



会計士受験生の就活対策 絶対内定2011、簿財W合格道場の実力テストと盛りだくさん。

普段の連載も予想色が濃くなってます。

とくにヤマっ気のある理論問題を複数キープして解きたい方にはもってこいではないでしょうか。


「弾丸ラストスパート」を目指しましょう!


●簿・財W合格道場
1 暗記いらずの”計算脳”養成ゼミ
2 基本書・法規集でマスターする財表理論
●ハイパー・トレーニング(全科目)




税理士試験 直前予想問題集 平成23年

いやー、そろそろ予想問題集の時期ですね。

いずれも本試験形式の2時間の予想問題集。専門学校の競作という形の問題集です。

予想のお供にどうぞ。




会計人コース6月号(2011年)

会計人コース6月号のご紹介です。


付録は、総合問題のトリセツ〔取扱説明書〕

簿記論、そして財務諸表論の計算で重要なのが問題を解くこと。

多くの問題に接するのが大事ですよね。

総合問題5題の付録です。

試験まであと3月。

バリバリ総合問題を解いてがんばりましょう!



特集1は、スランプ脱出クリニック

なかなか成果がでない。

ヤル気がでない。

ミスが多い。

いや、人ごとじゃありませんね。

そんな声に答えてくれます。

私も読みます。



特集2は、財表理論うかる答案、ダメな答案

理論のアプローチを具体的な答案例をもとにした解説です。

財表受験の方のお悩みは理論でしょう。

理論学習は多面的に行いたいです。

おともにどうぞ。



●会計士超速合格ナビ
 計算マスター編
 論分マスター編
●簿・財W合格道場
1 暗記いらずの”計算脳”養成ゼミ
2 基本書・法規集でマスターする財表理論
●脱基礎レベル!なるほど簿記塾
●ハイパー・トレーニング(全科目)



会計人コース5月号(2011年)

会計人コース5月号のご紹介です。


付録は、連結会計早わかり。

税理士試験でも連結の知識は必要です。

簿記論での出題があり、財務諸表論での大問での出題も想定されます。

この機会に連結とじっくり付き合ってみてはいかがでしょうか。



特集1は、3カ月逆転の簿財学習法。

スゴ技満載ですく使えます。



特集2は、包括利益・過年度遡及修正基準はこう出題される。

新しい基準としてのこの2つの基準は外せません。

包括利益基準は、基準の出来たタイミングからすると出題には早いという気がしないでもありません。

しかし、新しい基準は「表示」に関する基準です。

基礎概念はこれまでも概念フレームワークで示されていました。

その意味で出題の可能性はタイミング的に早いということはないと思います。

つまりは、両方ともやっておくべきとうのが結論ですね。


特集3は、総合問題アウトプットトレーニング<簿記一巡編>です。

簿記一巡は、とっても重要。

簿記一巡を意識した総合問題の演習をしっかりと行いましょう。



●会計士超速合格ナビ
 計算マスター編
 論分マスター編
●簿・財W合格道場
1 暗記いらずの”計算脳”養成ゼミ
2 基本書・法規集でマスターする財表理論
●脱基礎レベル!なるほど簿記塾
●ハイパー・トレーニング(全科目)


財務会計講義(第12版)

財務諸表論の定番テキスト「財務会計講義」の最新版(第12版)が出ました。

至高のテキストがさらにパワーアップ。

受験生の方から基本書をベースに学習したいとご相談をうけたときは、この本をオススメしています。

学習項目が増える一方の財務諸表論ですが、ページをおさえている点がポイントでしょう。

ボリュームの大きな本では他にオススメもあるのですが、この厚さではピカ一です。

制度改正とこれからの制度改正もきちんとフォローされ、値段も11版より200円下がってますね。

皆さんも、ぜひご一読を。



会計人コース4月号(2011年)

会計人コース4月号のご紹介です。


付録は、点数がアップする電卓テクニック。

電卓の早い人の「音」をきいてると気持ちいいですよね。

そんな人は、間違いなく電卓のテクニックも上級者です。

試験での大きな武器。

電卓をうまく使いこなすノウハウ満載ですな。



特集1は、社債や減損といった頻出論点で学ぶ簿記のツボ。

チェックリストとフローチャーとで押さえようって寸法ですな。



特集2は、「米国CPAチャレンジガイド」です。

IFRSの関係もあってか注目資格の一つですね。



●会計士超速合格ナビ
 計算マスター編
 論分マスター編
●簿・財W合格道場
1 暗記いらずの”計算脳”養成ゼミ
2 基本書・法規集でマスターする財表理論
●脱基礎レベル!なるほど簿記塾
●ハイパー・トレーニング(全科目)



会計人コース3月号(2011年)

会計人コース3月号のご紹介です。


おっ、試験委員が発表されてたんですね。

簿記論の新任は、佐藤信彦先生、財務諸表論は佐々木重人先生です。



付録は、過去問で学ぶ財務諸表論。

過去問を素材に実際に書いてみよう!ってことですね。

実際の出題形式である「穴埋め」→「論述」と徐々にパワーアップ!

特に論述は、そのロジックに着目しています。

大事ですよね。

スジを追うこと。

きちんとロッジクを追う方が面倒ですが、トータルで記憶の定着への「近道」です。

ボリューム満点。

ぜひ、財務諸表論学習の座右銘にしてください。



特集1は、【簿・財】60分で一気にできる!重要論点定着度チェックです

スパルタ式計算ドリル連続企画ですね。

今回は基礎編からの総合問題です。


特集2は、平成23年税制改正天気予報です。

毎年、気になる税制改正。

コンパクトに傾向をさらっておきましょう。

●会計士超速合格ナビ
 計算マスター編
 論分マスター編
●簿・財W合格道場
1 暗記いらずの”計算脳”養成ゼミ
2 基本書・法規集でマスターする財表理論
●脱基礎レベル!なるほど簿記塾
●ハイパー・トレーニング(全科目)


会計人コース1月臨時増刊号(2011年)

会計人コース、1月臨時増刊号(7カ月合格!スタート号)のご紹介です。

黄色の表紙が目立ちます。

計算(+理論)に必要な力を分けて、それぞれを自己診断するってことですね。

考えましたねえ。

知識力、集計・スピード力、読解力、理論力、総合力それぞれの自己診断問題。

それに、

合格相談室、バーチャル山ごもり学習法、過去問で本試験攻略!、1000時間合格法といったナビ付。

これから簿記論、財務諸表論を目指す方にオススメです。



会計人コース1月号(2011年)

会計人コース1月号のご紹介です。


付録は、簿・財 総合問題のトリセツ 入門編

総合問題が6問。

小さな総合問題から入ってますね。

総合問題が苦手な方にいいんじゃないでしょうか。




特集は、3つ。

簿財 税法科目別 リベンジ合格までのロードマップ

早わかり”概念フレームワーク”

税法学習はじめの一歩



就活リアルレポート 第1弾 税理士編



●会計士超速合格ナビ
 計算マスター編
 論分マスター編
●簿・財W合格道場
1 暗記いらずの”計算脳”養成ゼミ
2 基本書・法規集でマスターする財表理論
●脱基礎レベル!なるほど簿記塾
●ハイパー・トレーニング(全科目)




会計人コース12月号(2010年)

会計人コース12月号のご紹介です。


付録は、図解会計基準

これはいいですね。

新しい会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準や包括利益の表示に関する会計基準も入っています。

キーワード等が書き込み式になっていて、穴埋め対策にもなります。

冒頭の学習のポイント、間に入っている図解もとても参考になります。

オススメです。




特集1は会計士・税理士・簿記1級に効く!数的センス要請ゼミナール

簿記・会計で必要な数字のセンスを磨こうってことですね。



特集2は、税理士・会計士のキャリア・プラン(実践編)です。

就職・転職を成功させるには何が必要か?

具体的な転職事例、身につけるべきスキルについて、細かく解説されています。


特集3は、合格力をつける熱血メンタル相談室

合格する人には共通する特徴がある。

何?


●会計士超速合格ナビ
 計算マスター編
 論分マスター編
●簿・財W合格道場
1 暗記いらずの”計算脳”養成ゼミ
2 基本書・法規集でマスターする財表理論
●脱基礎レベル!なるほど簿記塾
●ハイパー・トレーニング(全科目)


会計人コース11月号(2010年)

会計人コース11月号。

発売されましたね。


付録は、簿・財スパルタ式計算ドリル

30日完成を目指した税理士・会計士・簿記1級対応の問題集です。

基礎論点が中心ですね。



特集1は、平成22年税理士・会計士本試験にみる財表理論学習のツボ

税理士・会計士試験の本試験の分析から必要な理論学習のツボを探ってます。


特集2は、税理士・会計士のキャリア・プラン(適正診断編)です。

適正診断フローチャートというのがありますね。

より具体的なキャリア・プランを想い描いて、将来ビジョンを明確にすることがヤル気のアップにもつながりますね。


●平成22年 会計士論文試験 出題分析と対策

●会計士超速合格ナビ
 計算マスター編
 論分マスター編
●簿・財W合格道場
1 暗記いらずの”計算脳”養成ゼミ
2 基本書・法規集でマスターする財表理論
●脱基礎レベル!なるほど簿記塾
●ハイパー・トレーニング(全科目)


会計法規集(新版 第2版)

会計法規集の最新版、出ましたね。

この版で来年の試験は大丈夫です。

この時期に出る会計法規集に収録されていない(今後でる)会計基準は、過去の実績からいっても出題されていません。

買い替えのタイミングとしてはベストです。







なぜ、会計法規集をすすめるのか?
続きを読む

企業会計小六法

従来の監査小六法の後継版です。

今回は冒頭に概念フレームワークがのっかりましたね。

会計法規集にはのっていない適用指針等があるのが魅力で、ギリギリ片手で持てるかなという重量です。

受験で使うにはちょっと厳しいかもしれませんが、ヘビィーを自認する方はぜひどうぞ(何のヘヴィーだか)。



会計人コース10月号(2010年)

会計人コース10月号のご紹介です。


付録は、会計士論文式の問題と解答。

各種試験(税理士、会計士、日商一級)には、相違点もありますが、共通の傾向もあります。

税理士受験生も何が、どう出題されているかに目を通しておくとよいでしょう。



第60回の税理士試験出題分析もありますね。

昨年、財務諸表論に合格できなかった受講生が本試験の問題を解き直して「なんで落ちたかわかりました」と言っていたのが印象的でした。

まずはどこがよくて、何が悪かったのかを把握することが重要でしょう。



今号のテーマは秋。

秋を制すものが受験を制す

ま、マジですか?

っていうかまだ暑いですが。



●第60回 税理士試験出題分析

●診断テストで早めの生活習慣改善!働きながら合格する方法
●会計士 短期合格のコツとは?
●会計士受験生のための会計人コース活用術

●簿・財W合格道場
1 暗記いらずの”計算脳”養成ゼミ
2 基本書・法規集でマスターする財表理論
●脱基礎レベル!なるほど簿記塾
●ハイパー・トレーニング(全科目)



会計人コース9月号(2010年)

会計人コース9月号のご紹介です。


付録は、本試験の問題解説。

まずは、本試験をふりかえり、来年に向けてスタートしましょう!!



今月号から新たな連載がスタートしています。

これまでに購入したことのない方が購入するには一番いいタイミングですね。

特に独学の方には、オススメです。



今号の目玉は、簿財合格を目指した簿・財道場です。

今年の財務諸表論の計算をみると簿記論を同時受験していた方の方がはるかに手がけやすかったといえます。

仮にいずれかしか受験しないにせよ他を意識しておくことはムダにはなりません。

動画の配信とも連動しています。

動画にツイッター(かなり積極的に投稿されています。私もやろうかしら)と意欲的な会計人コースのホームページはこちらです。

会計人コース


●付録 税理士試験全問題と模範解答

●税理士受験生の就活マニュアル
●合格発表までどう過ごす?
●会計人コース超活用法

●簿・財W合格道場
1 暗記いらずの”計算脳”養成ゼミ
2 基本書・法規集でマスターする財表理論
●脱基礎レベル!なるほど簿記塾
●ハイパー・トレーニング(全科目)


会計人コース8月号(2010年)

会計人コース8月号のご紹介です。


試験まで残すところあと1月。

まるごと本試験予想号です。



別冊付録は、「本命論点 超速マスター」簿・財+メンタルサポート


特集は理論問題の最終予想です(財務諸表論、法人税法、消費税法)。

別冊(でる順予想号)での分析者の出題です。

財表は、ハイパートレーニングも予想問題なので、都合13問の予想問題があります。

別冊付録もあわせると予想色の濃い問題は3〜4問集まりますので、ぜひ有効活用してください。



●簿・財合格実践ゼミ
1 並木講師の計算力UPエクササイズ
2 千葉講師のスパルタ総合問題
●ハイパー・トレーニング(全科目)
●会計士アタック集中講座(財・管・監・租・経営)



過去問の活用

そういえばこのブログで過去問の利用法にあまり触れていませんでした。

過去問は初期段階から積極的に活用すべきですが、簿記論では難易度が高すぎて、最初からみているとイヤになってしまう可能性もあり、じっくり解くことは、あまりオススメしていません。

ただ部分参照はおおいにすべきでしょう。

この点は財務諸表論の計算も同じです。



この時期からの利用方法としては、制限時間内での取捨選択の練習での利用です。

初見の過去問を2時間でどれだけとれるかを確認するのによいでしょう。

ただし、複数回繰り返し解くのに適していない(難易度が高すぎる等)ケースもあるので注意が必要です。



財務諸表論の理論では、どのような形で実際の本試験が出題されているかを確認するのに活用しましょう。

過去2年の第一問の出題については、その形式等も含めて、検討の価値があると思います。










全経上級テキスト

日商簿記検定に比べるとちょっとマイナーな全経。

上級合格で税理士試験の受験資格が与えられるのは日商一級と同じなんですけどね。

商業簿記・会計学の上級は、日商一級よりも税理士試験に近いです。

って、本年度から財務諸表論の試験委員になられた山田先生のご執筆がありますね。

税理士試験の予行演習のつもりで受験してみてはいかがでしょうか。

全経上級、唯一の公式テキストです。




税理士・理論問題 でる順予想号

会計人コースの別冊、理論問題の予想号です。

財表が特にいいです。

専門学校8校に問題作成を依頼し、それをランキングしています。

昨年はランキング1位の棚卸資産基準が出題されました。

ここ数年上位1〜2位の項目が実際に出題されています。

今年のランキング1位は?

って、工事契約基準じゃねえのかよ。

おっと、独り言です。

でも、ランキングを見れば納得かな。


問題数もかなり掲載されていて財表単独でも充分価値ありです。

財務諸表論の理論対策にオススメします。

問題だけが掲載されているのもありますが、皆さんもぜひご自分で解答を作ってみてください(私も作ろうっと)。

ランキング上位にあげられている項目に関しては、「模範解答をまわす」のではなく、実際に異なる人が作った問題を「書いて解答する」ことがもっとも学習効果が高いです。




会計人コース7月号(2010年)

会計人コース7月号のご紹介です。


試験まであと2月。

いよいよ予想色が強まってまいりました。



別冊付録1は、「税理士 簿・財予想問題」です。

2時間での本試験形式の予想問題です。


別冊付録2は、「会計士第2回短答式問題と解答」です。

税理士試験の先行指標となる会計士試験の短答式試験の問題と解答です。

特に新しい基準等がどう試験問題に反映されているかは今年の税理士試験を占う意味でも重要でしょう。


特集は、2つ。

●財務諸表論「ここまで書ければ合格答案」

問題の読み方、思考プロセス、答案の書き方を学びましょう。


●簿記論「○×で鍛える!解答力スピードチェック」

知識の確認、問題の読み取りの気軽なチェックにどうぞ。


●簿・財合格実践ゼミ
1 並木講師の計算力UPエクササイズ
2 千葉講師のスパルタ総合問題
●ハイパー・トレーニング(全科目)
●会計士アタック集中講座(財・管・監・租・経営)



税理士試験 直前予想問題集

いやー、そろそろ予想問題集の時期ですね(←って、あなたバリバリ予想してるやん)。

いずれも本試験形式の2時間の予想問題が5問、専門学校5校の競作という形の問題集です。






第60回税理士試験 簿記論・財務諸表論3ステップ式計算マスター

会計人コース5月臨時増刊号のご紹介です。

本編は、段階を踏まえた計算攻略です。

3回を目指したってことですね。



付録が財務諸表論の理論の一問一答です。

この位の小さい問題からスタートするのが理論学習としてはグットです。

それを自分視点でちょっとずつ大きくしていく。

オススメです。



会計人コース6月号(2010年)

会計人コース6月号のご紹介です。


税理士試験の受験用紙の配布がはじまっています。

実施要領がのってますね。


別冊付録は、「簿記論・財務諸表論 総合問題攻略テクニック」です。

総合問題に苦手意識を持つ方は多いハズ。

実際の総合問題を例にしっかり取り組んでみましょう。


特集は、「失敗例から学ぼう!直前期に超伸びる学習法」です。

具体例、メンタル面と具体的に考えておいて損はないですね。

どうあがいてもラスト3月。

効率的に学習を進めたいところです。


●簿・財合格実践ゼミ
1 並木講師の計算力UPエクササイズ
2 千葉講師のスパルタ総合問題
●ハイパー・トレーニング(全科目)
●解いて覚える財表理論
●会計士アタック集中講座(財・管・監・租・経営)」



ゼミナール現代会計入門(第8版)

伊藤邦雄先生のテキスト最新版です。

やや上級向きのテキストといえるかもしれません。

興味のある方はどうぞ。


財務会計講義(第11版)

桜井久勝先生の「財務会計講義」の改訂版です。

財務諸表論のテキストとして最適ではないでしょうか。

しっかり学習したい方にオススメです。


会計人コース5月号(2010年)

会計人コース5月号のご紹介です。



付録は、税理士・会計士・簿記1級[頻出]出る問セレクト30

 ―个襪箸海世韻鮓形!

◆.好マ時間に解ける!

 本誌連載と完全リンク!

完全1ページ1問の問題30問です。



特集は、「トピック会計基準の重要キーワード」

学者の視点をクローズアップして、穴埋めでチェック。


もう一つが、計算と理論に使える!

暗記がすすむ3つの秘訣

です。




●簿・財合格実践ゼミ
1 並木講師の計算力UPエクササイズ
2 千葉講師のスパルタ総合問題
●ハイパー・トレーニング(全科目)
●解いて覚える財表理論
●会計士アタック集中講座(財・管・監・租・経営)」



会計法規集(新版)

会計法規集の最新版です。

判型が変わって、横組になりました。

字も少し大きくなりました。

これまで収録されていなかった繰延資産に関する当面の取り扱いも載ってますね。

まだ購入されていない方はこの機会にどうぞ。



繰り返しになりますが、最強の財務諸表論の学習方法は会計基準の学習です。

このことは過去数年の実際の出題を見るとよくわかります。

会計基準からの出題時にはほぼ会計法規集から解答が可能ですが、理論テキストでは解答できないということは実は珍しくないハズです。

理論テキストは本試験の後に過去の出題を織り込んで改定されるので振返るとわかりにくいですが。

特に重要な基準については、テキストに載ってなかった、やってなかったなどと後悔しないためにも会計法規集を手許においた学習をオススメします。




会計人コース4月号(2010年)

会計人コース4月号のご紹介です。


現役のバスケット選手でありながら公認会計士試験を目指し、昨年の短答式にも合格している岡田優介選手のインタビュー記事がいいですね。

働きながら受験をしている方、必見です。


付録は、簿記論「総合問題パワフル解法」

総合問題へのアプローチについては、このブログでもお届けしていますが、型にはめるというより、人をマネしたりしながら、ちょっとずつ型をつくっていくことではないでしょうか。

そのよい視点を提供してくれることでしょう。



特集は、「図解でマスター!本社工場会計」です。

数年前に唐突に公認会計士試験の論文式試験で出題されました。

税理士試験でもどこかであってもおかしくはありません。


●簿・財合格実践ゼミ
1 並木講師の計算力UPエクササイズ
2 千葉講師のスパルタ総合問題
●ハイパー・トレーニング(全科目)
●解いて覚える財表理論
●会計士アタック集中講座(財・管・監・租・経営)」



企業会計とディスクロージャー(第4版)

概念フレームワークの生みの親といってもよい企業会計基準委員会初代委員長、斎藤静樹先生のテキスト最新版です。

会計基準のひとつ手前の考え方から体系的に学ぶにはもってこいの本。

概念フレームワークを美しいと思える方には特にオススメです。



会計人コース3月号(2010年)

会計人コース3月号のご紹介です。

試験委員が発表になっています。

財表の新試験委員は、山田康裕先生です(若い!)。

興味のある方はどうぞ。



付録は、「頻出会計基準の穴うめ+理論+計算ミニチェック」です。

同一論点を基準の穴埋め、理論、計算と異なる角度からの攻略です。

内容も盛りだくさん。



昨年の第一問の出題は、資産除去債務が唐突の印象がありました。

これをどう見るか。


●計算でも危ない資産除去債務の早わかり


特集は、「過去の傾向から考える消費税法の攻略法」

新連載は、「会計士アタック集中講座(財・管・監・租・経営)」です。


●簿・財合格実践ゼミ
1 並木講師の計算力UPエクササイズ
2 千葉講師のスパルタ総合問題
●ハイパー・トレーニング(全科目)
●解いて覚える財表理論
●経済ニュースを読み解く会計



会計人コース2月号(2010年)

会計人コース2月号のご紹介です。

今号は、3日ではなく、早めです。



第1付録は、「簿記論要点整理ノート(後編)」

第2付録は、「会計士 第飢鵝|仕式 問題と解答」

です。

会計士試験の短答式の問題は、学習済みの部分を拾ってじっくりやると力がつきますよ。



特集は、

1 簿・財 ベテラン講師が教える!『リベンジ学習法』

2 第59回 財務諸表論解法テクニック

です。


●簿・財合格実践ゼミ
1 並木講師の計算力UPエクササイズ
2 千葉講師のスパルタ総合問題
●ハイパー・トレーニング(全科目)
●解いて覚える財表理論


会計人コース1月号(2010年)

会計人コース1月号のご紹介です。

新年号です。

1年は早いですね。



付録は、「簿記論要点整理ノート(前編)」

書き込んで使うというコンセプトです。

計算メインの簿記ですが、まとめ的なものに自分の書き込みをするのはよいです。

間違いを書き込むなんていうのもいいですね。



特集は、

1 電卓操作の基本

2 第59回 簿記論解法テクニック

3 新傾向に対応!法人税法の攻略

です。


●簿・財合格実践ゼミ
1 並木講師の計算力UPエクササイズ
2 千葉講師のスパルタ総合問題
●ハイパー・トレーニング(全科目)
●短答式スピード突破教室
●解いて覚える財表理論



国際財務報告基準 IFRS2009

2010年3月期からの任意適用を皮切りに、わが国でも導入の動きが着実に進む国際会計基準。

その唯一の公認文日本語訳です。

IFRS・IAS基準書および解釈指針の他、巻末に用語集・索引を収録。



2007年版を買ったんですが、ほとんど見ないうちに次が出ちゃいました。

今後こそは買って読みますよ(たぶん)



会計人コース12月号(2009年)

会計人コース12月号のご紹介です。


付録は、「押さえておきたい定番論点20」

決算整理問題で確認がネライです。

試験では決算整理の理解が重要ですね。


新連載が「解いて覚える財表理論」

理論が苦手な人にもってこいですね。

このブログでも会計基準の重要性は再三指摘していますが、入り口のハードルは高いもの。

でも、小問化されていて入り口としてとてもいいですね。


「会計法規集」を使いこなそう

とともに基礎的な理論学習にどうぞ。



●付録 押さえておきたい定番論連20

●簿記の仕訳定着度チェック

●簿・財合格実践ゼミ
1 並木講師の計算力UPエクササイズ
2 千葉講師のスパルタ総合問題
●ハイパー・トレーニング(全科目)
●日商一級 3か月集中トライアル
●12月短答式スピード突破教室



会計人コース11月号(2009年)

会計人コース11月号のご紹介です。

付録は、ざっくりわかる新会計基準。

ざっくりわかっちゃいますよ。

このところの財務諸表論の理論は一問が未出題の新しい基準のケースが多いので、新しい会計基準は、要チェックです。


●付録 ざっくりわかる新会計基準

●12月短答式スピード突破教室
●平成21年会計士論文式試験 出題分析と対策

●税理士受験生に聞く 今年の簿・財「どうだった?」

●簿・財合格実践ゼミ
1 並木講師の計算力UPエクササイズ
2 千葉講師のスパルタ総合問題
●ハイパー・トレーニング(全科目)
●日商一級 3か月集中トライアル



会計法規集(第31版)

会計法規集(第31版)でました。

来年の財務諸表論受験生の方は、本試験までこの版で大丈夫だと思います。

計算や理論学習を会計基準と関連させて行うことが合格への一番の近道です。

財表受験生でまだ購入されていない方はこの機会にどうぞ。





(関連記事)
会計基準のススメ
理論のオススメ学習法

会計人コース10月号(2009年)

会計人コース10月号のご紹介です。


付録は、会計士試験論文式試験の問題と解説。

今年の税理士試験の出題傾向と対策があります。


●付録 会計士試験論文指揮試験問題と模範解答

●簿記論速攻チェック
●日商一級3ヶ月集中トライ

●会計士試験受験素朴な疑問Q&A
●合格する基本書・参考書2009

●簿・財合格実践ゼミ
1 並木講師の計算力UPエクササイズ
2 千葉講師のスパルタ総合問題
●ハイパー・トレーニング(全科目)


会計人コース9月号(2009年)

会計人コース9月号のご紹介です。


付録は、本試験の問題解説。

まずは、本試験をふりかえり、来年に向けてスタートしましょう!!


●付録 税理士試験全問題と模範解答

●2級レベルの仕訳で整理する会計基準
●税理士受験素朴な疑問Q&A
●合格する基本書・参考書2009

●簿・財合格実践ゼミ
1 並木講師の計算力UPエクササイズ
2 千葉講師のスパルタ総合問題
●ハイパー・トレーニング(全科目)


会計人コース8月号(2009年)

会計人コース8月号のご紹介です。

最終予想号ですな。

去年も当たってたんで私もチェック、チェック(発売中の別冊「でる順」もいいです)。

付録は、ラスト10日の集中チェック。

知ってるだけでこんなに違う?

マジっすか。

ちっちゃいのに財表の予想問題も10問入ってます。


●付録 ラスト10日の集中チェック

●税理士試験の最終予想(財表、法人、消費)
●簿記総合問題
●財務諸表論 一気に引き上げる論述のコツ

●簿・財熱血塾
1 必修ポイントライブ解説
2 簿記力養成道場
3 財表理論マスター
4 基本書+法規集速読術
●ハイパー・トレーニング(全科目)



税理士試験 直前予想問題集

税理士試験、直前予想問題集のご紹介です。

大手専門学校5校による2時間の予想問題集です。

特に独学の方は、初見の2時間に慣れておく必要があるでしょう。

まずは、理論のある財務諸表論から。





こちらが簿記論です。


会計人コース7月号(2009年)

会計人コース7月号でました。

予想色満載ですな。

付録は、簿財予想問題と会計士試験の短答の問題・解答です。

会計士試験の問題は税理士試験の先行指標の意味もありますので、今号はお買い得?


●付録1 簿財予想問題
●付録2 会計士 短答式問題と解答

●簿記論 穴をなくせ! チェックリストと問題
●会計士 財務会計論 野坂英司の最新トピック予想8

●簿・財熱血塾
1 必修ポイントライブ解説
2 簿記力養成道場
3 財表理論マスター
4 基本書+法規集速読術
●ハイパー・トレーニング(全科目)



会計人コース6月号(2009年)

付録は、理論。

持ち運びに便利なちっちゃい理論問題集。

コンパクトなのでスキマ時間の活用もいいですが、ぜひ、実際に書いてみることをオススメします。

●付録 スタンダード理論30

●今年のヤマ!?「企業結合のおさえどころ」 
●簿記1級 シマダ先生の超かみくだき簿記教室(後編)

●会計士『得点力』UP講義(財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法)
●簿・財熱血塾
1 必修ポイントライブ解説
2 簿記力養成道場
3 財表理論マスター
4 基本書+法規集速読術
●ハイパー・トレーニング(全科目)




財務会計講義(第10版)

ご紹介が遅れましたが財務会計講義(第10版)が出ています。

もはや財務会計の定番テキストといってよいでしょう。

全体のボリュームをおさえつつ最新の内容を網羅的に扱ったテキストは他にみあたりません。

10版から2色になり、表紙もかっこよくなりました。

注目は価格です。

このところの改定のつど100円ずつ値段が下がっているようです。

いま、4000円(税別)ですので、あと40年するとタダ?(←な訳ないでしょ)


40年待つか。

いま、買うか。


さあ、どっち?



会計法規集(第30版)

会計法規集(第30版)でました。

かなり厚くなってました。

繰り返しになりますが、出来合いの理論を覚えるくらいなら会計基準をきっちり読み込んだ方が合格には近いです。

財表受験生でまだ購入されていない方はこの機会にどうぞ。


会計人コース5月号(2009年)

会計人コース5月号です。

付録は、会計士試験の短答式対策です。

●付録 会計士「短答式」実践問題集

●財務諸表論 ポイントをとる答案の書き方
●簿記1級 シマダ先生の超かみくだき簿記教室
●不況に負けない!会計基準資格ガイド

●会計士『得点力』UP講義(財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法)
●簿・財熱血塾
1 必修ポイントライブ解説
2 簿記力養成道場
3 財表理論マスター
4 基本書+法規集速読術
●ハイパー・トレーニング(全科目)



会計人コース4月号(2009年)

会計人コース4月号です。

付録は、連結。
昨年、簿記論で出題されてしまった連結です。

●付録 1冊で攻略!パーフェクト連結
●会計基準のココが変わった
●財務諸表論 これだけできれば合格点(計算問題編)
●突撃レポート 共栄大学会計士合格ゼミ『生徒と同じ目線で指導を』

●会計士『得点力』UP講義(財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法)
●簿・財熱血塾
1 必修ポイントライブ解説
2 簿記力養成道場
3 財表理論マスター
4 基本書+法規集速読術
●ハイパー・トレーニング(全科目)
●ひと目でわかる会計基準


続きを読む

奇跡のリンゴ

たやすく「奇跡」などという言葉を本のタイトルにすべきではない。

奇跡などそう起きるものではないからだ。

言えば言うほど安くなってしまう。


しかし、起きた。


続きを読む

会計人コース3月号(2009年)

会計人コース3月号です。

付録は、なじみのある貸借対照表科目から会計基準(穴埋め)へのアプローチです。

会計基準の重要性はこのブログでも再三指摘していますが、異なる角度からのアプローチを実践してみてください。

●付録 基準穴埋めガイドブック
●税理士試験 新試験委員の発表
●財務諸表論 これだけできれば合格点(理論問題編)
●簿記論「3年目のリベンジ」
●仕訳間違い発見ドリル
●世界的な金融危機と金融資産の時価評価問題(後編)
●野坂英司のメンタル・レッスン

●会計士『得点力』UP講義(財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法)
●簿・財熱血塾
1 必修ポイントライブ解説
2 簿記力養成道場
3 財表理論マスター
4 基本書+法規集速読術
●ハイパー・トレーニング(全科目)
●ひと目でわかる会計基準

続きを読む

落語家はなぜ噺を忘れないのか

「覚えない」ことが「忘れない」道。

今ではそんなことをよく言います。

学習にとって忘れないことは大きな課題です。

資格試験の受験生にとって興味を引くタイトルではないでしょうか。


続きを読む
オススメ
       <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
新着コメント
プロフィール

暮木孝司

記事検索
携帯用バーコード
QRコード
リンク
     税理士試験 簿記論 講師日記は、Yahoo!JAPAN登録サイトです       bokironkousiをフォローしましょう         
スポンサード・リンク
bokironkousiをフォローしましょう
  • ライブドアブログ