税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

会計人コースを読もう!

「会計人コース」超便利化計画(12月号まで)

会計人コースをテーマ別に再編した「会計人コース」超便利化計画。

12月号まで含めて再編しましたのでご利用ください。

いや、これマジで便利です。

テーマ別に問題のまとめ解きをするのにもってこいですね。

計算ももちろんですが、理論のまとめ解きの効果は劇的です。

たぶん同じ時間、講義⇒復習⇒復唱

などというパタンより遥かに効率がいいハズ。

たとえば、棚卸資産基準なんかは出揃った感じです。

出揃った感のあるやつをうまく告知するようにするといいかな。

ちょっと検討してみます。

とりあえず、棚卸資産基準なんかで試してみてください。

ナビ ⇒ マンガde会計基準 ⇒ ハイパー財表 かな。


「会計人コース」超便利化計画

『戦略的「簿・財」学習ナビ』<第1回中間テスト>いかがでしたか?

会計人コース12月号<第1回中間テスト>、いかがだったでしょうか?

時間もそれほどかからず(25分制限)、年内の総ざらいができるスグレものです。

まだの方はぜひチャレンジしてみてください。

ちょっと工夫したのが、知識編、計算編、理論編と細分化して採点できるようにしたことです。

何が苦手で今後、何をすればよいのかが分かるって寸法です。

ぜひ皆さんの出来も教えていただければ幸いです。

もれなく全員に私のコメントがついてきます(ってか、いつもついてますが)。

匿名で全く構いませんので、できれば不正解箇所も併記のうえ、ある程度の学習環境等も添えていただけると幸いです。

よろしくお願い致します!

会計人コース12月号(2011年)

会計人コース12月号のご紹介です。

今号の『戦略的「簿・財」学習ナビ』では、中間テスト<第1回>を行います。

これまでの範囲から小さな問題をたくさん出題しました。

手がけやすいですが、エッと思う難問もあります。

各問題に対応した復習問題で総復習ができるスグレものですよ。

ぜひチャレンジして、結果(点数?)を教えてください!


通常の連載では、「費用収益の認識と測定」と「棚卸資産基準」をとりあげます。

費用収益の認識と測定は、理論では最重要項目といってよいでしょう。

棚卸資産は前回の理論出題からまだ日が浅いですが、そんなことを言ってられない基本項目でもあります。

しっかり学習しましょう。


付録は、マンガde会計基準

6つの会計基準を「インプット(マンガ)⇒穴埋め問題⇒短答式問題の三段階で攻略。

これはかなりよさ気ですね。

まずは論点ごとの学習ポイントをつかんで、その学習を角度を変えて行うことが重要です。

簿財合格に向けて有効に活用しましょう!


特集は、会計士受験生の就活関連が「面接官の心をつかむエントリーシート」と「財務分析から見えてくる監査法人」です。

もう一つが税制改正スッキリ整理です。

盛りだくさんで、11月2日(水)発売です。

ぜひ会計人コースを有効活用して、簿財合格を勝ち取りましょう!

こちらのとっても便利な記事もご活用ください。

「会計人コース」超便利化計画



続きを読む

会計人コース12月号『戦略的「簿・財」学習ナビ』の告知

会計人コース12月号の『戦略的「簿・財」学習ナビ』の告知です。

12月号ではこれまでの総括の意味を込めて、本編とは別に<中間テスト>をお届けします。

短時間でこれまでの範囲を総ざらい。

ここまでの学習成果の確認と総復習ができるスグレものですよ。

超力作です(←自分でいうな、みたいな)。

形式は小さな問題をたくさん出しましたので、手がけやすいです。

ただ、たぶんかなりの実力者でも「へえーっ」と思う部分があるハズ。

問題に関連した復習問題も示しましたので、総復習にお役立てください!



問題は100点満点で出題しています。

皆さんの点数をこっそり(?)教えてください企画を計画中。

お付き合いのほど、よろしくお願い致します!!

通常の進行分では棚卸資産会計を取り上げています。

もちろん棚卸資産も大事ですよね。



会計人コース12月号の付録は「マンガde会計基準」。

マンガで解説→会計基準を確認→試験問題という流れで会計基準を攻略しようって寸法ですな。

これはちょっと早く見てみたいです。

会計人コース12月号は、普段より1日早い、11月2日(水)発売です。

皆さんも書店へレッツ・ゴー!(←だからいつの時代やねん)




戦略的「簿・財」学習ナビ11月号に合わせて税効果会計基準を読もう!

会計人コース11月号の『戦略的「簿・財」学習ナビ』では、金融商品会計基準(有価証券)と税効果会計基準を取り上げています。

この機会に両基準を合わせてしっかり読んでおきましょう。

来年の財表の理論の出題として予想されるのは、一問が基準ベース、一問が基礎理論ベースです。

いずれもややヒネリ気味って感じでしょうか。

試験傾向的にも、会計基準の学習は不可欠です。

当ブログの会計基準を読もう!から税効果会計基準をあげておきましたので、合わせてご利用ください。

会計基準に勝つ!(←標語ね)


<税効果会計基準>
税効果会計基準を読む前に
構成とどこを読むか
税効果会計の名前
注解との接し方
法人税等
定義
資産負債法と繰延法
繰延税金資産の資産性

戦略的「簿・財」学習ナビの訂正

戦略的「簿・財」学習ナビに訂正があります。

申し訳ございませんでした。

大変、お手数ですが、ご訂正のうえ、ご利用いただきますようお願い申し上げます。


(1)9月号 19頁 問題1解答
(誤)前期の繰越試算表における繰越利益剰余金
5,600+500=6,100
(正)
5,600+500+500×10%=6,150

(2)11月号 73頁 問題2
(誤)利払日は毎年3月31日
(正)利払日は毎年9月30日

戦略的「簿・財」学習ナビ11月号 税効果会計 問題2−1

会計人コース11月号『戦略的「簿・財」学習ナビの補足問題です。

税効果会計の問題2の後(問題3の手前)にあると思って解いてみて下さい。


問題2−1 繰延税金資産・繰延税金負債(ランクA、4分)

繰延税金資産は、将来の法人税等の支払額を( ア )する効果を有し、一般的には法人税等の( イ )に相当するため、資産としての性格を有するものと考えられる。
繰延税金負債は、将来の法人税等の支払額を( ウ )する効果を有し、法人税等の( エ )額に相当するため、負債としての性格を有するものと考えられる。

問1 空欄に該当する語句を答えなさい。

問2 資産を「過去の取引または事象の結果として報告主体が支配している経済的資源」とし、経済的資源を「キャッシュの獲得に貢献する便益の源泉」とした場合の繰延税金資産の資産性について説明しなさい。

問3 下線部に相当しないにもかかわらず税効果会計が適用される項目を指摘し、税効果会計が適用されるための条件を述べなさい。

問4 繰延税金資産については、将来の回収の見込みについて毎期見直しを行わなければならないが、繰延税金資産の将来の回収の見込みの判断基準を3点指摘しなさい。

〔解答〕
続きを読む

「会計人コース」超便利化計画(11月号まで)

会計人コースをテーマ別に再編した「会計人コース」超便利化計画。

11月号まで含めて再編しましたのでご利用ください。

いや、これマジ便利だわ。

これじゃ俺、合格しちゃうかもしれね(←してるでしょ)。


「会計人コース」超便利化計画

会計人コース11月号『戦略的「簿・財」学習ナビ』いかがでしたか?

10月3日に発売された会計人コース11月号の『戦略的「簿・財」学習ナビ』。

今号では、金融商品会計基準(有価証券)と税効果会計を取り上げました。

金融商品会計基準は、重要性の高い基準ですが、平成16年・17年にメインでとりあげられてからちょっと手頃な間隔になってきました。

いや、来年は危ないですよ。

しっかり読んでいきましょう!


ご質問、ご意見等ございましたら、コメントいただければ幸いです。

っていうか、コメントください。

よろしくお願い致します!

<先取り>会計人コース11月号(2011年)

会計人コース11月号のちょっと先取りしたご紹介です。

今号の『戦略的「簿・財」学習ナビ』では、「金融商品会計基準」と「税効果会計基準」をとりあげます。

「金融商品会計基準」は、単独の基準では最も重要性が高く、出題間隔からいってもそろそろ出題が想定されます。

しっかり学習しましょう。


付録は、計算力ステップアップドリル。

6つの論点を「インプット⇒基本⇒応用」の三段階で攻略。

これはかなりよさ気ですね。

まずは論点ごとの学習を角度を変えて行うことが最重要。

正攻法の「簿記力」特訓スクールでは第1回確認テストが実施されます。

いずれも簿財合格に向けて有効に活用しましょう!


特集は、会計士受験生の就活、論文式試験の分析と対応、右脳整理術。

新連載は、『「有報」から磨く財務会計力』。


盛りだくさんで、10月3日(月)発売です。

連載は9月号からフレッシュ・スタート。

ぜひ会計人コースを有効活用して、簿財合格を勝ち取りましょう!

こちらの記事も参照ください。

「会計人コース」超便利化計画



会計人コース12月号の告知

大好評連載中の会計人コース「戦略的『簿・財』学習ナビ」(誰も言ってくれないので自分で言っちゃいますよ。ええ)。

そろそろ会計人コースも11月号が発売されますが(10月3日)、ちょっと1月、飛び越えて、12月号のお知らせです。

連載も4回目となり、ここいらあたりで中間のテストですよ。

名づけて「中間テスト」(←何ともベタですな)。

まあ、今、書いていたりするんですが、いや、これはいい感じです。

すんごくいい問題ができましたよ(たぶん)。

お手軽な問題で実力を試しつつ、弱点をグイッとえぐる。

そんでもって弱点補強の素材を提供しようって魂胆です。

はい。



出題範囲は、これまでの会計人コースと掲載の参考書。

これは簿記論講師からの挑戦状でもあります。

まあ、できるもんならやってみなみたいな(←挑発的ですな)。

っていうか、やってみてね♪

以下が出題範囲です(ってか、多っ)。

「会計人コース」超便利化計画も参考にしてみて下さい。













横断的出題への対処

今年の財務諸表論(理論)の出題を見て以来、ずーっと考えていたことがあります。

その形がやっと見えてきました。

それは「横断的出題への対処」です。
続きを読む

「会計人コース」超便利化計画

王道3点セット」の一つ、会計人コースをメッチャ活用しようって魂胆なページです。

平成23年9月号(新連載スタート号)以後の簿財関連記事を基礎、計算、理論別に再編しました(以後、追記します)。

内容からのアプローチにご活用ください(便利ですよ〜)。

こうやって眺めてみると迫力満点ですね。

理論は財務会計講義〈第13版〉
」(章立てが一緒)に合わせてご活用ください。
続きを読む

戦略的「簿・財」学習ナビ10月号のネライ

会計人コース10月号」の『戦略的「簿・財」学習ナビ』は読んでいただけたでしょうか?

簿・財同時合格をめざすというのが本テーマですが、いわば隠された裏テーマがあります。
続きを読む

簿記2級までの重要性

会計人コース10月号、読んでますか?

まずは、私の連載と言いたいんですが、別冊付録第1付録の「2級からはじめる学習プラン診断test」がいいんじゃないんでしょうか。

日商でいうと3級と2級商簿あたりの知識は、簿記論・財務諸表論ともにほぼ必須でしょう。

ここが欠けているのはとてもマズイです。

たまに簿記論と並行して2級という方もいらっしゃいますが、簿記論に先行して2級でないとうまくいかないと思います。

しかも軽々とです。

ここを疎かにするのは、基礎が重要という意味でもマズイですし、試験の戦略としてもマズイです(実際の合否にも影響するという意味で)。

という訳で本付録でご自分の2級までの位置を確認しておきましょう。

そして不足を感じるなら遅くても今月位まで(ダラダラやってるのはダメです)に2級の範囲(特に仕訳)を完璧にしておきましょう。

3・2級の多少古くてもワークブックやテキスト(の例題)を解いてみるか、過去問を5〜10回分程度解いてみるとよいでしょう。

3級の補助簿なんかの記入はいいかもしれません(理解の必要はありますが、記入を問う出題はやや考えにくいです)。

まず、2級までを完璧にしておく。

今月の目標の一つはそれでいきましょう。

会計人コース10月号(2011年)

会計人コース10月号のご紹介です。

オススメは、先月号に続いて「戦略的「簿・財」学習ナビ」(←毎号オススメ)。

今号は、「金融商品に関する会計基準」をとりあげます。

「金融商品会計基準」は、単独の基準では最も重要性が高いといえるでしょう。

この重要な基準を計算と理論の両面から問題を解くことで学習していきます。


第1付録は、税理士・会計士試験 2級からはじめる学習プラン診断test。

第2付録は、公認会計士 論文式試験 問題と模範解答。

第61回税理士試験の出題分析と対策、今年の就職活動はじめの一歩、その他豪華連載を含めて、明日、9月3日発売です。

9月号から各種連載がフレッシュ・スタート。

ぜひ9月号とあわせて、ご利用ください(連載よろしくね)。
続きを読む

王道3点セットのお友達のご紹介

今年は、「会計人コース」、「会計法規集」、「財務会計講義」の3点セットで簿財合格を目指すと意気込んでいますが、そのお友達のご紹介です。

会計人コースの連載(「戦略的「簿・財」学習ナビ」)で参考書としてあげ、問題を提示している書籍です(「演習上級簿記」は10月号から)。

簿記論、財務諸表論ともに演習は不可欠です。

演習のお供にどうぞ。









『戦略的「簿・財」学習ナビ』問題1と問題2のもう一つの目標時間

「会計人コース9月号」の『戦略的「簿・財」学習ナビ』問題1と問題2。

皆さん、解いていただけたでしょうか。

先日は皆さんにどの位で解けたかを教えていただきました(「どのくらいで解けましたか?」参照)。

今回は、私の解答時間の発表です。

皆さんもぜひ、「私」ごえを目指してみてください。
続きを読む

簿財合格への王道3点セット

今年は本試験の問題を見て、王道への懐古に目覚めましたよ。

すごく地味な学習です。

王道、3点セットのご紹介です。
続きを読む

解答を書くことのススメ

本日の財務会計講義を読もう!は、証券市場への情報提供機能でした。

ここまでで会計人コース9月号のハイパートレーニング財務諸表論の問題1が解けます。

解答用紙が会計人コースのホームページからダウンロードできますので、ぜひ実際に書いてみてください。


会計人コース


計算はもちろんですが、理論にもいえるのが書くことの重要性でしょう。

頭で考えているだけより、実際に書くと考えが進みます。

頭では何となく理解したつもりでも、書いてみると書けない。

そんなときは理解しているけど書けないということではありません。

理解していないのだと思います。

たとえば国語的な意味はとれているけど、会計学的な意味がとれていない。

この状態だと書けません。

その事は書こうとしてみるとすぐわかります。

反復しなのであれば、まず記憶には残らないでしょう。

本ブログで目指すのは単純な反復での記憶ではありません。

大事なのは自分の理解した所を書いてみることです。

解答が間違えているときでも、正解の文章を写したり、正解を丸覚えしないこと。

自分で書いた解答を大事にしましょう。

もちろん重要句は大事ですし、よい言い回しはドンドンまねしてよいです。

しかし、全文を丸覚えでは、発展性がありません(後で応用が効かない)。

自分の文章に正確性をちょっと付け加えていく感じで十分です。

少しくらい文章が違っていてもいいんです。

一番、本質的なところがズバリ言えるか(書けるか)。

それが大事です。

もし、解答がこれでいいの?なんて思った方がいらっしゃったら、コメントいただければ幸いです。


まずは、基本書を読むこと。

そして、問題を実際に書いて解いてみましょう。

基本書+書く学習のススメでした。

講師だって教えて欲しい!!(何分で解けますか?)

いつも教えてばかりいる講師が教えてのコーナーです(名前、メチャクチャですが)。

待ちに待った会計人コースの連載がはじまりました。

今回はこの連載の問題1と問題2についての解答時間&解き方についてです。

次の諸点をぜひ教えて下さい。


(1)初見で問題1、問題2をそれぞれ何分で解いたか?

(2)解き直しで問題1、問題2をそれぞれを何分まで縮められたか?

(3)問題を解く上での工夫


私の解答所要時間は、後日公表させて頂きます。

また、問題を解く上での工夫は連載にも書かせていただきましたが、皆さんの工夫があればぜひ教えてください!

ご協力のほど、よろしくお願いします!

会計人コース9月号(2011年)

会計人コース9月号のご紹介です。

オススメは、もちろん戦略的「簿・財」学習ナビ。

このブログとリンクしながらこれから1年間、連載をさせていただくことになりました。

ご愛顧の程、よろしくお願い致します。

このブログも活用しながら、簿財合格を勝ち取りましょう!



9月号は新企画のスタート号。

すべての連載が新しくスタートし、来年の税理士試験を目標に走ります。

皆さんもぜひご購入を検討してみてください。

簿財受験予定の方にオススメです。



合格(うか)る人は今から始める!

9月号は、1年合格プログラム スタートダッシュ号です。

スタートダッシュ企画は、「合格オリエンテーション」。

・合格のオキテ三箇条

・99%の合格者が知っているタイプ別勉強法診断付“合格(うか)る勉強法”

・簿・財合格のための会計人コース超活用法


連載は、

同時合格へ一直線 戦略的「簿・財」学習ナビ(by熱血講師)

・2級から本試験へレベルアップ 正攻法の「簿記力」特訓スクール

・本質を理解してニガテ克服! “原価計算基準”かみくだき解説

・税理士・会計士受験 ハイパートレーニングPLUS(簿記論、財務諸表論)

・税理士受験 ハイパートレーニング(税法科目)


第61回税理士試験 問題と模範解答、第128回日商簿記検定1級の問題と模範解答。解説もついて、会計人コース9月号は明日発売です。

皆さんも書店へ、レッツ・ゴー|(←って、いつの時代やねん)。



オススメ
       <管理人の記事掲載号>  会計人コース2011年9月号-                  会計人コース2008年02月号                  会計人コース2008年01月号                  会計人コース2007年09月号 <管理人の本>
カテゴリー
月別記事
プロフィール

暮木孝司

記事検索
携帯用バーコード
QRコード
リンク
     税理士試験 簿記論 講師日記は、Yahoo!JAPAN登録サイトです       bokironkousiをフォローしましょう         
スポンサード・リンク
bokironkousiをフォローしましょう
  • ライブドアブログ