純資産の金額を増減させる取引として最も適切なものを1つ選び、記号で答えなさい。

 ’ぐ媽冦金の取り崩し(繰越利益剰余金への戻し入れ)

◆ 雰越利益剰余金を原資とする)利益準備金の積み立て

 現金の支払いによる自己株式の取得

ぁ〇価に相当する現金の支払いによる商品の購入


(解答)
解答は一番下です。


(解説)
自己株式を取得する取引は、純資産のうちの株主資本の減少取引に該当します。

株主に対する財産の払戻しの意味を持ちます。

任意積立金の取り崩しと利益準備金の積み立ては、株主資本内部の移動、商品の購入は損益取引に該当します。

第68回第一問。


(解答)
正解は「」です。