次の「企業会計原則」第二 損益計算書原則 一Aの第一文の空欄に挿入すべき語句の組み合わせを記号で答えなさい。

「すべての費用及び収益は、その( A )及び( B )に基づいて計上し、その( C )した期間に正しく割当てられるように処理しなければならない。」

 。繊У樟掘 。臓Ю果  C:発生

◆。繊У樟掘 。臓Ю果  C:実現

 A:支出  B:収入  C:発生

ぁ。繊Щ拿弌 。臓Ъ入  C:実現


(解答)
解答は一番下です。


(解説)
「企業会計原則」第二 損益計算書原則 一A第一文の出題です。いわゆる損益の認識基準である発生主義の原則と費用及び収益の測定基準である収支額基準を規定した規定です。

一致の原則(各期の利益と全体利益<全体収入−全体支出>は一致するとの考え)の表明ともいえます。

収益費用アプローチの基礎ともいえる規定であり、極めて重要です。

第67回第一問。


(解答)
解答は「」です。