当期業績主義を採用した場合に純利益に対する「一致の原則」及び「クリーン・サープラス関係」が成り立つかに関する次の文章のうち正しいものを選びなさい。

 ,い困譴眄立する

◆,い困譴眄立しない

 一致の原則は満たす

ぁ.リーン・サープラス関係は成立する


(解答)
解答は一番下です。


(解説)
当期業績主義を採用すると特別損益項目は損益計算書に記載されません。

例えば、ある資産が災害で焼失した場合は、費用ではなく、利益剰余金で処理します。

(借)利益剰余金✖✖✖ (貸)資産✖✖✖

仮に300万円の資産を購入し、2年間使用後に火災で焼失したとします(定額法、残存価額ゼロ)。

【包括主義による場合】CF300=費用300
取得時:(借)資  産300 (貸)現金預金300
決算 А兵據妨魂曾却100 (貸)資  産100
決算◆А兵據妨魂曾却100 (貸)資  産100
火 災:(借)火災損失100 (貸)資  産100

【当期業績主義による場合】CF300≠費用200≠株主資本の減300
取得時:(借)資  産300 (貸)現金預金300
決算 А兵據妨魂曾却100 (貸)資  産100
決算◆А兵據妨魂曾却100 (貸)資  産100
火 災:(借)繰越利益100 (貸)資  産100

このような処理を行えばキャッシュフロー(△300)と利益(△200)は全体として一致せず、利益(△200)が資本の変動(△300)と一致する関係、つまりクリーンサープラス関係も成り立ちません。


(解答)
正解は「◆廚任后