何を資本取引とみるのかは、クリーン・サープラス関係が保たれているかどうかの判断と密接にかかわっている。そこで資本取引に該当しない取引として最も適切なものを選び、記号で答えなさい。

 /卦社債の発行

◆ー己株式の取得

 現物出資

ぁ.好肇奪・オプションの行使による新株発行


(解答)
解答は一番下です。


(解説)
クリーン・サープラス関係とは、ある期間における資本の増減(資本取引による増減を除く。)が当該期間の利益と等しくなる関係です。

資本の増減=利益

利益が出ると資本(財産)が増えるというあたりまえの関係です。

ここで「資本取引」とは、株主(包括利益では非支配株主・新株予約権者を含む。)との直接取引をいい、新規社債の発行は資本取引には該当しません。

第67回第一問。


(解答)
正解は「 廚任后