「利益の測定に際し、資産や負債のさまざまな測定値を混在させる方法(これを⑴とする)」と「利益の測定に際し、資産と負債の測定値を時価または公正価値で統一する方法(これを⑵とする)」の組み合せとして最も適切なものを1つ選び、記号で答えなさい。

 ⑴収益・費用アプローチ   ⑵資本確定アプローチ

◆⑴混合属性会計       ⑵全面公正価値会計

 ⑴3区分説         ⑵無区分説

ぁ⑴親会社説         ⑵経済的単一体説


(解答)
解答は一番下です。


(解説)
概念フレームワークでは資産や負債の保有目的等によりその測定属性を使い分ける「混合属性会計」がとられます。

資産や負債に時価または公正価値で統一する方法を志向する「全面公正価値会計」と呼ばれる考え方もあります。

しかし、概念フレームワークでは、資産や負債の測定値を統一することが好ましいとは考えていません。

第69回第一問改題。


(解答)
解答は「◆廚任后