過去(当期を含みます)のその他の包括利益を純利益に振替える手続がリサイクリングです。

リサイクリングを行わない場合のクリーン・サープラス関係に関する記述で正しいのはどれか?

*クリーン・サープラス関係とは、資本の増減(資本取引によるものを除きます)が利益と等しい関係をいいます。

 ,い困譴陵益もクリーン・サープラス関係を満たす

◆,い困譴陵益もクリーン・サープラス関係を満たさない

 純利益は満たすが、包括利益は満たさない

ぁ(餝舁益は満たすが、純利益は満たさない


(解答)
解答は一番下です。


(解説)
包括利益は純資産の変動額であり、各期の包括利益の合計は全体期間の利益に等しくなります。

しかし、リサイクリングをしないとその期の「純利益」はその分だけ全体利益と食い違うこととなり、クリーン・サープラス関係を満たさない利益になります。

リサイクリングを行うことにより、純利益に関するクリーン・サープラス関係が成立することになります。

なお、日本基準では、必ずリサイクリングを行うことになっていますので、この点でクリーン・サープラス関係を害することはありません。

国際基準では、一部でリサイクリングを行わない処理(ノンリサイクリング処理)が認められています。


(解答)
解答は「ぁ廚任后