【包括利益の定義】

1 包括利益とは、純資産の変動額のうち資本取引によらない部分である。

2 包括利益は、純利益にその他の包括利益を加減することにより計算する。

3 包括利益の定義と計算の仕方が異なるのは、有用性の高い純利益を示し、ここから包括利益の計算を行うためである。

1 包括利益とは、純資産の変動額のうち資本取引によらない部分である。

包括利益とは、純資産の変動額のうち資本取引によらない部分をいいます。

期末の純資産−期首の純資産で計算できます。

財産法的な利益、資産負債アプローチ的な利益が包括利益といえます。

増資などの資本取引により純資産が増えても、それは利益ではありませんので、資本取引による純資産の変動額は除きます。


2 包括利益は、純利益にその他の包括利益を加減することにより計算する。

包括利益の定義は、純資産の変動額ですが、具体的な計算は、純利益にその他の包括利益を加減することで行います。

その他の包括利益の内訳項目には、その他有価証券評価差額金、繰延ヘッジ損益、為替換算調整勘定、退職給付に係る調整額、土地再評価差額があります。

その他の包括利益は、フローですから、いずれもストック(BS項目)としてではなく、フロー項目(増減額)が対象です。


3 包括利益の定義と計算の仕方が異なるのは、有用性の高い純利益を示し、ここから包括利益の計算を行うためである。

包括利益の定義と計算の仕方が異なるのは、有用な純利益を示し、これにその他の包括利益を加減する形式により包括利益を計算するためです。

「これまでの純利益」と包括利益とが同一の財務諸表ないし一連の財務諸表に示されることになります。

なお、このように「これまでの純利益」と包括利益を示すためには、リサイクリング(その他の包括利益の純利益への振替え)が不可欠です。