【収益の認識】

1 収益は投資がリスクから解放されたときに計上する。

2 通常は、キャッシュの獲得により投資がリスクから解放されたとみられる。

3 キャッシュ・インフローをリスクから解放された期間に帰属させたのが収益である。

1 収益は投資がリスクから解放されたときに計上する。

収益は、企業が行う投資がリスク(不確定性)から解放されたときに計上します。


2 通常は、キャッシュの獲得により投資がリスクから解放されたとみられる。

通常は、キャッシュの獲得により投資がリスクから解放されたとみられます。

正確には「事業のリスクに拘束されない独立した資産」を獲得したときに投資がリスクから解放されたとみられます。

商品販売でいえば、商品を相手に引き渡し、代金を受領したときに投資がリスクから解放されたと考えられます。

固定資産の交換を想定すれば、同種資産の交換で利益は生じませんでした。

これは所有していた固定資産に対する投資が交換で清算されるわけではなく、以前の投資が継続していると考えられます。

これに対して異種資産の交換では、所有資産に対する投資は継続しておらず、いったん所有資産を売却し、その代金で取得資産を購入したと考える方が合理的です。

売却だけに着目すれば、いったん対価を取得したと考えることになります。


3 キャッシュ・インフローをリスクから解放された期間に帰属させたのが収益である。

キャッシュ・インフロー(現金収入)をリスクから解放された期間に帰属させたのが収益といえます。

損益計算は、収入を収益に、支出を費用に変えることで行われます。

収入をいずれの期間の収益とするかの問題が「収益の認識」の問題であり、収益の期間帰属とも呼ばれます。