【投資のリスクからの解放】

1 投資のリスクとは、投資の成果の不確定性をいい、純利益は、投資がリスクから解放されたときに計上する。

2 投資がリスクから解放されるとは、投資にあたって期待された成果が事実として確定することをいう。


1 投資のリスクとは、投資の成果の不確定性をいい、純利益は、投資がリスクから解放されたときに計上する。

投資のリスクとは、投資の成果の不確定性をいいます。

投資の結果がわからないこと。

投資の結果がはっきりした段階で純利益を認識しようというのが投資のリスクからの解放の考え方です。

純利益は収益から費用を控除して計算しますので、投資のリスクからの解放の考え方は、収益や費用の認識に対する考え方ということもできます。



2 投資がリスクから解放されるとは、投資にあたって期待された成果が事実として確定することをいう

投資がリスクから解放されるというのは、投資にあたって期待していた成果が事実として確定することをいいます。

例えば商品を80円で仕入れ、それを120円で販売しようとしたとします。

しかし、実際に120円で売れるかはわかりません。

もしかしたら正味期限が切れ、売れなくなってしまうかもしれません。

また、少し値段を下げれば売れるかもしれません。

もしかしたら万引きに合うかもしれません。

つまり、売る気満々であったとしてもその成果が期待どおりにあがるかはわからないのです。

その成果がはっきりした段階がリスクからの解放の時点です。

このようなタイミングで純利益を認識しようというのがリスクからの解放の考え方です。