【一致の原則】

1 ネット・キャッシュフローは各期の利益の合計額に等しい。

2 リサイクリングをしないと純利益に関する一致の原則は満たさない。

3 収益はキャッシュ・インフローを基礎とし、費用はキャッシュ・アウトフローを基礎とする。


1 ネット・キャッシュフローは各期の利益の合計額に等しい。

一致の原則とは、各期の利益の合計が全体利益に等しいとの考え方をいいます。

各期の利益の合計=全体利益(全体収入−全体支出)


各期の利益計算が全体利益に一致することは、利益計算のトータルがCFと一致することを意味します。

利益計算がCFを基礎にしているといっともいいでしょう。

CFは一般に外部的な取引を基礎としており、CFは取引事実を基礎にしているともいえます。

そのCFを変換することで利益を計算しているわけですから、何もないところから魔法のように利益が生み出されるわけもなく、利益計算はCFを基本的な制約にしていることになります。

なお、増資等の資本取引は、そもそも利益計算の対象にはならないので、上記のCF取引から資本取引は除かれます。


2 リサイクリングをしないと純利益に関する一致の原則は満たさない。

過去のその他の包括利益を純利益に振り替えることをリサイクリングといいますが、リサイクリングを行わないと純利益に関する一致の原則が満たされません。

リサイクリングをしてもしなくても包括利益は変わりません。

しかし、リサイクリングをしないことで純利益は、CFの裏付けを失い、業績指標としての役割は低下します。


3 収益はキャッシュ・インフローを基礎とし、費用はキャッシュ・アウトフローを基礎とする。

収益は、現金収入を基礎に計算し、費用は現金支出を基礎に計算します。

このような規定の仕方をしているのが企業会計原則一Aです。

「すべての費用及び収益は、その支出及び収入に基づいて計上し、その発生した期間に正しく割当てられるように処理しなければならない。」

企業会計原則の方が発生主義に基づくことを規定している点が細かいですが、実質的な内容は同一といってよいでしょう。


*なお、リサイクリングについては、以下のnoteの記事をご参照ください。