【株主資本の定義】

1 株主資本とは、純資産のうち株主に帰属する部分である。

2 純利益は株主資本を変動させる。

3 連結財務諸表における株主資本は、純資産のうち親会社株主に帰属する部分である。


1 株主資本とは、純資産のうち株主に帰属する部分である。

株主資本は、純資産のうち株主が持っている部分です。

純資産は単に資産と負債の差額ですが、そのうち株主が持っている分が株主資本です。

その他有価証券評価差額金が株主資本以外の純資産の代表例になります。

単にその他有価証券の時価が上がっただけで、まだ利益として課税もされておらず、株主が手にする(配当を受ける)ことができるわけではないといった意味でしょうか。


2 純利益は株主資本を変動させる。

純資産の部で株主資本を区別した大きな理由が株主資本が純利益を生み出すものとして重要だからです。

計算上は、株主資本の変動額と純利益が一致します。

この関係をクリーン・サープラス関係といい、このクリーン・サープラス関係を成立させるために純資産の部を株主資本とそれ以外に区別したといえます。


3 連結財務諸表における株主資本は、純資産のうち親会社株主に帰属する部分である。

連結財務諸表の作成の考え方には、親会社説と経済的単一体説があります。

親会社説は、親会社の株主の立場で、経済的単一体説は、非支配株主を含むすべての株主の立場で連結財務諸表を作成する考え方をいいます。

日本基準では、親会社説を採用し、連結財務諸表は親会社の立場にたって作成します。

親会社説のもとでは、株主資本も親会社の持分のみで考えるため、非支配株主持分は、株主資本以外の純資産になります。