【投資家】
1 概念フレームワークが想定する開示の対象者は投資家である。

2 投資家とは、証券市場で株式や社債を売買する者をいう。

3 投資家は、情報に精通したプロの投資家を指す。



1 概念フレームワークが想定する開示の対象者は投資家である。

概念フレームワークが想定している開示の対象者は「投資家」です。

企業会計原則では、株主や債権者その他の様々な利害関係者を想定していました。

しかし、概念フレームワークでは、主たる開示の対象者を投資家とし、その投資家の投資意思決定に役立つことが主たる目的とされています。

その他の利害関係者を無視するわけではありませんが、まず投資家の投資意思決定に資することが財務報告の一番重要な目的と考えているのです。


2 投資家とは、証券市場で株式や社債を売買する者をいう。

投資家とは、証券市場で株式や社債を売買する者をいいます。

現に株式や社債を所有する者だけでなく、潜在的な株式や社債の所有者も含みます。

税理士試験では、社債に対する投資家を意識する必要はありません。

おおむね株式投資家と考えて構いません。


3 投資家は、情報に精通したプロの投資家を指す。

財務報告の対象となる投資家は、情報に精通した機関投資家等のいわばプロの投資家です。

素人は情報をプロからお金を出して買えばいいでしょうから、ある程度の情報に精通した会計に関する知識を有する投資家をそもそもの前提としています。

機関投資家(個人から資金を集めて投資を行う金融機関等の投資のプロ)を想定するとよいでしょう。