【会計情報の質的特性】
1 最も基本的な会計情報の質的特性は意思決定有用性である。

2 意思決定有用性を支える特性に意思決定との関連性と信頼性がある。

3 意思決定有用性の一般的制約となる特性に内的整合性と比較可能性がある。

4 比較の視点には時系列比較と企業間比較がある。


1 最も基本的な会計情報の質的特性は意思決定有用性である。

財務報告の目的は投資家の投資意思決定に資するための財務状況の開示にあります。

このため、会計情報に求められる最も基本的な質的特性も投資家の意思決定に役立つ質的特性である「意思決定有用性」です。

ただし、意思決定有用性だけでは抽象的であり、具体的な判断の参考とはなりにくいため、概念フレームワークではより具体的な下位の特性を設けています。


2 意思決定有用性を支える特性に意思決定との関連性と信頼性がある。

意思決定有用性を支える特性には「意思決定との関連性」と「信頼性」があります。

意思決定との関連性は、会計情報と投資家の意思決定が関連性を持つという性格を意味します。

意思決定とどれだけ関連性を持つかの判断には、会計情報が具体的な情報価値を持っているかを確認する必要があります。

例えば、利益がたくさんでている会社は投資家にとって魅力的でしょうから、利益情報は投資家の投資判断をする上での情報価値があると考えられます。

しかし、すでにある会計基準や注記情報の有用性を事後に確認できたとしても、これまでに導入されたことのない制度により生み出される会計情報がどのような情報価値を持つかはわかりません。

そこで海外の動向等によって、情報ニーズを充足しているかを確認する場合もあります。

意思決定有用性を支えるもう一つの特性が「信頼性」です。

会計情報にが経営者の個人的な記憶や憶測に基づいたものであってはならず、信頼性のある会計情報が必要なことは言うまでもありません。


3 意思決定有用性の一般的制約となる特性に内的整合性と比較可能性がある。

意思決定有用性の一般的制約となる特性には、内的整合性と比較可能性があります。

内的整合性は、会計基準相互間で矛盾のない性格を意味し、比較可能性は、会計情報が比較可能な性格を有することを意味します。


4 比較の視点には時系列比較と企業間比較がある。

比較の視点には、時系列比較(期間比較)と異なる企業間での企業間比較があります。


*税理士試験の出題傾向からいって、会計情報の質的特性のみ(あるいは質的特性から)の出題がメインになることはやや考えにくいと思われます。