【財務報告の目的】
1 財務報告の目的は、投資家の意思決定に資する投資のポジションと成果を測定して開示することである。

2 株主と債権者の利害調整等は副次的な目的と位置付けられている。

3 投資のポジションは貸借対照表で示され、投資の成果は損益計算書で示される。

1 財務報告の目的は、投資家の意思決定に資する投資のポジションと成果を測定して開示することである。

財務報告の目的は、投資家の意思決定に役立つ投資のポジションと成果を測定して開示することにあります。

企業会計原則では、投資のポジションを「財政状態」、投資の成果を「経営成績」と呼んでいます。

投資のポジションは財産の状況、投資の成果はもうけけの状況と考えるとよいでしょう。


2 株主と債権者の利害調整等は副次的な目的と位置付けられている。

財務報告の主たる目的は投資家の意思決定に役立つことにあります。

投資家以外の利害関係者を全く無視するわけではありませんが、投資家を第一に考えています。

投資意思決定目的以外の財務報告の目的、例えば株主と債権者の利害調整は、あくまでも副次的な目的と位置付けられています。

新しい会計基準を作る際にはそれほど考慮されていません(それほど意識する必要がないという感じで、余り利害調整を強調しすぎると根拠づけを誤る場合があるかもしれません。)。


3 投資のポジションは貸借対照表で示され、投資の成果は損益計算書で示される。

投資のポジションは貸借対照表で示され、投資の成果は損益計算書で示されます。