【総合問題演習】
今月は、商品販売と純資産関連が中心でした。
いずれも本試験では間違いなく出題される項目です。
しっかりと復習しましょう。
今月学習した内容の項目を中心とした30分程度の総合問題を3〜4題程度選んで、繰り返し解きましょう。

(1)1回目は、時間を気にせず(ただし計る)最後まで解く→間違えた部分の「テキスト等」での確認
あくまでも確認するのは、知識であって、問題が解けさえすればよい訳ではないことを意識しましょう。

(2)2回目以降は、時間を意識する。
確認するのは基礎・応用期では、あくまでも知識ですが、効率的な問題の解き方を模索する必要もあります。
そのためには、「同じ問題」を解き方(手順、方法等)を変えて何度か解くのが効果的です。

(3)完答・制限時間の7割程度で打ち止め。
基礎的な問題の完答をおろそかにして多くの問題を解くのはよくありません。
まずはきちんと問題を仕上げること。
そうしないといつまでたっても苦手項目は残ります。
そして2回目以降の時間は制限時間ではダメです。
30分程度の問題では7割程度をめざすべきでしょう。
ただし、きちんと解いていれば(←これ重要)スピードは意識しないでも後からついてくるハズです。