皆さん、簿記の問題、解いてますか?

問題は、毎日、コツコツと解くのがとても大事ですよね。

ちょっとしんどいというときには、仕訳一問でも解くようにしましょう。

少しずつでも継続することが重要です。

頑張りましょうね♪


さて、今回は貸倒れと貸倒引当金が中心です。

ここは誤謬基準の影響で少し変更のある部分です。

償却債権取立益は特別利益ではなく、営業外収益に変更になっています。



【学習時間の目安】
(1)インプット(2時間)
(2)問題演習(2時間)


【チェックポイント】
(1)債権の発生時期と貸倒処理の関係を把握しよう。
(2)債権・貸倒れの発生時期と償却済債権の取り立ての関係を把握しよう。
(3)債権の種類と貸倒見積高の算出
(4)賞与引当金の算出(会計期間と支給対象期間に注意)

【貸倒・貸倒引当金
(1)貸倒れの処理
1.「当期発生」債権の貸倒
(借)貸倒損失×××(貸)売掛金×××

2.「前期以前」発生債権
(イ)貸倒引当金≧貸倒額
(借)貸倒引当金×××(貸)売掛金×××

(ロ)貸倒引当金<貸倒額
(借)貸倒引当金×××(貸)売掛金×××
   貸倒損失 ×××

(2)償却債権の取立
1.「当期」発生・「当期」貸倒
(借)現金預金×××(貸)貸倒損失×××

2.「前期以前」発生・「当期」貸倒
(借)現金預金×××(貸)貸倒引当金×××

3.「前期以前」発生・「前期以前」貸倒
(借)現金預金×××(貸)償却(済)債権取立益×××
※償却債権取立益の表示は、特別利益から営業外収益に変更されています。


(3)会計処理方法
(1)洗替法

(2)差額補充(調整)法

※財務諸表上の表示は、繰入額を営業債権と営業外債権の比率で按分


(4)債権の種類と貸倒見積額の算定
1.一般債権(勘定科目はそのまま)
(イ)単位……総括
(ロ)算定……貸倒実績率法(期末債権×貸倒実績率)

2.貸倒懸念債権(勘定科目はそのまま)
(イ)単位……個別
(ロ)算定……財務内容評価法((債権−担保・保証額)×率)
       キャッシュ・フロー見積法(※)(債権金額−割引価値)

3.破産更生債権等(破産更生債権等勘定)
(イ)単位……個別
(ロ)算定……財務内容評価法(債権−担保・保証額)

(5)賞与引当金
支給額×当期帰属月数÷支給期間=設定額
役員賞与引当金

【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
基礎 基礎編12(○)
基礎 基礎編13(○)
基礎 ○×編11(○)
基礎 ○×編12(○)
応用 細目編14(○)