簿記論で一番大事なのは問題を解くこと。

もうガツガツ解きましょう。

そして大事なのが事後の確認です。

確認には、できれば問題の直接の解答・解説以外のものを利用しましょう。

問題の直接の解答・解説は「その問題」の解答・解説であって、その問題を解く事で「他の問題」が解けるとは限らないからです。

問題を単に解けるようにしても本試験の問題が解けるとは限りません。

検定試験と異なり簿記論の問題のオリジナリティーは高いです。

ただ問題を解けるようにするよりも問題を解ける「力」をつけることを目指しましょう!


【学習時間の目安】
(1)インプット:1時間
(2)問題演習:2時間



【チェックポイント】
(1)「現金の範囲」の確認
(2)「現金に含まれない項目」の確認(処理科目も)
(3)「現金過不足」の処理
(4)「小口現金」の処理(補給のタイミングに注意)
(5)「当座預金残高との照合に関する決算修正仕訳」

【現金預金】
(1)現金の範囲

簿記上の現金には、次のようなものがあります。
簿記論では、すべて必要です。
必ずすべておさえましょう(この辺りで間違えるのは本当にもったいないです)。

1.通貨(紙幣+硬貨)
2.他人振出の小切手
3.送金小切手、送金為替手形、預金手形、郵便為替証書、郵便貯金払出証書
4.法人税等還付通知書
(未処理時)現金××× 法人税等還付税額×××
5.公社債の利札(期日到来分)
(未処理時)現金××× 有価証券利息×××
6.配当金領収証
(未処理時)現金××× 受取配当金 ×××
7.トラベラーズチェック

(2)現金に含まれない項目
現金の範囲に含まれない項目には、次のようなものがあります。
簿記論では、すべて必要です。

1.貯蔵品(郵便切手、収入印紙、葉書等)
2.自己振出小切手:当座預金で処理
3.先日付小切手:受取手形で処理
4.不渡手形
5.不渡小切手

(3)現金過不足
1.不足時 → 雑損(失)
2.過剰時 → 雑益(雑収入)

(4)小口現金
インプレスト・システム(定額資金前渡制)
補給のタイミングには、「即日補給」と「翌日補給」があります。
補給のタイミングに注意しましょう。

(5)銀行勘定調整表
<不一致原因>
1.時間外預入 (銀行残にプラス) ……仕訳なし
2.「未取付小切手」(銀行残をマイナス)……仕訳なし
3.未渡小切手 (企業残にプラス) ……当座預金××× 未払金等×××
4.振込未記帳 (企業残にプラス) ……当座預金××× 売掛金等×××
5.引落未記帳 (企業残からマイナス)……○○○○××× 当座預金×××
6.未取立小切手(銀行残にプラス) ……仕訳なし

作成方法
1.両者調整法
2.銀行残高基準法
3.企業残高基準法
摘要欄にこだわる必要はありません。
※簿記論で、銀行勘定調整表の作成そのものが問われることは多くありません。
数字の関係が重要です。


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
現金の範囲 基礎編(1)(○)
現金の範囲 細目編(1)(◎)
現金の範囲 細目編(2)(◎)
現金の範囲 ○×編(3)(○)
現金の範囲 ○×編(4)(○)


当座借越  基礎編(3)(○)
現金過不足 上級編(19)(◎)
当座照合  基礎編(4)(○)
当座照合  上級編(2)(◎)
当座照合 ○×編(5)(○)