このブログで独学の方からどのように学習をすすめればよいかのご質問を受けることは少なくありません。

今年は特に簿記論が多いですね。

とてもザックリとした年間のスケジュールを考えてみました。

前提になる簿記の知識でもかなり違いますが、だいたい日商2級の知識を前提にしています。

日商2級までの学習がまだの方は、工簿は後回しでもよいので3級と2級商業簿記の学習を進めておきましょう。
次の3つに分けて考えました。

(1)基礎期(9月〜12月)

(2)応用期(1月〜4月)

(3)実践期(5月〜7月)



(1)基礎期

テキスト⇒問題(⇒テキスト)を繰り返しましょう。

イメージは、市販のテキスト+個別問題集に近いです。

単に処理を追うだけでなく、なぜそうなるのかを考えるくせをつけましょう。

これは基本的にそのような学習が長期的には効率がよいのと直接的な試験対策(第一問)になると考えるからです。

詳細は次の記事をご参照ください。

今年の本試験を踏まえた「出題傾向と対策」


手がけた問題は、できたできないのメリハリをつけることが重要です。

できない問題は、できない問題としてキープしておきましょう。

ペースメーカーとして会計人コースも上手に活用したいですね。


決算整理の絡んだ総合問題は小さいものから解いて徐々に慣らす感じでしょうか。

いわゆる構造論点は、本支店会計と商的工業簿記は先に手がけておきましょう。



(2)応用期

基礎期で学習した項目も含めてやや特殊な個別問題や構造論点を学習しましょう。

イメージは、市販の個別問題集に収録されているもののうちやや難しいものや収録されていないものです。

基礎・応用期を通じて、イメージとしては市販の個別・総合計算問題集のうちの一問を出されたとしても「こんなのやらすなよ」と軽口をたたけるくらいやり込む感じです。

解き方をムリに覚える感じではなく、そのくらい解き込めば、(3)に進んでもよいでしょう。

そうじゃないと(3)で死亡するかも。


(3)実践期

2時間をはかって取捨選択の練習をしましょう。

使用するのは過去問集や模試等です。

この時期からは問題のうち何を解いて何を解かないかを意識しましょう。

特に初見の問題で時間をはかってそれをきっちりやることが重要です。



実際に重要なのは(1)と(2)だと思います。

ここをしっかりやっておかないで(3)にいってもそこからあまり伸びません。

まずは基礎的な項目を死ぬほどやっておくことがとっても重要です(これは独学、通学を問いませんが)。