税理士試験は、会計科目と税法科目からなります。

一般的には、会計科目から税法科目へと進んでいきますが、税法を読む上で知っておきたい点をまとめてみました。
最近は、受験上、税法条文を読まなくなっていると聞きます。

ただ、やっぱりもったいないですよね。

実務でも学習していない税法はなかなか条文にあたらず、質疑応答で済ませる。

適当な質疑応答がないときは「これどうなんのよ」「どうよ」「ねえ教えてよ」とか大騒ぎすることのないように税法になじんでおきたいですね。

あっ、いや、私の事じゃないですよ。

違うに決まってるじゃないですか。

いやだなあ、まったく。

邪推もいい加減にして下さい。

ホントに(←言わなきゃいいのに)。


(1)かっこ書は後回し

税法はかっこ書が多く、「かっこの中のかっこ」なんてのもあってとても読みにくいです。

まず、最初に読むときはかっこ書を飛ばして読みましょう。

かっこ書を飛ばして意味がとれた後にかっこ書も含めて読んでいく。

頭から読むよりかっこ書を一旦とばす方が随分と読みやすいです。



(2)条文構成を知る

法 → 令 → 規則

法人税でいうと法人税法、法人税法施行令、法人税法施行規則という具合に大事なこと→細かいことが規定されています。

特に本法が重要なことを意識しましょう。

租税特別措置法も同様ですが、本法よりも重要性は落ちると考えてよいです(文章長いし)。



(3)第1項を重視

本法の第1項がものすごく大事だという意識を持っていると後で学習効果が変わります。

重要規定の第1項は、他とは格が違うと考えましょう。

覚えるまでもなく熟読していたらスラスラ言えてしまう。

そんな感じで接するのが1項でしょう。

手続規定をガツガツになんて考えると死亡するので注意しましょう。




簡単な法律用語の基礎も最初に入れておくといいかもしれません。

税法になじもう!という方への簡単な税法条文の読み方ガイドでした。