試験終了から2週間が経ちました。

この夏をゆっくり過ごすのももちろん結構でしょう。

その方がいい場合も多いと思います。

ただ、ブログやツイッターを拝見していると再始動している方もいらっしゃるようですね。

それも一つでしょう。

財務諸表論でオススメなのはやはり会計基準をしっかり読むこと。

ブログ内の「会計基準を読もう!」と合わせてぜひ読んでみてください。

ちょっとした自慢になりますが、今年・昨年と「会計基準を読もう!」を見ながら会計基準をしっかり読むだけでも十分合格点はいけるハズ。

今年の試験問題で真剣に検証してみてください。

何をすればよいのか見えてくるハズです。

ここ数年の過去問は出ないから見ないなんてことだとそもそも検証すらできません。

さすがに今年以後は毎年の検証作業をせざるを得ないでしょう。

それでもたぶん、なかなか比べてもらえないんですが。

真実は手間をかけないと見えないのでしょう(←何かそれっぽいですな)。

無料でやっているいかがわしいブログ(←ほっとけ)の情報が怪しくて、高いお金をとっているちゃんとしたとこの情報が正しいとは限りません。

正しいことが正しい。

そう思います。

別に信じていただかなくて結構ですので、その検証作業だけは他人の話を鵜呑みにせず、自分でしっかりとやる。

そうじゃないとおかしいですよね。

私の検証記事はこちらです。

今年の本試験を踏まえた「出題傾向と対策」

今年はすでに「会計基準を読もう!」を読んで始動している方もいらっしゃるみたいですね。

ぜひ、頭っからどうぞ(企業会計原則の謎は後回しでいいかも)。


会計基準を読もう<目次>