税理士試験の初日、受験した皆さん、お疲れ様でした。

出来がよかった方、よくなかった方、様々でしょう。

何がよかったのか、そして何が悪かったのか。

個別的な問題への対処ではなく、試験までの取組みや試験への取組みを分析しておくことが有益でしょう。

私も簡単に振返っておきます。

簿記論に関しては、そもそもあまり予想をしていません。

合否は、予想が当ったかどうかではなく、基礎的な個別項目の力に依存すると思うからです。

まずは個別的な知識の積み上げをしっかり行なうことが重要でしょう。

そのことは問題の難易度とは実はあまり関係がありません。

このことが実感できて、そのための実践ができるかがとても大事だと思います。

これは簿記論のみならず、他科目にもいえることですが。

出題に特徴のある試験委員が登場するとわかりませんが。



簿記論は、引き続き集計要素は全体的に薄れています。

第一問が仕訳を中心とし、制度としては行われていない処理や小問とはいえ、理論の出題があった点は注目してよいでしょう。

第二問で持分法とCF計算書が出題されました。

ここが若干、気になるところで構造的な出題が続く可能性もあるように思えます。

第三問でも集計を感じさせない出題となっています。

これが今後もつづく傾向とみるべきでしょう。

第一問と第二問で個別・構造の簿記処理を問い、第三問で税理士業務に必要な処理を想定した出題が定番になっていくのかもしれません。

出題内容は次のとおりです。


第一問
問1:同一取引の異なる処理の仕訳問題(本店集中計算制度と支店分散計算制度、割賦の未実現利益整理法と対照勘定法、社債の償却原価法と評価勘定法、消費税の税込と税抜)
問2:DES・借入金の金利変更、火災の仕訳

第二問
問1:持分法
問2:CF計算書
問3:商品関係

第三問:決算整理前残高試算表から決算整理後残高試算表の作成


財務諸表論は、棚卸資産と評価でした。

もう暗記とか言ってるレベルの問題じゃないですね。

答え覚える時間がもったいないレベルでは。

地味にテキスト等に当たり、考え、法規集を友にするといった学習が結局は合格に近いハズ。

今の一般的な(?)理論学習は試験傾向から大きくズレていると思います。

第三問は製造業の貸借対照表と損益計算書でした。


予想としては残念でしたが、これは当たってるところはないんじゃないでしょうか。



他科目を受験予定の方は、昨日の事はひとまず忘れ、今日・明日に備えましょう。

今年の試験が、おわりの方は、しばらくゆっくりと休んでください。

そしてまたゆるやかに歩き出しましょう!!

走る必要はありません。

ゆっくりとでも確実に歩いていけば、やがては目的地にたどりつきます。

必ずです。

ゆっくりでかまいません。

確実に歩きましょう。