いよいよ明日から税理士試験がスタートします。

これまで学習してきた自分を信じ、試験に臨んでください。

これが最初の科目である簿記論が始まるまでの最後の投稿になります(簿記論は早いので、今日は早く寝ましょう!!)。

最後にいっておきたいことは、繰り返しになりますが、次の3つです。


「絶対にあきらめないこと」

「時間配分に注意すること」

「問題をよく読むこと」


これまでにみたことのない出題があるかもしれません。

いや、きっとあるでしょう。

でもあきらめないでください。

どんなことがあっても絶対にあきらめてはダメです。

これは絶対です。

そう思うことも禁止です(き、厳しいですな)。


みたことのない問題には時間をかけず、ある程度時間をかけてもできない項目は、潔くとばすか、いい加減に答えてください。

自分ができないからといって、ほかの人ができるとは限りません。

同様に、できないからといって全く手をつけなくてよいとも限りません。

この中間あたりに答えはありそうです。

そのカギを握るのは、やはり「時間配分」でしょう。

ある程度、時間配分に自信のある方でも、得点に近い30分、30分、1時間(+−各5〜10分)をラフな目安にするとよいでしょう。

簿記論では、第一問と第二問をあわせて50分、第三問を1時間で残りの10分をどう使うかを考えるというあたりがよいように思います。

時間配分に自信のない方は、ほぼ配点に応じた時間をかけるようにこころがけるのが、ベストとはいかないでも、合格点を確保するには、充分な時間配分です。

特に第3問にある程度の時間(1時間以上)をさく必要があると思います。

簡単な項目ほど慎重に解答するのも大事でしょう。


財務諸表論は、理論40分、計算80分くらいが標準的でしょうか。

特に理論では空白をできるだけ作らないことも大事です。

わからなくても、何かヒネリ出してください(ウソでいいです)。

わからない、難しい問題が出たときも問題にヒントがあるハズです。

出題者は、どこかの簿記論講師(誰?)のように意地悪で難しい出題をしようとしているのではありません。

むしろ、受験生の力をきちんとみようと本筋から外れる部分の指示や別解を消す指示を丁寧に出しているだけなんです。

その意図を読み取るには問題を丁寧に読みましょう。

きっと何か聞こえてくるハズです。


ブログ開設から7年半以上がたちました(いや長いですね)。

思いの他、多くの方に読んでいただき、そして多くの方にコメントをいただき、大変、感謝しています。

コメントをすると合格率が高まると噂の(←だからあなただって)のせいか掲示板には多くの方にコメントをいただきました。

こんな簿記ばっか(簿記バカじゃないですよ)のブログを熱心にお読みいただいた方の実力は、読んでいない方の実力を遥かに凌駕します。

それは私が保証します。

自信を持って、試験に臨んでください。

簿記論・財務諸表論受験生、そして、すべての税理士受験生よ、がんばれ!!!