お付き合いいただいた皆様、有り難うございました。

財表理論Navi確認問題は終了いたします。

毎日の日課にされている方はどうもすみませんでした。



後半は、公認会計士試験の短答式試験問題を中心としました。

税理士試験と公認会計士試験の出題内容はかなりの点でかぶっています。

論文式試験で出題された論点で想定されやすいものは、予想問題の中に織り交ぜています。

確認問題&予想問題で会計士試験の傾向はつかめるハズです。

その意味ではやや毛色の異なる問題もあったかもしれません。

しかし、この確認問題が模試等(会計士試験の傾向は反映されていないと思います)でのアドバンテージになることはなくても、本試験で意味を持つであろうことを強調しておきます。

本試験でお役に立てることを切に願っています。



いよいよ明日が本試験。

いやドキドキですが、試験前最後の一日もはりきってまいりましょう!

あっ、でももう無理は禁物ですよね。

明日に向けて、英気を養いましょう。

そして本試験、死ぬ気で頑張って下さい!