次の文章の正否を○×で示しなさい。なお、×の場合はその理由を指摘すること。

単一性の原則は、目的に応じ形式は多元であっても、実質は一元的な財務諸表の作成を要請するものであるが、税効果会計を適用した財務諸表と、租税目的の財務諸表の間には、乖離が生じていることが普通であり、単一性の原則は機能していない。

【解答】




















×

【参照】
会計人コース4月号付録「スリー・ステップ式 財表理論 パーフェクトNavi」
なし、公認会計士試験2012年第恐鹵仕式試験問題 問題2

【補足】
租税目的で利用される財務諸表について、乖離が生じることはありません。