次の文章の正否を○×で示しなさい。なお、×の場合はその理由を指摘すること。

取得原価による資産の評価は、実際の取引額に基づくため、実体資本の維持を図ることができる。

【解答】




















×(名目資本の維持しか図ることができない)

【参照】
会計人コース4月号付録「スリー・ステップ式 財表理論 パーフェクトNavi」
なし、公認会計士試験2010年第恐鹵仕式試験問題 問題4

【補足】
取得原価主義では名目資本の維持しか図ることはできず、実体資本(や実質資本)の維持を図ることはできません。