企業会計原則(収益と費用の認識)を10行でまとめてみました。
<認識と測定の意義>
・認識は、「いつ」
・測定は、「いくら」


<収益と費用の測定>
・収益と費用は、収支額を基礎に測定する


<収益の認識>
・収益は実現主義により認識する
・収益の実現とは、財貨の移転・役務提供の完了と対価の成立


<費用の認識>
・費用は発生主義により認識する
・費用の発生は、価値の減少(費消)と原因発生


<費用配分の原則>
・費用性資産の取得原価は、費用配分の原則により費用と資産に配分する


<費用収益対応の原則>
・費用収益対応の原則により実現収益に対応する発生費用を認識する
・費用と収益の対応関係には、個別的対応と期間的対応がある