次の文章の正否を○×で示しなさい。なお、×の場合はその理由を指摘すること。
正規の簿記の原則は、ドイツの「正規の簿記の諸原則」に淵源を持つものであるが、わが国ではドイツと異なり、網羅性・秩序性・検証可能性を有する簿記(複式簿記等)を用いるべきであるという原則として機能している。

【解答】






















【参照】
会計人コース4月号付録「スリー・ステップ式 財表理論 パーフェクトNavi」
なし、公認会計士試験2012年第恐鹵仕式試験問題 問題2

【補足】
正規の簿記の原則の原型を形作るのがドイツにおける正規の簿記の諸原則と言われます。
わが国の正規の簿記の原則は、主として記録に関する原則として位置付けられます。