次の文章の正否を○×で示しなさい。なお、×の場合はその理由を指摘すること。

引当金の特性やその認識要件等といった引当金に関する規定内容は、「企業会計原則・同注解」と会社計算規則において実質的な差異はない。しかし、会社計算規則は、将来の費用または損失の発生に備えるという引当金の概念のなかに「収益控除」という引当金項目も含んでおり、また株主に対して役務を提供する場合において計上すべき引当金も当該事業年度の負担に属する引当金としている。

【解答】






















【参照】
会計人コース4月号付録「スリー・ステップ式 財表理論 パーフェクトNavi」
なし、企業会計原則注18、会社計算規則第6条の2、公認会計士試験2010年第恐鹵仕式試験問題 問題6

【補足】
引当金の規定は、企業会計原則注解18に設けられています。
また、会社計算規則の第6条の2に同様の趣旨の規定が設けられています(負債性引当金に関する規定です)。