次の文章の正否を○×で示しなさい。なお、×の場合はその理由を指摘すること。

キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲の変更は、各企業の資金管理活動により異なり、経営者の判断に委ねられるので、会計上の見積りの変更としてその変更の内容が注記される。

【解答】




















×(会計方針の変更に該当する)

【参照】
会計人コース4月号付録「スリー・ステップ式 財表理論 パーフェクトNavi」
なし、会計上の誤謬及び訂正に関する会計基準の適用指針9(会計法規集未収録)、公認会計士試験2011年第恐鹵仕式試験問題 問題10

【補足】
キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲の変更は、会計上の見積りの変更ではなく、会計方針の変更に該当します。