次の文章の正否を○×で示しなさい。なお、×の場合はその理由を指摘すること。

製品保証付き販売を行った場合、次期以降に発生すると予想される製品保証費用を当期の費用として見積計上する会計処理は費用収益対応の原則の適用と考えることができる。

【解答】






















【参照】
会計人コース4月号付録「スリー・ステップ式 財表理論 パーフェクトNavi」
問7−2、公認会計士試験2011年第恐鹵仕式試験問題 問題7

【補足】
製品保証引当金の計上による製品保証費用の見積計上は、当期の売上収益と製品保証費用を対応させるための会計処理です。
費用収益対応の原則を根拠とした会計処理といえます。