次の文章の正否を○×で示しなさい。なお、×の場合はその理由を指摘すること。

会計方針の変更を遡及適用しようすることの目的は財務諸表の時系列での比較可能性を高めることにあるが、たとえ現時点で利用可能な情報でも、当初の作成時点で利用することができなかった情報は過去の財務諸表数値に反映させない。

【解答】






















【参照】
会計人コース4月号付録「スリー・ステップ式 財表理論 パーフェクトNavi」
問9−26、公認会計士試験2012年第飢鹵仕式試験問題 問題9

【補足】
会計方針の変更を遡及適用することのネライは、財務諸表の時系列での比較可能性を高めることにあります。