【学習時間の目安】
(1)インプット(3時間)
(2)問題演習(4時間)



【要チェックポイント】
(1)特殊仕訳帳としての手形記入帳には、受取手形・支払手形の増加取引のみが記録される点に注意しましょう
(2)二重仕訳の意味
(3)一部当座取引

【特殊仕訳帳の意義・種類・記入取引】
(1)特殊仕訳帳の意義
仕訳帳への記入を行わず補助記入帳を仕訳帳として利用する方法
(2)特殊仕訳帳として利用される補助記入帳と記入取引
1.小口現金出納帳………小口現金の増減
2.現金出納帳……………現金の増減
3.当座預金出納帳………当座預金預金の増減
4.仕入帳…………………仕入の増減
5.売上帳…………………売上の増減
6.受取手形記入帳………受取手形の増加(増加取引のみが記入される)
7.支払手形記入帳………支払手形の増加(増加取引のみが記入される)
(3)特殊仕訳帳の基本的考え方

簿記一巡の手続と特殊仕訳帳
(1)開始手続……………普通仕訳帳
(2)営業手続……………普通仕訳帳、特殊仕訳帳
(3)決算手続……………普通仕訳帳


【二重仕訳】
(1)二重仕訳の意義………一つの取引が復習の仕訳帳に記入される場合
(2)二重仕訳の例
当座預金出納帳、売上帳、仕入帳、受取手形記入帳、支払手形記入帳の場合
1.当座売上
2.当座仕入
3.手形売上
4.手形仕入


【営業手続と二重仕訳】
(1)英米式
1.特殊仕訳帳
ア 親勘定(当座預金出納帳の当座預金等)………合計転記
イ 相手勘定
  a 特別欄…………………………………………(レ)合計転記
  b 諸口欄(他の特殊仕訳帳の親勘定)………(レ)
  c 諸口欄(上記以外)…………………………個別転記
2.普通仕訳帳(期中取引で特殊仕訳帳の記録されるもの以外)………個別転記

(2)大陸式(特徴記帳の流れ
1.特殊仕訳帳
ア 親勘定(当座預金出納帳の当座預金等)………(レ)普通仕訳帳からの合計転記
イ 相手勘定
  a 特別欄…………………………………………(レ)普通仕訳帳からの合計転記
  b 諸口欄(他の特殊仕訳帳の親勘定)………(レ)
  c 諸口欄(上記以外)…………………………個別転記
2.普通仕訳帳(期中取引で特殊仕訳帳に記録されるもの以外)………個別転記


一部当座取引
(1)一部当座取引の意義
(2)記帳方法
1.単純取引に分解して記帳する方法
2.取引を擬制して記帳する方法
3.取引の全体を普通仕訳帳に記帳する方法


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
構造編9(◎)
構造編10(◎)


・平成24年 簿記論講座<一覧>