【学習時間の目安】
(1)インプット(3時間)
(2)問題演習(4時間)



【要チェックポイント】
(1)直接法と間接法による基本的なキャッシュ・フロー計算書の作成の考え方を理解しておこう
(2)キャッシュ・フロー計算書のおおまかな区分をおさえておこう

【概要】
(1)キャッシュ・フロー計算書
(2)資金の範囲と対象取引
1.資金(現金+現金同等物)
現金………………手許現金と要求払預金(普通預金、当座預金等)
現金同等物………換金が容易で、価格変動リスクを負わない短期投資(定期預金等)

2.対象取引


【キャッシュ・フロー計算書の仕組みと区分】
(1)キャッシュ・フロー計算書の仕組み

(2)キャッシュ・フロー計算書の区分
機 ̄超罰萋阿砲茲襯ャッシュ・フロー
供‥蟷餝萋阿砲茲襯ャッシュ・フロー
掘〆睫崖萋阿砲茲襯ャッシュ・フロー
検仝酋盖擇啗酋眛嬰物に係る換算差額
后仝酋盖擇啗酋眛嬰物の増加額
此仝酋盖擇啗酋眛嬰物期首残高
察仝酋盖擇啗酋眛嬰物期末残高


【直接法によるキャッシュ・フロー計算書】
(1)直接法によるキャッシュ・フロー計算書の作成方法
(2)直接法によるキャッシュ・フロー計算書の様式
機 ̄超罰萋阿砲茲襯ャッシュ・フロー
営業収入
原材料又は商品の仕入による支出
人件費の支出
その他の営業支出
  小 計
利息及び配当金の受取額
利息の支払額
損害賠償金の支払額
………………………
法人税等の支払額
 営業活動によるキャッシュ・フロー

間接法によるキャッシュ・フロー計算書
機 ̄超罰萋阿砲茲襯ャッシュ・フロー
税引前当期純利益
減価償却費
貸倒引当金の増加額
受取利息及び受取配当金
支払利息
有形固定資産売却益
売上債権の増加額
棚卸資産の減少額
仕入債務の減少額
……………………
  小 計

※以後は、直接法と同様です。

【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
用意できていません

・平成24年 簿記論講座<一覧>